ゲームのテスター・デバッグの副業

今回はゲームのテスター・デバックの副業について挙げてみたいと思います。

ゲームと一言に言ってもRPG・シューティング・アクションやアドベンチャー等、その種類は様々で

人によって好みも分かれる所です。また昔は据え置き型のゲーム機がメインでしたが、現在では

スマホゲームが主流となっています。今後増々進化を遂げていきそうなゲーム業界ではありますが

ゲームを楽しむユーザーの裏側ではそのゲームを世の中に販売する前に内容をテストしたりゲーム中に

発生し得るエラーを発見・修正する仕事をする人たちの存在があります。今回はそんなゲームのテスターや

デバッグの副業に触れてみます。

スポンサーリンク

ゲームのテスター・デバッグの仕事内容は?

ゲームのテスター・デバッグの仕事内容は主にはそのゲームで発生するエラーを発見・修正していく

事がメインの仕事になります。ゲームモニタリングやテストプレイ等と呼称することもありますね。

いかに優秀なプログラマーやエンジニアがゲームを作成したとしてもその中にはデバックが潜んでおり、

その不具合を発見・修正する作業というのはどうしても必要になってきます。テストとデバッグは

同じような意味で使われる事も多いものですが、テストはそのゲームが設計通りに作動するか試す行為・

デバッグはエラーが出た場合にその原因箇所を探し修正をしていく行為を指す事が多いでしょう。

基本的な仕事内容としてはゲームをしていてバグを見つけたらその点を報告書に記入し、

そしてデータが修正されたら再度その点を確認するといった事を長期的に続けていくのがデバッグ作業

です。例えばRPGで言えば街の人物に何度も話しかけてみたり一度倒した敵キャラに再度アタックする・

予期しない操作によって不自然な画面表示が出ないか等、想定外の事も含めてチェックをしていきます。

普通にゲームをして事前のチェック項目内からデバックを発見するのも大事ですが、ベテランのデバッガー

になると周囲がとても気付かないようなデバックを発見する人もおり、やはりユーザーの操作方法や選択に

よってその確認部分は無限にある事から、あらゆるデバックの可能性を想定した作業が必要になってきます。

普通にプレイをするだけでなく、「この部分をこう操作してみたら一体どうなってしまうのか」と

いったように常に疑問やイメージを膨らませ、プログラム上デバッグが発生しそうな箇所を見つけられる

「勘」もデバッガーには大切です。

またデバックと言うと個人が黙々とゲームをしているイメージもありますが、意外とチームプレイが必要と

される事も多く、デバッカーの他にもチームリーダーやテストデザイナー等それぞれが分担して作業を

行います。デバッグのバイトだけでも大型の案件であれば40~50名のデバッガーで一斉に作業をする

事もあります。未経験OKの募集も多いのでゲーム好きな人であれば大抵は誰でもエントリーする事は可能

ですが、多くのデバッグバイトは短期の仕事は少なく長期的な案件が多くなり、

1日に何時間もゲームをする事になりますのでやはりゲーム好きな人が応募するケースが多くなりますので、

ある程度まとまった時間が確保できない人には不向きの副業と言えるかもしれません。また発売前のゲーム

を取り扱う事が多く、新作ゲームの開発段階に触れられる事もデバッグ仕事の醍醐味の1つではありますが、

守秘義務が課せられておりゲーム内容について周囲に漏らしてしまう事は当然に出来ません。その点でも

デバッガーは秘密を守れる点や単調な作業を最後まで継続できる責任感を伴う仕事とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

デバッガーになるには?給料は高い?

デバッガーの仕事をするには大別して募集元が2種類あり、ゲームメーカーが直接デバッガーを募集

するケースと、デバッガー専門会社が募集をするケースがあります。メーカーの委託先が専門会社のような

位置付けです。メーカー側が集中的にデバッグ作業を要している時には数週間の短期間の案件もありますが、

一般的には数カ月~1年の長期案件も多く、やはりある程度時間を確保できる人ができる副業になります。

またデバッガー専門会社は登録制となっている事が多く、案件が発生しない限りは仕事にありつけない事も

多いので、やはり好きな時に好きな時間働きたいという人には不向きと言えます。ゲーム制作会社等のHP

求人や求人サイトをこまめにチェックするか、デバッグ専門会社に登録をしておくといった方法でエントリ

ーをしていくようになります。

デバッグの副業のつらい所は?

まずデバッガーのつらい所は先に書いた通り、同じ作業の繰り返しであるという事です。単純にゲームを

楽しむというよりは、ユーザーが操作してみてエラーが出る可能性を少しずつ潰していく作業になります

ので、デバッグ発見に黙々と操作をしていく事になります。また時間や期間が長引くほど人によっては

チェックが甘くなるケースもあるので、常に気を引き締めて操作にあたる心持ちが必要です。

単調な作業が苦手な人にとってはつらいと感じる事もあるでしょう。

またデバッグ作業は長時間勤務で深夜まで遅くなったり24時間稼働である事も珍しくありません。

そのため当然に途中で眠くなってしまったり生活ペースが昼夜逆転してしまう人もいます。

元々夜型の人など、自分の生活ペースに合っている人であれば問題はありませんが、仕事内容や勤務時間

によっては生活ペースが狂ってしまう可能性がある事は考慮しておいた方が良いでしょう。

またデバッガーだけではなくエンジニアやプログラマも職場によっては疲労困憊で作業をしている

人が多くいます。会社によっては長時間残業・拘束時間超過になっているプログラマも多く、

中には何日も帰宅せず泊まり込みで鬱状態になっている人もいます。そのため中には少し薄暗い

環境や物静かな職場で黙々と作業をする事も多くなりますが、作業に集中するようにしたい所です。

またデバッグは専門的・特殊な仕事であり、この仕事を経験したからと言って他の職種でその経験が

活かされる機会は少ないものです。将来的にプログラマやエンジニアを目指す人がデバッグ作業に携わる

人もいるかもしれませんが、デバッグ作業だけを見れば他の職種への潰しが利きやすい仕事とは言えず、

また個人のキャリアにもなりにくい職種であるという事は言えるかもしれません。ゲーム好きな人や

空いた時間を利用して仕事をする分には良いかもしれませんが、将来的に異業種に就く予定がある人には

不向きとなる事もあるでしょう。興味がある人は一度チャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

今回はゲームのテスター・デバッグの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク