回転寿司スタッフの副業

寿司

今回は回転寿司スタッフの副業について挙げてみたいと思います。

日本人にとっても特別な食べ物であるお寿司。
定期的に食べたくなるお寿司を、好物という人も多いですね。

お寿司は金額的に高いケースも多く毎日のようには中々食べられませんが、それでも時々食べたくなるという人も多いかと思います。

特に回転寿司は金額的にも良心的なお店が多く、お寿司好きな人にとっては嬉しい限りですね。

今回はそんな回転寿司で働くスタッフの副業に触れてみます。

スポンサーリンク

回転寿司スタッフの仕事内容は?

回転寿司スタッフの仕事内容は店舗にもよりますが、多くはホールキッチンに別れます。

 

まずホールですが、ホールは主にオーダーを取ったり皿の枚数を数えたりといった仕事が多く、主に接客業が中心となります。

ただし昔と比べて最近ではタッチパネル操作の寿司屋も増えている為、オーダー時に多くの接客を求められる事は少ないでしょう。
ただし特別オーダーの呼び出しには駆け付けなければなりませんし、待っている客の席への案内や食後のお会計・顧客の退退席後の食器片づけなどはホールの仕事となる事が多いかと思います。

また会計時の皿のカウントはやはり目視で確認している店舗が多く、当然にカウント枚数によって会計金額が変わりますので、このカウントもホールの大事な仕事の1つです。
他にもテーブル上のガリやお箸などが無くなっていたら補充しなければなりませんし、テーブルの整理などもホールの担当になります。
店舗によりますが、どちらかと言えば女性がホールをこなしている店が多い印象です。

 

次にキッチンですが、キッチンはやはり寿司を作る調理がメインの仕事となってきます。

ただし寿司と一言に言っても握りや巻物・軍艦・サラダやドリンク・デザート・味噌汁などのサイドメニューにも対応しなければなりませんし、調理だけでなく盛り付け食器洗いの仕事も含まれてきます。

また一般的なお寿司屋さんと言えば、10年以上もの間修行をしてから寿司を握れるようになるといったイメージがありますが、回転寿司では当然にそのような事はありません。シャリでさえ機械が自動で握ってくれていますし、具材もカットされたものがあるのでアルバイトに特別な技術が求められる事は少ないと考えて良いでしょう。

また大きな回転寿司店になると、(開店)レーンの担当やシャリ入れ担当・軍艦担当など、その日によって担当する持ち場が異なります
最初から全てこなせる必要はありませんが、徐々に多くの持ち場をこなせるようにしたい所です。

 

また回転寿司全般に言える事ですが、やはりファミリー層や団体での来店が多くなる為、土日祝や連休日には来店客数が上がります。
どの店舗も週末などはスタッフの求人を出している店舗が多いため、平日に本業を抱えている人でも副業としてエントリーしやすいと言えます。

店によってはお寿司のまかないが食べられる店舗や、社員割引に対応している所もあり、ちょっとした食事代を浮かせる事も出来るかもしれません(店舗によります)。

 

またこれは飲食店なので当たり前ですが、回転寿司店は髪型や身なり等に厳しい所が多いです。
持ち場に立つ前に、出勤時にまず上司のチェックが終わってから配置されるといった店舗も多いでしょう。

また魚具材を扱うだけに、退勤時には生臭い匂いが付着している場合もあり、あまりに神経質な人には向いていない副業と言えるのかもしれません。
他にも人間関係や調理が苦手という人には、デリバリーを扱っている寿司店もあるので、バイク免許を持っていれば配達専門で副業をするという考え方もあります。

回転寿司の給与は?

回転寿司の副業(アルバイト)の給与は他飲食店と比較しても若干ですが高めと言えるでしょう。

時給にしても1000円前後支給している回転寿司店が多いかと思います。
またオープニングであれば時給を高めに設定して求人を出しているケースもありますし、夜間まで営業をしている店舗も多いので、22時以降は割増手当が支給されます。
他にも土日祝や連休中は特別時給で対応している店舗も多いでしょう。

例えば土日だけ時給1000円で1日6時間程度勤務をすると、月収5万円前後稼ぐことが出来ますので、副業としても成立します。
またシフトに関しても週2日~といった点や、1日3~4時間の短時間勤務も可能な為、これも副業として検討できます。

スポンサーリンク

回転寿司店は郊外に多い?

回転寿司店は郊外に多いと言われます。
確かに繁華街など駅近にある回転寿司店も多くありますが、郊外型と言われる回転寿司店も多いものです。
特に回転寿司で有名なス○ローなどは、ロードサイド等に数多くの店舗を立ち上げ、成長してきた店と言えるでしょう。

駅前や繁華街の外食店は今では苦戦している店も多く、特に外食を控えたり若者の酒離れから外食産業自体も厳しい状況が続いていると言います。

 

回転寿司は多くはファミリー層や団体で来店するものであり、郊外やロードサイド店では車で来店する顧客を前提とした立地となります。
立地としても駅前など一等地と比較すれば賃料も抑えられ、特に大型店等が多い事を考慮すれば回転寿司店が郊外に位置する事も頷ける気がします。
実際にも他外食店の多くが売り上げの10%以上のテナント家賃がかかっている事が多いのに対し、回転寿司店は概ね8%以内に収まっている所も多いらしく、特殊な戦略が伺えます。

中にはガソリン代が下落すれば寿司屋の売り上げが上がるといった話もあるようで、店舗によっては確かにガソリン価格が下落すると郊外型の回転寿司店の売り上げが上がっているというデータもある様子。

改めて副業として考えてみると、毎回の出勤が郊外や遠地にあるのは面倒ですから、なるべく近場の店舗を選びたいですね。

100円寿司は儲かる?

巻き寿司

さて回転寿司店の中には「1皿100円」といったように驚くほどの低価格で寿司を提供している店舗もあります。
高級なイメージもあるお寿司ですが、本当に1皿100円で利益が出るのでしょうか?

まずは原価から考えてみると、やはりネタによって当然にそれぞれの原価が異なります。
例えばウニやマグロ・イクラといったネタが原価が高めなのに対し、タマゴやツナ・味噌汁といったネタは原価が低めになります。

 

さすがに原価が高いネタばかり注文されてはお店も厳しいですが、やはり回転寿司はファミリー層が多い事もあり、注文するネタや品目は様々。
例えば大人客が原価高めのネタを優先して注文したとしても、お子様はタマゴが好きだったりデザートに目が行ったりと、バランスよく採算が取れるように計算されているのです。
また店によっては原価が低めのネタを優先的にレーンに乗せているといった店もあるようです。

 

また回転レーンだけでなくシャリを握るのも機械が行ってくれますし酢を混ぜるのも機械でできます。
あらゆる面を自動化する事によって人件費も大幅に節約できる事になります。

最近ではシャリ握り→ネタ乗せまでロボットが行うといった店もあるようです。
いずれは接客まで機械化・店舗が無人化される世の中になっても不思議ではないのかもしれませんね。

その他にもネタを冷凍していたり、手間のかかる部分を別途外注していたりといった話を聞く事もあり、競争の激しい外食産業を生き抜く知恵がふんだんに凝らされている事が分かります。


 

私たちは気軽に回転寿司を食べに行く事も多いものですが、その裏では多くの工夫がある事に気付きます。
回転寿司店は忙しい店舗も多いものですが、逆に言えば無心で仕事ができて時間もあっという間に過ぎていくでしょう。

興味がある方は副業として、まずはアルバイトから挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回は回転寿司スタッフの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク