観葉植物レンタルの副業

今回は観葉植物レンタルの副業について挙げてみたいと思います。

どの室内やオフィスにも1つは見かける観葉植物。

企業や店舗などで室内や入口に観葉植物が置かれている所を見かける事も多いかと思います。

室内に自然と溶け込んでいて、植物があるとなぜかリラックスしますね。

また昨今ではヘルスケアも注目されており、オフィスや店舗でも観葉植物を取り入れる企業も多いと聞きます。

今回はそんな観葉植物レンタルの副業について触れてみます。

スポンサーリンク

観葉植物の効果

まずなぜ室内に観葉植物を置くのでしょうか。

幾つか考えられる所を挙げてみます。

 

①リラックス効果

観葉植物にはリラックス効果があると言われています。

確かに室内に緑があるだけでも少し心が癒される感じがします。

なんでも植物がある事で、人の脳波からアルファ波が増幅される効果があるんだとか。

 

②目の疲れを癒す

昔から目の疲れには「遠くの緑を見ると良い」なんて事を聞いたことがある人も多いかと思います。

植物のような緑を見る事は目の疲労にも良いそうです。

またオフィスなどでは特にPC画面を見たりして目が疲れるケースも多いでしょうから、観葉植物を置いておく事は確かに効果がありそうですね。

 

③空気洗浄や加湿調整効果

科学的なことは分かりませんが、観葉植物を置くことは空気洗浄や加湿調整効果が期待できるのだとか。

観葉植物には室内の空気を綺麗にする性質があるようです。

店舗やオフィス等では人が多く出入りしたりエアコン空調などを使用したりするでしょうから、空気洗浄効果は嬉しいですね。

 

④インテリアの1つとして

恐らく会社やオフィスで観葉植物を置くケースではこの目的のために置いていることが多いかと思います。

殺風景なオフィスでも観葉植物が1つある事で、なんとなく居心地の良い空間作りができますよね。

観葉植物は意外に存在感があるので、下手なインテリアを購入するよりも、観葉植物の方がよほどインテリアとしての機能を果たしてくれそうです。

 

購入でなく”レンタル”にする理由?

色々な効果が期待できる観葉植物ですが、「購入してしまえばレンタルは必要ないのでは?」という声もあるかもしれません。

ですが観葉植物にはレンタルに向いている幾つかの理由があります。

 

①枯らせてしまう

観葉植物を購入したは良いものの、手入れが面倒であったり方法が分からなかったりと、枯らせてしまうという人もいます。

また手入れが雑で、植物に痛みや枯れが出てしまうというケースもあるでしょう。

観葉植物のレンタル業では定期的な訪問による植物ケアをサービスとして含めることで、顧客の観葉植物を新鮮な状態でキープする事ができます。

 

②購入後の持ち運び

観葉植物の中には大人の身長ほどのものも多くあります。

このような観葉植物を購入するたびに自分でオフィスから出し入れするのは大変です。

レンタル業には観葉植物の運搬も含まれるので、顧客は基本的に何もする必要がありません。

 

③様々な観葉植物を楽しめる

観葉植物には豊富な種類があり、顧客によっては多くの種類を楽しみたいというニーズもあるかと思います。

観葉植物を購入してしまうと簡単に捨てる訳にもいかず、様々な植物を入れ替えて楽しむという事は難しいもの。

レンタルであれば不要になった観葉植物を業者が引き取ってくれるので、顧客はバリュエーションに富んだ観葉植物を楽しむことができます。

スポンサーリンク

④インテリアの一部としての提案

観葉植物を初めて購入する人は特に、自分の店舗やオフィスにどのような観葉植物が合うかというのはなかなか分かりにくいもの。

そのような時にプロからどのような観葉植物が似合うか、最適なアドバイスをしてあげる事で観葉植物もインテリアの一部として提案する事ができます。

 

⑤手入れが不要で仕事に集中

観葉植物は生き物ですので当然に手入れが必要となります。

ですが仕事や接客に集中している場では、植物の手入れさえ手間に感じてしまう場合もあるかもしれません。

そのような定期的な手入れもレンタル業者側にお任せする事で、店舗側としては業務に集中する事ができます。

 

⑥維持費を抑えられる

観葉植物を自分で購入して定期的に手入れをしようとすると思ったよりもコストがかかる事があります。

特に観葉植物に対して知識がない人には維持費が想定以上にかかってしまったという事もあるでしょう。

レンタルにする事により一定のレンタル料金の中でコストを抑えることが出来ます。

 

⑦短期的な需要に対応できる

観葉植物が必要な空間というのは店舗やオフィスに限定されません。

一時的なイベント等で必要とされる事も十分にあります。

短期間の催し事の度にその都度植物を購入する事は合理的ではありません。

レンタルを利用する事で費用を抑える事ができ、またより新鮮な状態で観葉植物を設置する事ができます。

 

観葉植物レンタルで副業は可能?

観葉植物のレンタルを副業にするにはどのようにすれば良いでしょうか。

現実的に考えると観葉植物のレンタル事業自体は面白いビジネスではありますが、残念ながら副業として成立させるのは中々難しいかと思います。

まず観葉植物をレンタルするからには当然に仕入れをしなければなりませんが、仕入れには通常は自治体が運営する公設市場等で

せりに参加したり、生産者から買い受けるといった方法が一般的かと思います。

ですが市場に参加するにも資格が必要ですし、思っていたものが仕入れられなかったり植物を運搬をするだけでも大変な作業です。

また顧客からの受注後に副業的にその都度仕入れをするといった方法では手間がかかり、本業を抱える人が片手間で副業的にこなしていく事は
恐らく難しいでしょう。

レンタル業という事を考えれば植物を管理する立地は3等立地でも可能かと思いますが、観葉植物の営業先がレンタルがオフィス、店舗、公共施設、

病院、ホテルなどの店舗や法人が中心という事を考えると、副業規模の事業では取引相手からも軽視されてしまう可能性もあるかと思います。

また観葉植物のメンテナンスには剪定や葉の清掃・施肥消毒や害虫駆除等がありますが、例えばメンテナンスのみを副業にする事を考えても、

大抵のレンタル業者は仕入れ~交換~メンテナンスまで一括して行っているので、メンテのみを副業的に取り込む事もなかなか困難です。

考えられるとすればインテリアコーディネートの一部として観葉植物のレンタルを行ったり、観葉植物の運搬をアルバイト等で

副業として行う事は考えられますが、大きな収入には繋がりにくいでしょう。

もしくは巷では珍しい観葉植物を自分で育ててオークション等で売却して副業として成立させている人もいるようですが、それも一部の人で

副業として定期的な収入を得ている人は僅かかと思います。

観葉植物のレンタルは副業というよりは、本業として本格的に取り組む・もしくはフランチャイズ等に加盟してまずはその流れを掴むことから

始めてみるのが賢明なのかもしれませんね。

今回は観葉植物の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク