ネイルチップの副業

今回はネイルチップの副業について挙げてみたいと思います。

今や女性にとってネイルアートは一般的になってきました。

以前はデートの時や結婚式などお祝い事の時にネイルをしている女性の姿を

見かけましたが、今では仕事時にもネイルをしている姿もよく見かけます。

また自爪にネイルができればそれが一番なのかもしれませんが、シチュエーションや

メンテを考えるとネイルチップを使用したいと考える女性もいるかと思います。

今回はそんなネイルチップの副業に触れてみます。

スポンサーリンク

ネイルチップの副業とは

ネイルチップの副業とはその名の通りネイルチップを製作する仕事になります。

ネイルチップとは「付け爪」の事。自爪でネイルができない人などはネイルチップで

アートを楽しむ人もいます。ネイルアートが好きでも、職場ではネイルが禁止されて

いたり毎回ネイルサロンに行く余裕がないといった人でも、手軽にアートを楽しむ事が

できるツールです。

ネイルチップの副業は、その販路によって製作過程が分かれます。

 

1つ目はネイルチップを扱っているネイルサロンや店舗等・専門店で「内職仕事」の形態で

求人募集をしていて、そこから仕事を請け負うケース。この場合にはチップやマニキュアなど

の材料などを店側から支給される所もあれば、一部を自分で負担したりといった事もあります。

主には店舗側から「このようなデザインを作って欲しい」といった依頼があり、ネイリスト

はその依頼通りに製作をする事になります。毎回違ったデザイン・新作デザインを製作

していく事もあれば、人気のデザイン等は量産して製作していく事もあるようです。

チップの単価としては50~100円程度・1箱(10個)で400~500円程度が一般的

だそうで、ある程度まとまった収入を得るには数多く製作を請け負う必要がありますが、

やはり人気のデザイン等を手掛けるようになると注文も増え、作業量と共に収入も上がっていきます。

在宅ワークでの副業となるので、ネイル製作技術はあるけれども家事や育児で外出できない方々

にとっても適した副業になります。

 

2つ目はフリマサイト等を利用した販売です。有名サイトで言えばミンネやクリーマといった

ようにハンドメイド系アプリを販路としてネイルチップを販売している人も多くいます。

価格設定も自分で自由に決められる他、自分の好きなデザインで製作できるというのも大きな

利点と言えます。価格としてもチップ10本程度で2000~3000円程度で出品している

ネイリストも目立ち、その単価の高さも魅力的です。

ですがアプリ内ではやはり競合のクリエイターも多く、また売れているデザインはすぐに模倣

されて他者に真似されるケースも目立つ事から、どのようにリピーターを付けていくのか

といった事も苦慮する必要があります。またギフトラッピングやオーダーメイドへの対応等、

やはり個人間の取引なだけに細かい部分にまで配慮した対応が求められます。

 

その他にもネットショップ等を立ち上げて自分でネイルチップを販売していく事も可能でしょうし、

ネイリストを本業としている人であれば顧客に自作チップを施す事も可能でしょう。または出張

形態での販売を検討したり、SNS等でオーダーメイド製作の受付・小規模でも数名程度の生徒を

集めた製作教室の開催など、あらゆる角度から副業として考える事もできるのかもしれません。

スポンサーリンク

ネイルチップを作るには?

ネイルチップには幾つか種類があり、お店にオーダーするオーダーチップ・お店で販売している

チップ・そして副業も可能な手作りのネイルチップがあります。

オーダーの場合には金額がかさみやすいですし、市販のものだとサイズの問題もあります。

その点自作チップであれば安価でサイズの問題もなく、イメージ通りのものが作りやすいと

言えます。

ネイルチップを製作するにはまずそれを固定する土台が必要。その為にもネイルスタンドを

用意し、チップを固定をして製作をするようにします。また肝心のチップ自体も今では

100円ショップ等でも入手できますし、タイプや量も様々なので用途に合ったものを選択

したい所です。他にもやすりやネイルチップ用の両面テープがあると便利です。チップはサイズ

に合わせてやすい等で削って形を整えていきます。そしてスタンドに取り付けネイルを描いていく

といったシンプルな工程です。

ネイルチップの副業は難しい?

ですが個人で楽しむ分には簡単で良いですが、やはり販売用となると更にデザインが凝ったものや

サイズ変更・耐久性・季節感・カラー変更・加工方法・撮影方法等にも対応していく事もあるかと

思います。

また一般的なネイルを好む女性と、チップを使用する女性の需要というのはそれぞれ

異なります。あえてネイルチップを使用する人の事情やシチュエーションを細かく想定した上で

デザイン等を考える必要があるでしょう。

またフリマアプリ等では特にチップの販売だけではなくおまけ品の提供やラッピングサービスなど、

細かい付加価値をつけて他作家との差別化を図ろうとする動きもよく見られます。リピートを付けて

いくには自分にはどのような販促が適しているのか時間をかけて模索していく必要があります。

またどんなに良い作品を作っていてもそれが人の目に止まらなければ意味がありません。例えば

前述のフリマアプリにしても、作品数だけで数百万個もの作品が出品されています。

数百万の作品の中から10~20の作品を見つけてもらうのは至難の業です。コツコツと時間をかけ

ながら少しずつ出品数を増やし、露出を増やしていくように心掛けましょう。

またネット販売の場合は特に、ネイルチップのサイズや色見・イメージ違いなどのトラブルが多く

発生しがちです。画像やテキストでの説明を通してそのネイルを実際に装着した時と

同等のリアリティを、どれだけ具体的に再現できるかにかかっています。どんなに作品が素晴らしく

とも、画像や説明が悪ければほぼ売れません。また売れ筋や動向を把握する意味でも、出来れば

アルバイトでも良いので、ネイリストとして店舗等である程度の経験を積んだ上で販売を手掛けて

いく方が良いでしょう。

 

幾つかネイルチップの副業について挙げてみました。

ネイルチップ製作の仕事は資格も不要で、比較的誰でも取り組みやすい仕事であるうえ、

在宅ワークも可能な事から、副業仕事の中でも人気が上がっているように思います。

ですがそれゆえに競合者やライバルクリエイターが増え、売上を作る事が難しくなってきている

事は事実かと思います。自分にとってのウリは何なのか、時間をかけて作品を作り続ける中で

見つけていきたいものですね。

今回はネイルチップの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク