塾講師のバイトはパーマ禁止?許される髪型のルールは?

今回は塾講師のバイトの髪型について挙げてみたいと思います。

これから塾講師のバイトをする方は髪型や服装に気遣いしている人も多いかと思います。

特に今ではたくさんの学習塾で講師のバイトを募集していますね。

一般的なアルバイトであれば服装や髪型までうるさく言われない場合もありますが、塾講師の場合にはやはり常識の範囲内で髪型を考えなくてはなりません。

塾講師のバイトでは、パーマや染髪などは禁止されているのでしょうか。

スポンサーリンク

塾講師のバイトはパーマ禁止?

塾講師の場合、特に髪型や服装のルールが設けられている場合も多くあります。

やはり学生に指導をする立場であり、時には保護者に会う機会もある事から、あまり不真面目な印象や清潔感のない髪型はNGとされやすいからです。

特に講師と生徒の年齢が近い場合には、コミュニケーションが取りやすい反面、講師と生徒の距離感が曖昧になってしまったり見くびられてしまう事もあり、指導者として適度な距離感を保つために髪型や服装をきちんと正すという人もいるかと思います。

確かに生徒の通う学校では、校則で金髪やパーマが禁止となっている学校も多いでしょうから、教壇に立つ講師が堂々と目立つパーマをかけていたら安心して付いていけないと感じる生徒や保護者がいても不思議ではありません。

また授業中はスーツ着用としている塾も多いことから、スーツにアンバランスなパーマだと余計に目立ってしまう事もあります。

 

では塾講師でパーマや染髪が禁止かどうかと言えば、これは塾によってルールが異なるとしか言えません。

茶髪やパーマをOKとしている塾もありますし、明るすぎない染髪でなければOKという所もあります。

もしくは女性講師の方であれば多少の染髪OKという所もありますし、パーマをかけていても全体的にきちんとした印象であれば問題ないという塾もあるでしょう。

またパーマや染髪禁止としていながらも、実際には分からない程度に多少髪を染めている講師もいたりします。

 

もしどうしてもパーマや染髪で塾講師をしたいのであれば求人誌などで「染髪OK」などの塾を選ぶと良いですし、塾のルールに引っかかるようであれば面接時に指摘されるはずです。

気になるようであれば面接時に「この髪型で問題ないですか?」と一言聞いてみても良いかと思います。

 

またパーマや染髪を抑える事も大切ですが、全体的な印象として清潔感を意識するようにしましょう。

例えば茶髪にしていなくても、ヒゲや長髪が不衛生なイメージであればNGとされる事もありますし、逆にパーマを多少かけていても全体的に自然で清潔感のある髪型であれば面接に通る場合もあります。

またパーマでもあまりに無造作過ぎる髪型だとだらしない印象になりますし、天然パーマの方や天候によって髪型が崩れやすい方はワックス等で調節していく事も大切です。

その塾の雰囲気に見合った髪型を心がけ、その髪型が生徒を指導する時にふさわしいかどうかを自分でもよく意識しておきたいですね。

 

塾講師のバイトの服装は?

塾講師の場合には、髪型だけでなく服装にも気を配っていたい所です。

私服で勤務OKの塾もありますが、私服で授業をするとどうしても「先生」のイメージが定着しにくかったり、緊張感が出にくい事もあります。

中には生徒さんと雑談をしているだけといった講師とは言えないような人も稀にいますが、やはり講師として生徒を指導する上では服装もきちんとしておきたい所。

保護者もお迎えや面接でよく塾に来ますので、あまり講師として信頼感を感じさせない服装はどうかとも思いますし、スーツは生徒や保護者から信頼を得やすい服装として無難とも言えます。

 

塾講師の服装についても、髪型と同様に塾によってルールが異なります。

スーツ着用の塾もあれば、私服OKの塾・白衣を着る塾などそれぞれです。

厳しめな所ではスーツの色も黒・紺など指定がある塾もあるでしょう。

また最近で言えばオフィスカジュアルといったように、スーツに準ずる服装であればOKといった塾もあります。

 

特に大学生の方が授業の後にスーツを着用していくとなると大変なので、私服OKの塾や白衣を貸与する塾の方が通いやすい場合もありますし、今後就活などを控えている方であれば、この機会にスーツを用意しておくのも良いかもしれませんね。

またスーツを着用するにしても、派手なアクセサリーを付けているとスーツの雰囲気が台無しになる事もありますし、髪型がだらしないと清潔感がない印象となりますので、全体的にきちんとした印象を意識したいものです。

 

実際には塾講師の服装については人によって捉え方が違うことも多いです。

講師であるからにはスーツ等で服装もしっかりと正すべきと言う人もいれば、講師は中身が肝心でありしっかりと勉強を教えてくれれば服装は気にしないという保護者もいます。

どの程度まで許容するかは塾や講師個人の考え方にも寄りますが、生徒さんを指導するにふさわしい服装を心掛けたいものですね。

 

塾講師のバイトを探すには?

塾講師のアルバイトの探すには、主に以下のような2つの方法があります。

  • 塾講師専門の求人サイトで探す
  • 一般求人サイトで探す

塾講師専門サイトの場合には、塾専門なので求人が多く、希望条件に合わせて検索をしやすいのが特徴的です。

「個別指導」や「集団指導」「学習塾別」など、細かい条件でも検索可能なのが利点と言えます。

 

一方で一般求人サイトでは、お祝い金が出るお得な求人サイトから応募するのが良いと思います。

特に塾講師アルバイトを探すのであれば「マッハバイト」がお勧めです。

採用が決まると最大1万円のお祝い金が全員にもらえ、塾講師の求人数も20万件以上と豊富なのであなたに合ったお仕事が見つかります。

せっかくアルバイトに応募するのであれば、お得なサイトからエントリーするようにしましょう。

マッハバイト公式サイト

 

塾講師のバイトはパーマNG?まとめ

塾講師のバイト時のパーマや服装について挙げてみました。

塾講師のバイトというのは、「アルバイト」という気軽さがありながら、「講師」としての立場を意識しなければならない難しい仕事でもあります。

ですが基本的には、生徒さんを指導する以上はそれにふさわしい髪型や服装で臨むのが常識です。

これから塾講師のアルバイトをする方は自分の服装や髪型について「この先生に教わりたいと思われるかどうか」という視点で、自分をじっくりと見直してみるのも良いかもしれませんね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク