短期バイトの履歴書の正しい書き方は?志望動機や派遣も解説

今回は短期バイトの履歴書の書き方について挙げてみたいと思います。

学校がお休みの時や副業中の人など、短期のアルバイトをした事がある人も多いのではないかと思います。

数週間~数カ月で勤務が終了することもあり、短期間でサクッと稼ぐことが出来るのも短期バイトの魅力です。

ですが履歴書の職歴欄に短期バイトについて書く時、どのように記入すれば良いか迷ってしまう事もあるかと思います。

今回はそんな短期バイトの履歴書の書き方について挙げてみます。

スポンサーリンク

短期バイトの履歴書の書き方は?

それでは短期バイトの履歴書はどのように書けば良いでしょうか。

中には頻繁に短期バイトをしている人もいるかと思います。

 

結論から言えば、短期バイトの場合には基本的には履歴書に記入する必要はありません。

短期バイトの場合には短い期間の仕事が多く、一般的には職歴欄には3か月以上勤務した仕事を記入するべきとも言われています。

短期や単発バイトの場合、数日~数カ月程度の期間の仕事が多いため、基本的には職歴に書く必要はありません。

例えば職歴欄に短期や単発のアルバイトばかり記入していた場合、採用担当者からは「長続きしない人」のイメージを持たれてしまう可能性もあります。

マイナスの印象を持たれてしまう可能性もあるため、履歴書の書き方には注意をしましょう。

 

ですが例えば高校生で今までに長期のアルバイト経験がない場合など、履歴書の職歴欄は空欄になってしまいます。

そのような場合には、もし過去に短期バイトの経験があればそれを記入しても良いと思いますし、もしくはそのアルバイトの職種に関連した短期バイト経験がある場合にはそれも記入しておいた方が良いでしょう。

 

また中には、長期の仕事をせず定期的に短期バイトだけを選んで仕事をしている人もいます。

短期バイトの職歴が多くなり、書ききれなくなってしまう事もある筈です。

そのような場合には、職歴をまとめて記入する事もできます。

例えば「短期アルバイトとして5社で勤務」と記入し、その下の行に「主に工場・軽作業の仕事に従事」といったようにまとめて記入することも出来ます。

この場合、職歴の詳細を伝えることは出来ませんが、履歴書としてもすっきりとした印象になりますし、必要に応じて職務経歴書を用意しても良いでしょう。

 

短期バイトの履歴書の志望動機の書き方は?

それでは短期バイトの志望動機はどのように記入すれば良いでしょうか。

短期の場合には、あまり明確な志望動機がない場合も多いものです。

 

実際には企業側としても、短期のアルバイト志望者にしっかりとした志望動機までは求めていないケースも多いです。

短期バイトと言えば数日~数週間程度で勤務が終了してしまいますので、企業側としてはきちんとお仕事を全うしてくれればそれでOKなのです。

 

そのため短期バイトの志望動機としては、以下のような点を含めて記入した方が良いでしょう。

  • 期間中の仕事に責任を持って取り組めること
  • 長期でなく短期を選んだ理由
  • 短期間でお金を稼ぎたい理由

短期バイトの志望動機はシンプルにまとめ、遅刻や欠勤をせず最後まで責任をもって仕事に取り組む旨を記入しましょう。

 

例えば短期バイトの志望動機としては以下のような例が挙げられます。

来年から語学の勉強のために留学旅行に行きたいと考えております。

そのための資金を貯めたいと考えており、今回の短期アルバイトに応募させて頂きました。

過去にスーパーでの接客経験があり、その経験も活かしてお仕事ができるのも応募させて頂いたきっかけとなりました。

短期間ではありますが、業務には責任感を持って根気強く取り組んでいきたいと考えております。

宜しくお願い致します。

上記は簡単な短期バイトの志望動機例ですが、短期バイトを選んだ理由やきちんと最後まで仕事に取り組める事をしっかりとアピールしたいですね。

スポンサーリンク

短期派遣の履歴書の書き方は?

それでは派遣社員として短期派遣のお仕事をした場合、その職歴はどのように記入すれば良いでしょうか。

短期派遣の場合でも、数日~数週間などあまりにも短い期間の就業の場合には、履歴書に記入する必要はありません。

ですがあえて短期派遣の経歴を記入しておきたい場合や、比較的長い期間就業した場合には以下のように記入しても良いでしょう。

平成〇年〇月〇日~平成〇年〇月〇日

株式会社△△(派遣会社××より派遣)

△は派遣先企業、×は派遣元(派遣会社)を記入するようにします。

 

派遣社員の場合には、履歴書は派遣登録時に提出が必要となります。

また履歴書不要の派遣会社や、PC上で経歴を入力するケースなど、派遣会社によってその方法は様々です。

現在では30日以内の短期派遣は原則禁止となっている為、自分が例外要件に該当するかどうか等、事前にしっかりと確認をしてから応募するようにしたいですね。

 

そもそも短期バイトに履歴書って必要?

短期バイトに履歴書は必要なのでしょうか。

確かに現在では、アルバイト会社や派遣会社の中に「履歴書不要」といった会社も多くなっています。

履歴書が不要となっている理由には、以下のような事が考えられます。

 

  • 短期バイトなので学歴や職歴を重視しない
  • 来社時に会社所定の書式・フォーマットに職歴等を記入してもらう為
  • 多くの人に応募してもらいたい為
  • 履歴書を本人に返却するのが手間
  • 個人情報の管理に手間がかかる

 

履歴書不要の会社も出てきてはいますが、それでも現時点では履歴書の提出が必要な企業の方が多いかと思います。

短期バイトでも履歴書が必要な場合にはしっかりと用意しておきたいですね。

 

短期バイトの履歴書の書き方まとめ

短期バイトの履歴書の書き方について幾つか挙げてみました。

現在では副業やダブルワークをしている方も多く、短期バイトをする機会も多いかと思います。

履歴書の書き方によって面接時の応募者の印象が決まってしまう事もあるため、記入の仕方には注意が必要です。

短期バイトは短期間で集中して稼ぎたい人にも向いていますので、時間がある方は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク


第1位【採用決定でお祝い金が全員にもらえる】 マッハバイト
第2位【在宅ワークで稼ぐなら】 クラウドワークス
第3位【ポイントでコツコツ稼ぐ】 ポイントインカム