バイト面接にはどんなカバンが良い?リュックはNG?

今回はバイト面接時のカバンについて挙げてみたいと思います。

アルバイトの面接と言うと服装や髪型などの身だしなみが大切ですが、意外にチェックされているのがカバンです。

カバンには面接時に必要な物を入れておくだけでなく、用途や色・大きさや置き方などもポイントになります。

せっかくしっかりと面接対策をして行ったとしても、カバンの印象で面接が台無しになる可能性もゼロではありません。

今回はそんなバイト面接時のカバンについて挙げてみます。

スポンサーリンク

バイト面接時に適したカバンは?

バイト面接時にはどのようなカバンを持っていけば良いのでしょうか。

カバンと言ってもビジネスやリクルートバッグ・カジュアルなカバンから手提げやショルダー・リュックサックタイプなど、様々な種類があるので迷ってしまう事もあるかと思います。

 

落ち着いた無地のカバンがベスト

結論から言えば、バイト面接時に持っていくカバンにこれと言った決まりはありません。

ですが面接という事を考えると、強いて言えば「きちんと感」や「清潔感」を感じさせるカバンが無難という事は言えるでしょう。

落ち着いた色のものや無地のカバンが望ましく、基本的にはどのようなカバンでも問題はありません。

逆にデザインが派手すぎるものやカラフル過ぎるもの・キャラクターデザイン等があるものは出来るだけ控えるようにしましょう。

またあまりにもボロボロで劣化が目立つカバンも控えた方が良いと思います。

 

素材

素材にも決まりはありませんが、面接時にはできれば本革もしくは合皮素材のカバンが良いかと思います。

ナイロンや布がNGという訳ではありませんが、できれば皮素材などの社会人らしい印象のカバンを選びたい所です。

 

履歴書を入れる

履歴書を入れる事を考えると、やはりA4サイズが余裕で入る少し大きめのカバンが良いと思います。

取り出した履歴書が折れていると印象が良くない為、クリアファイル等に入れてカバンに入れておくようにします。

 

自立したタイプのものを

バイト面接時のカバンは自立するタイプが良いでしょう。

面接時にテーブルの上にカバンを置くことはマナー違反と取られる可能性もあるため、床にカバンを置くことが多いです。

カバンが自立せずに寝てしまうと見た目にもあまり印象が良くない事から、できるだけ自立するタイプのカバンをお勧めします。

 

バイト面接時のカバンの色は?

バイト面接時のカバンの色は何色が良いのでしょうか。

これにも明確な決まりやルールはありませんができれば黒が望ましく、バイトであれば他にも茶・グレーを選んでも良いでしょう。

ブルーや赤などあまりにも目立ちやすい色だと、マイナスな印象を持たれてしまう場合もあります。

また面接官によってはブランドもののカバンが良い印象を持たれないケースもあります。

 

服装を含めてトータルのコーディネートから判断し、違和感のないカバンを選ぶようにしましょう。

洋服や髪型と比較すると、面接官からすればカバンはさほど目に入りません。

そのため「目立ちすぎていないかどうか」という点も考慮してカバンを選ぶのが良いかもしれませんね。

 

バイト面接時のカバンを置く場所は?

バイト面接時のカバンの置き方はどのようにすれば良いでしょうか。

カバンの置き場所に困ってしまうと、面接に集中できなくなる恐れもある事から、事前にしっかりと置き場所を把握しておく必要があります。

 

バイト面接時には、カバンは自分が座る椅子の横(床)に置くのが基本です。

人によってはテーブルの上にカバンを置いてしまったり、背中と背もたれの間にカバンを置く人もいるようですが、これはマナー違反と取られる可能性があります。

あくまでカバンは床(椅子の横)に置くことが基本と考えておきましょう。

 

カバンの形状によっては自立せず倒れてしまったりゆがんでしまうものもありますが、その場合にはカバンの底に厚紙を入れておいたり、持ち物の量を調整する等して対応をします。

またバイトの面接室によってはソファの場合もありますが、ソファーの場合でもカバンはソファーの上には置かずに、床(座った時の足元)に置くようにしましょう。

スポンサーリンク

バイト面接時のカバンにリュックはNG?

バイト面接時にリュックサックを背負っていく人も多くいます。

リュックがダメという事はありませんし、特に学生さん等はリュックで面接に来る方も多くいます。

 

リュックでも問題はありませんが、カジュアルなカバンを選ぶのであれば、出来ればトートタイプ等のカバンを選ぶ方が良いでしょう。

確かにリュックは大容量でたくさんの持ち物が入りますが、面接という場面ではカジュアルな印象が強すぎるイメージもあります。

またリュックの形状によっては履歴書が折れ曲がってしまったり、スーツを着用して行く場合にはシワになりやすい・床に置いても自立しにくい等、面接時に適しているカバンとは言いにくい部分もあります。

ですが中にはリュックしかカバンを持っていないという方もいるかと思いますので、その場合にはせめて会社入口や面接室に入る前にはリュックを手にもって行くようにしましょう。

 

高校生のバイト面接時のカバンは?

高校生の場合、就活経験がない事や仕事経験が少ない事から、仕事時に持っていくカバンの種類も少ない人が多いかと思います。

高校生の場合には、普段通学で使用しているカバンでも問題はありません。

派手めのものでなく普通のものであれば、そのままスクールバッグ等の通学用カバンを持っていっても大丈夫です。

また高校生の中にはスクールバッグに目立ちやすいぬいぐるみキーホルダーを付けている人も多いですが、面接時にはできれば外していった方が良いでしょう。

 

また高校生のバイト面接時には服装もチェックされます。

私服で行く人 or 学校の制服で面接に臨む人が多いかと思いますが、どちらの服装でも問題はありません。

制服で行く場合には校則通りのきちんとした制服で臨み、私服で行く場合にはジーパンなどカジュアル過ぎるものは避け、清潔感のある服装で面接に臨むようにしましょう。

 

バイト面接時の持ち物は?

バイト面接時には以下のような物を持っていくと良いでしょう。

 

持っていきたいもの

  • 履歴書
  • 筆記具
  • 身分証明書
  • メモ用紙
  • 印鑑
  • 通帳・キャッシュカード
  • その他会社から指定された物

 

持っていくと便利なもの

  • スケジュール帳
  • 腕時計
  • スマホ・携帯電話
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 手鏡
  • ミネラルウォーター

 

アルバイトの面接時には応募する会社によって持ち物が異なります。

また持ち物を忘れてしまうと、最悪の場合には面接を受けられなかったり再度の来社が必要な場合もあります。

実際の面接を想定して、前日に持ち物をしっかりとチェックしておきたいですね。

 

アルバイトの面接時のカバンまとめ

アルバイトの面接時のカバンについて幾つか挙げてみました。

カバンというのは服装や髪型と比べると面接時にチェックされる事は少ないですが、持ち物をきちんと持参するためにも大切なアイテムです。

カバンの中身をしっかりと準備し揃えておくことによって、自信をもって面接に臨むことができます。

またカバンだけでなく、面接時には身だしなみをしっかりと整えて臨むようにしたいですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク


第1位【採用決定でお祝い金が全員にもらえる】 マッハバイト
第2位【在宅ワークで稼ぐなら】 クラウドワークス
第3位【ポイントでコツコツ稼ぐ】 ポイントインカム