副業で派遣社員を始める前のチェックポイント

今回は副業で派遣社員を始める前のポイントについて挙げてみたいと思います。

最近では少しずつ企業が副業に対し、容認するといった動きも見え始め、副業に対する

考え方も変わりつつあります。

また副業で本業とは別の仕事をする場合でも、アルバイト・パート・派遣社員・フリーランス・

契約社員など様々な雇用形態がありますが、その中で特に副業として始めやすいと考えられて

いるのが派遣社員ではないでしょうか。

今回はそんな副業としての派遣社員について触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ派遣社員が副業に適しているのか

それでは数多くある形態の中でも、なぜ派遣社員が副業として向いているのでしょうか。

アルバイトでもパートでも大差はないと考える人もいるかもしれません。

ですが派遣社員にはそれだけ幾つかのメリットが存在しています。

・まずは待遇面。アルバイトやパートの場合には飲食やサービス業であってもせいぜい時給

1000円くらいが一般的。その点派遣社員の場合には職種によって1300~1500円

程度の仕事も豊富にあります。技術職等であれば2000円以上の時給設定になっている仕事

もあるでしょう。

・また本業を抱えている正社員の場合には仕事を探す「手間」も考えなくてはなりません。

忙しい中で面接に行ったり研修に行ったりという時間は少しでも減らしたいもの。

アルバイトやパートであれば1度退職をすれば、また求人探しから始めて、別の会社へ面接に

行く必要がありますが、派遣社員の場合には1社に登録をしておくと、その派遣先を辞めても

別の仕事を紹介してもらえる可能性があります。企業へのアプローチも含めて派遣会社が行って

くれるという事です。

・派遣は求人数の多さも魅力的。本業を抱える人にとっては、副業仕事で就業可能な時間帯や

職種が限られるといったケースも多いので、多くの求人がある派遣会社に登録をしておく事で

自分のスケジュールに合った仕事を見つけられる可能性が高まります。

 

・またあまり良い話ではありませんが、副業として始めるからにはその仕事の退職のしやすさ

も大事になってきます。例えばアルバイトやパート等の直雇用の場合には、特にその職場が

少人数制であったり、担当制の職場の場合には、退職をするにしても周囲に気を遣ったり、

辞めずらい雰囲気になる事も多いものです。その点派遣社員であれば退職の意向を伝えるのも

派遣会社の担当者に対して申し入れをする事になるので、派遣先の職場に直接言う必要はありません

もちろん契約期間を満了して辞める等、最低限の配慮は必要になりますが、様々な点から考えて

も、副業として考えた場合、派遣社員は働きやすい形態であるという事は言えるでしょう。

 

・また直雇用の場合にはお店や会社によってはサービス残業が発生したり責任の重い仕事を

任されるといったケースもありますが、派遣社員の場合にはタイムシートで管理されるため、

ほぼサービス残業は無いと考えて良いですし、基本的に人員が不足している仕事等を任される事が

多いため、それほど責任の重い仕事を任されるケースも少ないものです。本業を抱える人が

副業でも責任の重すぎる仕事をやらされては潰れてしまいます。自分への負担や健康面を配慮

して副業を選択するようにしたいですね。

副業で派遣社員を始める前のチェックポイント

それでは副業で派遣社員を始める前のポイントとしてはどのような点が挙げられるでしょうか。

①就業規則

副業をはじめる際にまず確認をしておきたいのが就業規則です。会社の中には副業禁止規定が

ある所もあるので、自分が勤めている本業の会社で副業がOKかどうかを確認しておく必要が

あります。また派遣会社にもスタッフ向けに就業規則があり、多くの派遣会社では副業に対しては

一般的には寛容な会社が多いです。念のため派遣登録時には副業となる旨を話しておいても良いでしょう。

②競合他社

派遣社員であったとしても、本業会社から見て派遣先が競合他社にあたる場合には、やはり

副業としてでもNGとなる可能性があります。やはり本業の競合・ライバル会社となるような

業種・職種はできるだけ避けるべきかと思いますし、どうしても派遣先が競合会社になって

しまう場合には本業会社・派遣会社双方に確認を取るべきかと思います。

③仕事量の多さ

派遣会社によってもその求人ボリュームは様々です。一般的には大手派遣会社の方が

求人の種類や量は豊富になりますが、会社の規模だけで派遣会社を判断するのは禁物です。

求人が豊富にあっても自分が希望する職種・業種の求人があるかどうかは分かりませんし、

営業マンが手一杯でエントリーをしてもなかなか連絡が来ないといった派遣会社も時々

見受けられます。口コミ等も参考にしながら検討するようにしましょう。

④派遣会社の種類

派遣会社には独立系・外資・専門系・大手資本など幾つかの派遣会社の種類がありますが、

自分が探している職種を豊富に抱えている派遣会社を選択するのが良いでしょう。

例えば看護師求人であれば大手よりも専門派遣会社の方が求人が多いケースもありますし、

英語など語学関連の仕事であれば外資の方が求人が多い可能性もあります。

どのような派遣会社であれば自分の希望する職種を紹介してくれるのか、派遣会社毎の

専門求人や得意分野を見極める事も大切です。

スポンサーリンク

⑤時給の高さ

派遣社員の場合、副業とは言ってもアルバイト等と比較すると時給は高めなケースが多く

なります。一般職でも1200~1400円程度の求人も多く、専門職等であればそれ以上の

時給設定の求人もあるでしょう。また例えば派遣先が同じ会社・同じ仕事内容であったとしても

例えばA派遣会社とB派遣会社が合同でその求人募集をしていた場合には、それぞれの会社で

時給が異なるケースも多く存在します。希望の仕事を見つけたら同じ求人を出している派遣会社

が他にもないかチェックしてみるのも良いでしょう。

⑥スキルと付加価値

派遣社員として副業を始める目的は人それぞれですが、多くの人は副収入が欲しいといった

目的である事がほとんどかと思います。ですがせっかく派遣社員を始めるのですから、それ以外

の目的意識を持つ事も大切です。例えば本業で培ったスキルが活かせる・派遣先で新しい技術を身に

付けられる・派遣先で多くの交流・出会いがある・将来的に紹介予定派遣を通して正社員を目指す

といったように、単純に副収入を得るだけの目的で終わらすのではなく、派遣先でのスキル向上や

付加価値を付けるといった事も大切になります。また最近では派遣法の改正もあり、教育訓練に

力を入れる派遣会社も少しずつ多くなってきました。また派遣社員の場合には、中途ではなかなか

入社が難しいような大手企業でも比較的入社しやすいケースも多くあるでしょう。

⑦疲労度合い

派遣社員の場合には、基本的には入社時に配布される就業条件明示書等に記載された業務内容

に従って仕事をしていく事が通常です。ですが中には元々予想もしていなかった業務に就かされ

たり、その日毎に違ったポジションで仕事を配置される等、派遣先によって仕事の割り振りが

曖昧になってしまうケースもあります。特に副業として派遣を始める場合、限度を超えた過酷な

仕事を割り振られると本業にも支障が出る可能性もあります。あらかじめ派遣会社の担当者などに

どのような仕事をするか・ポジションが変わる可能性はあるか等をきちんと確認しておくように

しましょう。

⑧福利厚生

本業の会社にも様々な福利厚生制度があるかと思いますが、当然に派遣社員の場合でもそのような

福利厚生制度を利用する事ができます。社会保険や有給制度をはじめ、健康診断や旅行・レジャー

施設の利用など多くの福利厚生制度があります。また大手と中小の会社では制度内容に差がある

場合もありますので、登録する前にどのような制度があるのか確認してみると良いでしょう。

⑨飲み会・仕事後の付き合い

派遣社員の場合にも、会社によっては仕事後に飲み会があったり定期的な集まりをしたり

といった会社もあります。派遣社員の場合にはプライベート外の付き合いは比較的少ない

ものの、派遣先のメンバーによってはやはりそれらの付きあいがあるようです。

この点も仕事紹介時に担当者に確認してみれば、大抵の担当者は答えられる筈です。あまりにも

プライベートな付き合いで出費が多すぎると、せっかくの副収入も減りますし、疲労がかさみ

本業に差し支える可能性も出てきますので注意が必要です。

⑩交通費

派遣社員の場合には、案件にもよりますが、交通費が支給されないケースがほとんどです。

その為、交通費は時給の中に含まれているという解釈であり、自分で負担する必要があります。

自宅から派遣先職場までどのくらい時間がかかるかといった事もありますし、本業の通勤で

定期などがあればそれとの兼ね合いも考えておく必要があるでしょう。

⑪中高年者の割合

一概には言えませんが、派遣社員の場合には30~40代以降になると求人数が減っていく

傾向があります。副業であってもそれは同様で、特に40~50代になると派遣求人でも

なかなか仕事探しが難しくなってくるケースもあります。

ですが一方では中高年歓迎といった派遣先が一部存在します。中高年以降でも働ける

職場が豊富にあるかどうかという事も、派遣会社選びの際には考慮しておくと良いかもしれません。

⑫短期・スポットの選択肢

派遣社員と一言に言っても長期間就業する仕事ばかりではありません。

2~3ヵ月の長期や数日の単発期間のお仕事など、期間も選択できます。

もしも本業のお仕事が多忙になる可能性があったり、まずはお試しとして派遣社員を

検討しているのであれば短期や単発派遣といった選択肢もあります。

ですが、特に単発派遣の場合は現在では法律で原則禁止となっており、収入条件等をクリア

しなければ単発派遣は出来ない事になっています。自分がその条件に当てはまるかどうか

事前に確認が必要です。

 

幾つか派遣社員と副業について触れてみました。

この他にも確定申告の有無や税金など考える点は幾つかありますが、それでも派遣社員は

副業としては取り組みやすい仕事が多いように思います。

興味がある方は一度検討してみるのも良いかもしれませんね。

今回は副業と派遣社員について挙げてみました。

スポンサーリンク