幹事代行の副業は稼げる?忘年会や二次会の注意点は?

今回は幹事代行の副業について挙げてみたいと思います。

大勢の人が集まる会やイベントでは幹事役が必要になるケースが多いものです。

同窓会・パーティー・飲み会・忘年会・二次会・宴会・サークル集まりなど、幹事がいないとどうしても取りまとめが上手くいかなかったり、企画や調整がスムーズにいかないといった事はよくあるもの。

ですが幹事は細かな仕事や面倒な手配も多いため、参加者の中でも幹事を積極的にやりたがる人が出てこないケースがよくあります。

そんな時に幹事役を代行して会を取りまとめるのが幹事代行の副業です。

スポンサーリンク

幹事代行の副業とは?

飲み会には参加してみたいけど、幹事役はやりたくないといった人は多いものです。

お店の予約を取るのも面倒ですし料理のコース決定や手配・やっとの思いで決めたお店でも後々に文句を言うメンバーもいたり、同窓会などでは面倒な案内状の作成や内容の企画・司会進行役など幹事役にはやる事がたくさんあります。

特に会社内では幹事が持ち回り制になっていたり、後輩がいつも幹事役になっていたりと、「嫌な役回り」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

それらの幹事の役割を代行してあげるのが幹事代行の副業です。

 

幹事代行は会場の手配や企画プランニングから始まり、HP作成や食事・ドリンクの手配・清算業務・案内状の作成や当日の写真撮影・出席者や欠席者の管理・お土産の手配など、細かな業務まで請け負って式を無事に完結させる、言わば縁の下の力持ちのような役割をこなす副業になります。

特に普段から人の世話を焼くのが好きな人や、普段から幹事役を任される経験が多い人であれば幹事役を副業にする事もさほど抵抗は感じないでしょう。

また幹事代行の依頼数自体は少なめであっても、以下のようなメリットがあるため、やり方によっては稼げる副業とも考えられます。

  • 会の参加人数が多くなればそれだけ単価が大きくなる
  • サービス業であり受注した時だけ仕事が発生する為、在庫リスク等がない
  • 会やイベントは土日祝に開催される事が多く、本業を抱える人の副業としても適している
  • 幹事代行をうまくこなせればその後のリピーターが付きやすい

 

幹事代行会社は幾つもある事から競合との差別化なども考える必要はありますが、まずは副業的に個人で始めていくなど少しずつ規模を広げていくという方法も考えられます。

 

飲み会で幹事代行が必要とされる理由?

飲み会では幹事が必要です。

中には飲み会はしたいけど幹事はやりたくないといった人も多くおり、代行業のニースはそこに潜んでいます。

それではなぜ飲み会には幹事代行が必要なのでしょうか。

  • 幹事は手間がかかり面倒
  • 幹事になると酔いにくい
  • 会場選びや料理選びにセンスが必要
  • 一回幹事を引き受けると他の幹事も頼まれるようになる(忘年会・新年会・懇親会など)
  • お酒が飲めないから幹事を引き受けたくない
  • 一生懸命会場をセッティングしても文句言う人がいる

上記の他にも幹事を引き受けたくないという理由は様々かと思いますが、飲み会では幹事代行が必要とされるケースが多々あります。

幹事を任されるという事はそれだけ周囲から信頼されている人という事もありますし、幹事を引き受けるメリットもあるのですが、それでも幹事をやりたくないという人は多いようです。

スポンサーリンク

幹事代行の副業は稼げる?

幹事代行の副業は稼げるのでしょうか。

まず幹事代行の一般的な料金体系を想定すると、全てを込みこみにしたパック料金制であったり、または会場や料理手配・案内状作成など、幹事の役割のうちの幾つかの主要項目だけに絞って請け負うプラン・もしくは顧客が希望する代行項目によってその都度料金を決定するプランなど、料金の設定方法には幾つか考えられます。

例えば食事料金や会場予約など全て込みの料金プランが参加者1人あたり7000円だとすると、その会への参加人数が全員で30名だとすれば計21万円。

一度の幹事代行でこれだけのお金が動くとなると、個人の副業としては十分な金額のようにも思えます。

もちろんそこから食事費や会場費などの諸々の経費を差し引く事になりますが、エリアに応じて各会場と提携しておいたり、料金の一部を参加者からではなく会場(レストランや宴会場等)から報酬をもらう事で集客を図りやすくするといった方法も考えられます。

もちろんその場合には駅近などの利便性の良い会場やコスパの良い料理を提供できる会場を提供できる会場を抑えておく事が必要になりますが、定期的な需要が見込めてかつ予約キャンセル等も少ないので、会場側としても提携・受け入れをOKしてくれる所も意外とあるのかもしれませんね。

 

忘年会を幹事代行に依頼するデメリット

年末ともなれば忘年会シーズン。

このシーズンは特に各地で飲み会が開催される事もあり、幹事代行の稼ぎ時とも言われる時期でもあります。

忘年会などの飲み会を幹事代行に依頼した場合、参加者にあまり負担がかかりにくいためメリットがありますが、一方では幹事代行を利用する上でのデメリットが生じる可能性もあり得ます。

ここでは幹事代行で考えられるデメリットを挙げてみます。

  • 料金が不明瞭になる可能性
  • 費用が高い(基本料金・オプション費用が高額など)
  • 代行業者が提携している会場に限定される事がある
  • 会にオリジナリティが無くなる(進行がマニュアル化)
  • 幹事代行者によって当たりハズレがある
  • 用意された景品が安っぽい
  • 少人数では幹事代行の利用が不向きな場合も

特に忘年会や新年会など雰囲気も重視される会では、幹事代行者の手配ミスや手薄なサービスにより、せっかくのムードをシラケさせてしまう可能性もあります。

そのため依頼者側から事前にその会の希望イメージを出来るだけ具体的にヒアリングしておく事が大切です。

 

幹事代行ビジネスの大変なところは?

幹事の大変なところは先にも少し挙げましたが細かな作業や手配が多い事です。

会場の予約から始まり案内状の作成・料理やコース選択・キャンセルが出た時の処理・当日の会場の座席位置・参加費の徴収や参加者の日程の調整・司会進行など多くの作業をこなす必要があります。

特に参加人数が多ければ多いほどこの傾向は強く、全員のスケジュール・日程調整は難しくなりますし、参加者それぞれの好みが違うので料理の選択も難しい・中には嫌いなものやアレルギーを抱える人もいるのでなおさらです。

また会社などの飲み会では役職者と一般社員の会費に差を付けるかどうかといった細かい点や、泥酔してしまった人の対処など、幹事というのは細かい部分にも目を配っておく必要があり、気遣いのあまり幹事本人はお酒で気持ちよく酔えるといった事は少ないかもしれません。

 

幹事代行の副業はそれだけやりがいのあるお仕事ではありますが、会をスムーズに管理・進行していくには慣れも必要です。

もし幹事役を引き受けた事がないという人や、これから代行業をやっていきたいという人は、まずはアルバイト等でも良いので式や会場の手配経験を持つ事から始めてみたり、周囲のサークル・交流会など小規模なイベントの主催者に企画提案をしてみる事から始めてみるのも良いかもしれませんね。

今回は幹事代行の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク