長期休暇中にバイトを辞める事はできる?スムーズな辞め方とは

今回は長期休暇中のバイトを辞めるケースについて挙げてみたいと思います。

アルバイトをしていても、長期休暇を取ることはあるかと思います。

旅行や病気・帰省など、人によって様々な理由で長期休暇を取ることもあるでしょう。

ですが長期休暇中、ふとアルバイトを辞めたくなる人は意外に多くいます。

休暇中にそのままアルバイトを辞めてしまう事はできるのでしょうか。

スポンサーリンク

長期休暇中だけどバイトを辞めたい。その理由は?

せっかく取った長期休暇。

ですが長期休暇中にバイトを辞める人は一定数います。

それでは休暇中にバイトを辞めてしまう理由にはどのような事情があるのでしょうか。

理由としては以下のような事が考えられます。

 

休暇中に忙しくなってしまった

最初は休暇後にしっかり出勤をするつもりであっても、休暇中に学業などが突然忙しくなってしまった場合、バイトを辞めざるを得なくなる場合があります。

 

休暇後の仕事についていけない

2~3ヵ月も長期休暇を取ってしまうと、バイト先のスタッフの顔ぶれが変わっていたりオペレーションが変更になっている場合もあり、仕事についていきずらい事から辞めたいと思う事があります。

 

他スタッフに気まずい

自分が長期休暇を取っている最中でも、他のスタッフは仕事をしています。

自分だけ長い休暇を取った後というのは他スタッフに気まずさを感じて出勤しにくくなる事もあります。

 

休暇中の病気・ケガ

長期休暇中に病気やケガをしてしまった事により、バイト復帰が難しくなってしまったケースが考えられます。

 

他に仕事が見つかった

長期休暇中に今のバイトよりも条件の良い仕事が他に見つかった場合など、今のバイトから乗り換えるために休暇中に辞めたくなる事もあるでしょう。

 

出勤するのが面倒

長期休暇をのんびり過ごした場合、気持ちを仕事モードに切り替えられず、そのままバイトを辞めてしまうケースもあります。

 

確信犯

最初から長期休暇→バックレの構図を予定していたケースが挙げられます。

 

長期休暇中にバイトを辞めることはできる?

長期休暇中にそのままバイトを辞める事はできるのでしょうか。

まず注意しておきたいのは、休暇中だからと言ってそのままバックレてしまうのはNGという事です。

長期休暇中とは言っても会社には残っていますし、そのまま連絡が取れなくなると会社としても解雇扱いにするケースも考えられます。

 

また退職をするとなれば退職書類が必要になるバイト先もあるでしょうし、貸与品があればそれも返却しなければなりません。

職場はあなたが戻ってくる事を見越して、新しい人員採用を見送っている場合もあるでしょう。

そのため長期休暇中であっても辞める場合には、まずバイト先に連絡をする事が先決となります。

 

退職の伝え方としては、できればお店に行ってきちんと挨拶をした方が良いですが、難しいようであれば電話連絡でも良いと思います。

退職をしなければならない事情と、休暇中に辞める事になってしまったお詫びを素直に伝えましょう。

退職理由は「体調が治らない為」「学業との両立が難しくなった為」「就活のため」「家族の事情」「留学をする」「転勤・引っ越し」など、人によって様々かと思います。

 

尚、一般的なアルバイトのように期間の定めのない契約であれば、法律的には退職をする日の二週間前までに辞める事を伝えれば良いことになっています。

ですが現実的に考えると、2~3ヵ月も休んでいたブランクがある従業員を、退職までの少しの期間だけ仕事をさせるという事は考えにくく、会社によってはそのまま退職の流れに進むケースも多いように思います。

いずれにしても長期休暇中に辞める場合には無断退職などはせず、きちんと会社に連絡をするようにしたいですね。

スポンサーリンク

バイトを辞める際の電話のかけ方は?

それでは長期休暇中にバイトを辞める時、連絡をする場合にはどのように電話をかければ良いでしょうか。

以下に簡単な例を挙げてみます。

 

学業を優先するため

お疲れ様です。

長い間、お仕事のお休みを頂きましてすみません。

実は今通っている大学の課題が多く、休暇中にしっかりと時間を確保して取り組みたいと考えております。

大変申し訳ないのですが、学業を優先して課題に取り組みたいので、辞めさせて頂きたいと考えております。

 

体調が悪いため

お疲れ様です。

長い間休暇を取らせて頂きご迷惑をおかけしました。

実は現在体調が悪く病院に通っているのですが、治りが悪く体力的にもアルバイトをする事が難しい状態です。

休暇中に大変申し訳ないのですが、体調を優先してお仕事を辞めさせて頂きたいと思います。

長期休暇中にバイトを辞める時の事情は人それぞれですが、退職理由とお詫びの気持ちをきちんと伝えるようにしたいですね。

 

長期休暇の期間の目安はどれくらい?

アルバイトで長期休暇を取る場合、どれくらいの期間までが目安となるのでしょうか。

休暇を取る事情などによっても異なりますが、通常は一週間~一か月程度までが限度と考えられます。

それ以上の休暇となると職場のシフトに与える影響も大きくなりますし、休暇後に出勤しずらくなる場合もあります。

 

またどれくらいの期間の休暇が取れるか分からないという人は、同僚や先輩スタッフに聞いてみるのも良いでしょう。

特に先輩スタッフであれば過去に休暇を取った事がある人や、その時の状況等を詳しく教えてくれる人もいる筈です。

併せて休暇を取る時には、休暇中の代わりのスタッフを見つけておくと管理者も助かります。

 

また長期休暇を取る場合には早めに管理者に伝えておく事も大切です。

シフトを組んでいる管理者の立場からすれば、突然に「明日から一か月休みます」と言われたら何の対応もできません。

長期休暇を取る予定であれば、その一か月~二カ月前には管理者にその旨を伝えておくようにしたいですね。

 

バイトで長期休暇を取った時、菓子折りは必要?

バイトで長期休暇を取った際、菓子折りを持っていく必要はあるのでしょうか。

菓子折りを持っていくタイミングとしては、例えば長期休暇後の出勤時や退職の挨拶時などが考えられます。

 

結論としては、菓子折りは渡しても渡さなくてもどちらでも問題はありません。

菓子折りは「気持ちの問題」であり、渡さなかったからと言って失礼という事もありません。

まして学生のアルバイトの場合には菓子折りを持参する人は少ないですし、金銭的に難しいこともあるかと思います。

実際を言えば、他スタッフも長期休暇を取ることはあるでしょうし、職場ではある意味お互い様です。

 

菓子折りを渡すべきかどうかはあなたの価値観で決める事であり、休暇中に迷惑をかけたお詫びと感謝の気持ちを周囲にきちんと伝えられれば、菓子折りを渡さなくても問題はありません。

もちろん菓子折りを持っていく事であなたの気持ちがラクになったり、周囲とも良好な関係を保てそうであれば持っていっても良いと思います。

菓子折りだけに気を取られ過ぎず、まずは復帰後のお仕事を全力で頑張るようにしたいですね。

 

バイトを長期休暇中に辞めることはできる?まとめ

長期休暇中にバイトを辞めるケースについて挙げてみました。

確かにアルバイトをしていても休暇を取りたい時もあるでしょうし、休暇中に辞めたくなってしまう事もあるかと思います。

ですが長期休暇中にやむ負えず辞めるとしても、お店に対しては事前にしっかりと退職の連絡をしておく事が常識です。

無断退職など周囲に迷惑が掛けることは避け、きちんと退職の手続きは済ませておきたいですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク


第1位【採用決定でお祝い金が全員にもらえる】 マッハバイト
第2位【在宅ワークで稼ぐなら】 クラウドワークス
第3位【ポイントでコツコツ稼ぐ】 ポイントインカム