バイトの志望動機を書かないで良い例外ケースとは

今回はバイトの志望動機を書かないケースについて挙げてみたいと思います。

一般的なバイト面接では志望動機を書いていくのが通常です。

履歴書にも志望動機欄や自己PR欄が設けてあることが普通であり、記入をしていく事が常識的となっています。

志望動機を書くことによって、採用担当者は応募者がその会社を選んだ理由を知ることもできますし、仕事に対する意気込みややる気を見ることもできます。

ですが一部例外として、志望動機を書かないで良いケースもあります。

スポンサーリンク

バイトの志望動機を書く理由とは

そもそもアルバイトで志望動機を書くのにはどのような理由があるのでしょうか。

正直な話、志望動機を考えるのは面倒と感じる方も多いかと思います。

バイトの面接で志望動機を書くのには、主に以下のような理由が挙げられます。

 

  • なぜ自社(その会社)を選んだのか知りたい
  • 仕事に対しての意気込みを聞きたい
  • 入社後にどのような活躍をしていきたいのか
  • 会社の事業の方向性とマッチしているか

 

世の中には数多くの企業やお店があります。

採用担当者は数ある企業の中でなぜその会社を選んだのか、その理由を聞きたがっています。

特に「その会社でなければならない」という拘りを感じさせる志望動機は大切です。

 

また履歴書に記載する情報は氏名や住所・学歴や職歴といった事を主に記入しますが、中でも志望動機や自己PR欄というのはその人の考え方や個性が出やすく、採用担当者が応募者を見るポイントの一つにもなってきます。

逆に応募者の立場から考えると、似通った内容になりやすいその他の項目と比べて、志望動機や自己PR欄はほかの応募者との差別化を図りやすい絶好のアピール項目とも言えます。

 

バイトの志望動機を書きたくない理由は?

履歴書を提出する必要がある場合、バイトの志望動機はしっかりと記入していくのが通常です。

ですが中には志望動機を書きたくないと考える人も一部ではいるようです。

それでは志望動機を書きたくないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

考えられる点は以下の通りです。

 

  • 適切な志望動機が思い浮かばない
  • 文章が下手
  • 単純に家から近かっただけだから
  • 形式的な志望動機には意味がない
  • 過去に触れたくない職歴がある
  • 実はその店に行った事がない
  • 志望動機を考えるのが面倒

 

確かに実際の所を言えば、従業員を採用したとしても、面接時の志望動機通りに働いてくれるスタッフは少ないものです。

「あの志望動機で言っていた事は何だったのか」と感じてしまうほど、採用後に怠けているスタッフも一部ではいます。

ですがやはり面接時の志望動機は、その会社への入社意欲をアピールする大切なポイントになりますので、志望動機欄を空白で提出するのはお勧めできません。

例え書きにくい理由があったとしても自分なりに工夫をして記入をして行った方が良いでしょう。

スポンサーリンク

バイトの志望動機を書かない例外とは

上記のようにバイト面接では履歴書に志望動機を書いていくのが常識です。

志望動機を書かない事で、面接官にマイナスの印象を与えてしまう恐れもあります。

 

ですが一部例外として、志望動機を書かないで良いケースがあります。

それは応募する仕事が「派遣バイト」の場合です。

派遣バイトとは最近よく使われるようになった言葉ですが、派遣会社を通して単発等のお仕事をすることを言います。

派遣会社を通した場合、一般的なアルバイトよりも時給が高いケースが多い事から、派遣バイトを好む人も多くいます。

 

派遣社員として仕事をしたい場合には志望動機は不要です。

派遣会社というのはスタッフと派遣先職場の橋渡しをしてくれる会社であり、スタッフは派遣会社に就職する訳ではありませんので、派遣登録時に派遣会社に対して志望動機を書く必要はありません。

もちろん派遣先職場に対しても志望動機は不要ですし、顔合わせ時に志望動機を聞かれる事もほとんど無いでしょう。

派遣バイトの場合には登録時に志望動機を書かないケースが多い事は覚えておきたいですね。

 

行ったことがないバイト先の志望動機はどうする?

それでは行った事がないバイト先の志望動機はどのように書けば良いでしょうか。

行った事がない店だと店内や従業員の雰囲気も分かりませんし、具体的にどのような仕事をしているのか知らないという事もあるでしょう。

時給が良かったから・家から近かったからなど、単純な理由で応募したという人も多い筈です。

 

行ったことがないお店の場合、できれば面接前にお店に行ってみても良いでしょう。

実際にお店に行くことで、より具体的にお仕事のイメージが沸きますし、自分なりの志望動機も考えやすいかと思います。

 

ですがもし面接前に店に行くのが難しい場合はどうすれば良いでしょうか。

その場合にはほんの少しでも良いので、志望動機を工夫してみましょう。

例えば本音としての志望動機が前述の「時給が良かったから」「家から近かったから」という理由であったとしても、そこに少しだけ肉付けしてあげる事によってイメージはかなり変わってきます。

例えば以下のような例が挙げられます。

 

時給が良かったから

  • 時給が良く学費の足しにできる
  • 時給が良いので、学業とアルバイトの両立がしやすい
  • 卒業旅行のためにお金を貯めているので
  • 時給が良く家計の足しにできる

 

家から近かったから

  • 家から近いので長く続けやすい
  • 家から近いので欠員時にも対応できる
  • 家から近いのでシフトに融通が効きやすい
  • 家から近いので時間を有効に使える

 

単純に「時給が良かったから」「家から近かったから」と伝えるよりも、少しだけ補足してあげる事によってプラスのイメージに変える事もできます。

行ったことがないお店だからこそ、バイトの志望動機は慎重にじっくりと考えたいですね。

 

バイトの志望動機を書かないケースまとめ

バイトの志望動機を書かないケースについて幾つか挙げてみました。

志望動機を書かないで良い一部の例外はあるものの、通常は面接時には志望動機をしっかりと記入していくのが基本です。

志望動機はそのお仕事に対して意欲ややる気を見せる絶好のアピール機会でもあります。

しっかりと志望動機を記入していく事で、好印象を持ってもらえるような面接にしたいですね。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク


第1位【採用決定でお祝い金が全員にもらえる】 マッハバイト
第2位【在宅ワークで稼ぐなら】 クラウドワークス
第3位【ポイントでコツコツ稼ぐ】 ポイントインカム