トランクルーム・貸し倉庫の副業

今回は貸し倉庫・トランクルームの副業について挙げてみたいと思います。

生活をしている以上は荷物や物品というのは増えていく事が普通です。

もちろんゴミに出したり人に譲ったりすれば荷物は減っていきますが、

簡単に捨てられる物ではなかったり、譲れるような物でなければ別途その荷物

のための保管スペースが必要になります。物が豊かになっていく昨今では

今回のような副業も検討してみる価値があるのかもしれません。

スポンサーリンク

トランクルームは何に使う?

誰の部屋の中にも普段は使わないけれど捨てられない物というのが1つくらいはある

かと思います。趣味の物やレジャー関連用品・幼い頃の思い出の品物・仕事関連の備品

や用品・粗大ごみに出しにくい大型家電など、部屋の中には意外と不要だけれども所有して

おきたい品物というモノがあります。そんな時にはトランクルームが便利です。

もしくは部屋の中には危なくて置いておけないけれども管理しておきたい書類がある・

旅行に行くので部屋の荷物を一時的に他の場所に移動させておきたい等、

リスク回避のためにトランクルームに品物を預けるといった手段もあります。

特にマンションやアパート等、部屋の面積がある程度限られた世帯や、家族が多く部屋が

狭い世帯など、トランクルームを借りておきたいといったニーズはある筈です。

トランクルームの種類は主に2種類

トランクルームの種類は主に2種類あります。

屋外トランクルーム

1つはコンテナタイプのトランクルームで屋外にある土地に設置されている

ものです。皆さんの中にも外出先等で一度はコンテナが置いてある所を見た事が

あるかと思います。配置する土地にもよりますが、主に住宅街に設置されている

事が特徴的で、家具や不用品など様々な物を物置のような感覚で利用できる

収納スペースです。また敷地内のため車でそのままコンテナ近くまで入れる

事が多いのも屋外型のメリットと言えます。

屋内トランクルーム

もう1つは屋内型でマンションやオフィスビル等を改装してルーム毎に仕切りを

作って収納スペースを確保したトランクルームです。都市部や住宅街・オフィス

街などで多く見られる形態のトランクルームです。利便性の良い場所に位置して

いるケースが多い事や、空調が完備されている事・鍵や防犯カメラが設置されて

いる等、屋外型と比較してもセキュリティ面に配慮されている事が多いのも

屋内型の特徴の1つと言えます。一概には言えませんが副業として検討した場合

には、管理のしやすさや利回り面をから考えると屋内型を中心に検討する人が

多くなっているかと思います。

スポンサーリンク

トランクルームの副業のメリットは?

トランクルームの副業のメリットとしては、まず一般的に言えば高い投資利回り

が期待できる事が挙げられます。類似として一般的な不動産投資と比較すると

不動産の場合にはせいぜい5~10%の利回りが確保できればまずまずといった

所ですが、トランクルーム投資の場合には20~30%の利回りを確保している

人もいます。満室経営までには時間がかかりやすいという難点はあるものの、

やはり一度満室になると退室が出にくい事や、不動産賃貸のようにリフォーム

といった大幅な原状回復コストがかかりにくいといった事も利点として挙げられ

ます。また不動産賃貸の場合には建物だけでなく設備・ガス水道電気などの

インフラがある為、初期コストや修繕費がかかりやすい難点がありますが、

トランクルームの場合には特別な設備等は殆ど使用しない為、修繕費や初期

コストがかかりにくく、結果的に投資額の回収機関を短縮しやすいという

メリットも享受できる可能性があります。また不動産賃貸の場合にはその部屋

が誰も入居していなければその期間は空き室となり収入は0ですが、トランク

ルームの場合には区分けして複数の顧客と契約をするのが一般的なので、

その分リスクも分散されやすくなります。また不動産の特色の1つとして

建物が傷む原因には居住者の普段の部屋や設備の利用の仕方が挙げられますが、

トランクルームには基本的に荷物しか置かない為、定期的なメンテがきちんと

していれば建物やルーム内も傷みにくく、また入居者間のトラブルのような

ものもほぼありません。また不動産賃貸とトランクルームでは顧客対象の要素

が異なる為、例えば賃貸に廻しているけれども空き室が続いてしまっている

といった物件でも、それをトランクルームに変えた事で収益性が増すといった

ケース事例もあります。一方で副業とは言えどトランクルーム投資にはある程度

の資金が必要になります。もちろん不動産賃貸と比較すればその物件的価値や

市場においての流動性は劣る部分はありますし、減価償却期間や固定資産税

等の税制面を考慮すればマイナス面はあるものの、それらを十分に払拭できる

程にトランクルーム投資の副業は検討してみる価値はあるのかもしれません。

トランクルーム・貸し倉庫は稼げる?

トランクルーム・貸し倉庫の副業は実際に稼げるのでしょうか。

ここでは収益計算について簡単に考えてみようと思います。

コンテナの価格を1基130万円と仮定します。ここでは5基のコンテナを

設置するとします。コンテナ1基内には4ルームが入っているとします。

つまり全部で4ルーム×5基=20ルームが確保できる事になります。

1ルームを月7000円で貸し出した場合、満室を想定すると

7000円×20ルーム×12か月=①1680000円の収益が期待できる

事になります。

一方で初期投資額を考えてみると1基130万円で×5基ですから

130万円×4=650万円。看板代や雑費等がかかったとして30万円程度

を計上すると初期投資額は②680万円。

①1680000円÷②6800000=約24%の利回りが期待できる

事になります。ただしこれは満室経営の場合で好立地でもそこまでいくには

時間がかかりますし、土地賃借の場合には当然に賃借料もかかってきます。

また管理会社に管理を依頼している場合にはその費用も計上しなければなり

ませんので、純粋な利回りはもう少し低めになる可能性も十分にあります。

他投資商品と比較してもその高利回りが期待できる点が貸し倉庫・トランク

ルーム投資の副業の魅力ではありますが、それだけに今後は競合者の増加や

立地の確保の難しさ等、ハードルが高くなっていく可能性もあります。

トランクルーム投資に興味がある人は一度検討してみるのも良いかも

しれませんね。今回はトランクルーム・貸し倉庫の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク