人生相談の副業

今回は人生相談の副業について挙げてみたいと思います。

普段の生活の悩みや仕事上での不安・自分の家族の事や将来の事

など、人はそれぞれ悩みや不安を抱えている人も多いものです。

それはちょっとした小さな悩みから、自分にはどうにもならない

ような大きな悩みまで様々。中には人生をあきらめかけているような

人もいるでしょう。

そんな時自分の過去の経験を活かして、悩みを抱えている人たちの

手助けができる、今回はそんな人生相談の副業に触れてみます。

スポンサーリンク

人生相談の副業とは

人生相談の副業とは言ってもその相談内容は様々です。占い師が行う

占いのようなテーマもあれば、健康・仕事・恋愛・美容・ファッション・

心の病など人は様々な悩みを持っています。または単純に話を聞いて欲しい

といった”愚痴聞き”の依頼もあります。

自分個人でサイトを立ち上げる等して相談を受ける事も可能かとは思い

ますが、例えばよく人生相談の場として利用されている事も多いのが

「ココナラ」。スキルを売り買いできるマーケットの場として多くの

ユーザーに利用されています。またココナラ以外にも悩み受付専門のサイトや

愚痴聞きサービスのサイト等、様々なサイトやサービスが誕生しています、

 

サイト内では出品者はそれぞれ自分の得意な分野で相談を受けている様子。

恋愛相談や人生相談といった一般的なものから、禁煙の方法・睡眠習慣の作り方・

ダイエットメニューの作成といった少し突っ込んだ内容まで、多くの出品者が

相談を受けています。

料金も出品者により様々で、1分100円~程度といったように時間刻み

になっているものから、1相談につき500円~と固定料金になっているもの

まで様々な様子。自分の過去の経験や得意なスキルを活かして相談を受け付けて

います。また相談相手として購入者に気に入られれば、リピーターが付いている

出品者も意外と多いそうです。聞き上手な人や悩みを解決するのが得意な人は

挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

「年齢」が+αとなる仕事

仕事と言えば多くの場合、年齢というのはマイナス要素となるケースが多いものです。

今では少なくなってきた気もしますが、求人誌などで応募条件を見ても「年齢は30歳

まで」「20代~30代が多く活躍している職場です」といったように、年齢制限を

かけている職場も多く見かけました。確かに年を取れば体力的にも劣ってきますし、

知力にしても年を取ると若い世代にはなかなか勝てません。雇い入れる企業側からすれば

若い人材が欲しいというのはある意味では当然の事なのかもしれません。

 

ですが今後副業として選択する仕事は、年齢がプラスに働く仕事を選択するというのも

一考かと思います。自分の人生経験やキャリア・知識や積み重ねた感性が活かせるような

仕事です。増してこれからは人生100年とも言われる長寿に突入していく時代。

年齢を重ねても実力を十分に発揮できる仕事を選択していく必要があります。

悩みの種類は人それぞれですが、人生相談というのは話を聞く上でベースとなる

のはやはり過去の経験や知識。経験の少ない若年層ではなかなか他人の人生に

アドバイスをするのは難しいものです。また自分にとってはさほど大した事のない

経験のように思えても、他人にはその経験談やアドバイスがどうしても欲しいと

いったケースもあるでしょう。

 

また人生相談というのは相談者に利点があるサービスのように見えますが、

聞き手にとってもメリットがあります。相談を受ける事で、自分が思いも付かない

ような発見やメッセージを受ける事もありますし、その悩みを聞いた事がビジ

ネスの種になるといったケースもあるかもしれません。また他人に対して

的を得たアドバイスをするという事は、聞き手自身も常に普段から周囲の話題に

アンテナを張っていたり、知識を吸収しておく・感性等を磨いておく必要があり、

他人の悩みを聞く事が逆に自分磨きにも繋がっている場合もあるでしょう。

これから副業を始める際には、自分が年齢を重ねた時にも続けていられる仕事

を検討してみるのも良いですね。

スポンサーリンク

素人が悩みを聞く事に資格は?

現在ではネットが普及している事もあり、多くの人が人の悩み相談や愚痴聞き

サービスを提供しています。ですが考えてみれば精神的な病に関しても

カウンセラー心理士といった専門者がいますし、ビジネスにおいても

コーチコンサルといった専門的な仕事をしている人達がいます。

無資格者のような一般の方々が他人の悩みを聞いて収入を得る事には

違法性はないのでしょうか?

 

実際には「他人の話を聞く仕事」には資格は必要ありません。確かに上記の

ようなカウンセラー系の資格も幾つかありますが、その資格を持っていなくとも

相談を受ける事に違法性はないと考えて良いでしょう。

もちろん資格があれば他人にも有資格者である事をアピールできますし、

何より資格を取得する事で知識やスキルを学べるので、それが相談にも活かせる

といった事はあるかもしれませんが、とは言え人生相談において資格は

必ずしも必須という訳ではありません。

 

ただし例えば医者や精神科医でもないのに、自分が医者であるかのように

身分を偽ったり、無資格者が医学的なアドバイスや治療を行ってしまう事は

当然に法律に触れる可能性がありますので、決して行ってはいけません。

またアドバイスをするにしても事実ではない事をアドバイスしたり、

詐欺のように相手に不利益を被らせるような話を持ち掛ける事ももちろん

行ってはいけません。副業であったとしても、決められたルールをしっかりと

守って行いたいですね。

人生相談の副業のつらい所は?

まず有料の人生相談のつらい所は、お互いが「本気」であるという事です。

有料サービスの場合には、相談者は人生相談サービスを購入する事で

当然にお金を支払って相談をする事になりますし、聞き手も相談を受ける事で

対価としてお金を受け取る事になります。

 

一般的な周囲の人間関係においても友人や同僚などから相談を受ける人も

多いかとは思いますが、そのような相談の類とは別モノと考えておいても

良いのかもしれません。相談者の悩みの種類によっては人生を抱えた重い悩み・

その人の将来を左右する深刻な状況の相談など、その場では簡単に解決が図れ

ないような悩みが飛び込んでくるかもしれません。また話の深刻さによっては

聞き手である自分自身でさえも、相談後に精神的疲労で気がまいってしまう

ようなケースさえ考えられます。

もちろん上記のような深刻な悩みだけでなく、日常のちょっとした悩み相談も

多くあるかと思いますので一概には言えませんが、片手間程度にできる副業では

ないと考えておいた方が良いのかもしれませんね。

 

よく人から相談を持ち掛けられる人・他人にアドバイスをするのが上手な

人は検討してみるのも良いのではないでしょうか。

今回は人生相談の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク