テープ起こしの副業

今回はテープ起こしの副業について挙げてみたいと思います。

テープ起こしとは会議やインタビュー・座談や講演会など、その発言者の録音された

声をテキストとしてパソコン等で起こす作業の事を言います。

紙に筆記する事もあるようですが、やはり今ではPC入力等で文字起こしをする

事が一般的です。個人でも可能な副業である事から、自宅等で作業に打ち込みたい人や、

入力が得意な人・長時間集中して作業ができる人には向いている仕事になるかもしれません。

スポンサーリンク

なぜテープ起こしが必要?

簡単に言えば発言や公演内容を文字に起こす事がこの副業なのですが、そもそもなぜ

わざわざ文字に起こす必要があるのでしょうか。

まず音声のままでも内容を聞き取る事はできますが、そのままでは音声ファイルの容量

としても大きくなり、やはりテキストにした方がサイズも小さくなる事から記録や保存が

容易になるという事は挙げられます。また紙ベースに落とす事で視覚的に内容を把握

しやすくなるという利点もあり、また例えばライターさん等の専門職に向けて記事向けに

文字に起こすというケースもあります。

テープ起こしの仕事内容は?

テープ起こしの副業の仕事とは言っても現在ではカセットテープを使用するケースは

稀で、ICレコーダーの音声記録やクライアントから送付されてくる音声ファイル・

動画コンテンツ等、デジタル系データが多く、テキストに起こす元も様々です。

またテープ起こしもその種類によって幾つかに分類され、「素起こし」「ケバ取り」

「整文」などの種類に分けられます。

素起こし

相槌や口癖など(ケバ)も含めて、全て文字に書き起こします。

一言一句書き起こすため、正確に書き起こす必要があります。

ケバ取り

不要な語句を取り除いて書き起こします。ケバ(不要語句)の

例としては口癖や言い間違いなどがあります。

整分

書式や様式の決まっているケースで用いられます。

例えば「です・ます調」で書き起こす等。

 

またテープ起こしの副業は客観的に考えると録音を文字に書き起こすだけなので

簡単でラクそうに見えてしまいますが、実際にやってみるとかなり神経を使い時間を消費

する作業だという事が分かります。やり方は人それぞれかと思いますが、まず音声ファイル

をいきなり文字起こしせずに1~2回全て聴く事から始まります。そしてその際に聞きなれ

ないワードや専門用語があった場合にはメモを取るなりしましょう。キーワードをチェック

しながら、ここで音声の大まかなイメージを掴みます。不明な部分は速度を落としたりして

確認を取ります。またキーボード操作が必要になりますので両手が使用できる状態での

媒体を使用します。

またこの副業は意外と神経を使います。まず音声がきちんと録音されていない場合には

何を言っているのか聞き取るだけでも疲れますし、同じような声質の人が数人混じって

いたりすると、それがAさんの声なのかBさんの声なのかも区別が付きづらい事も

あります。また録音がなされたシーンによっては専門的な用語やビジネス用語等が

飛び交う事もあり、その用語を調べて理解し文字に起こすという作業だけでもかなり

時間がかかります。また例えばその録音現場が会議室だったとして、自分が実際にその

会議室にいれば目に見えているので発言が重なったとしても、誰が発言しているのか

分かります。しかしもちろんテープ起こしは目に見えず録音だけで判断するので

発言者がジェスチャーが中心であまり言葉にしていなかったとしたら、どのような話の展開

になっているのか分からなくなる事もありますし、声の小さな人やあやふやな発言があった

としたらこれもまた文字の起こし方に困る事もあるでしょう。また単純に文字に起こせば

良いというだけでなく、後で見て全体的に整合性の取れた文章になっていなければならない

ので、聞いた声だけ単純にそのまま文字に起こせば良いという考え方は少し危険です。

一般の人からすると2~3時間で完成する作業というふうに思われる事もありますが、

実際には1時間の録音で5~8時間・人数が多い公演や会議などであればそれ以上かかる

事もあるでしょう。テープ起こしは在宅でもできる副業であり始めやすい仕事でもあり

ますが、作業に慣れていない限り報酬の低さの割には時間と労力がかかりやすい副業でも

あります。

スポンサーリンク

テープ起こしの副業をはじめるには?

テープ起こしの副業をはじめるには大きく分けると3通りあります。

1つ目は伝手がある場合に限られますが、取材系のライターさん等にテープ起こしの

仕事をもらう事。これは知り合いがいない限り難しいかもしれませんね。

2つ目はテープ起こし専門会社から仕事をもらう事です。専門会社に就職するという

人もいますし、会社から業務委託等の形で仕事を請け負うという人もいるでしょう。

報酬も月給制の所から○○文字~円といったように出来高制になっている会社も多く

あります。

3つ目はフリーランスとして仕事をしていく事です。特にどの会社に属すという事も

なく、依頼があれば引き受けてその都度報酬をもらうといった形。特に在宅が必要な

主婦の方などはこの形態が始めやすいのかもしれません。仕事やクラウドワークスや

ランサーズ等、クラウド系サイトでも見つける事ができます。報酬はクライアントにも

よりますが、30分の文字起こしで5000円前後~といった所でしょう。

テープ起こしの副業のつらい所は?

テープ起こしの副業のつらい所はまず先にも書いたように精神的にもストレスがかかり

やすい作業です。一回聴いただけで文字起こしできれば良いですが、当然に一回で済む

事は少ないもの。何度も聞き直すという工程が発生し、また部分部分で同じ発言を聴く

ハメになる事も多いのでイライラが募りやすいという人もいるでしょう。また作業には

時間がかかりやすいので時給換算して時給1000円以上の収入を得られればかなり良い方

というか、かなり慣れている人だと思います。また文字起こしの制度の高さは属している

会社やクライアントの評価にも直結するので正確で集中力を切らさない作業が出来る人に

向いているのかもしれません。

また稀ではありますが、テープ起こしの副業絡みの詐欺事件が発生したケースもあります。

仕事には専用の再生装置等が必要になる場合もありますが、高額な機材の購入を迫ったり、

副業には教材が必要という宣伝で煽る・費用が発生する架空の研修を実施するといったように

副業商法とも言える悪質な詐欺事件が以前に発生した事があるとも聞きます。

在宅ワークや高収入といったキーワードにはこの手の悪質商法がつきまといやすい傾向が

ありますが、くれぐれも高額な入金を迫られたり、調子の良い話には引っ掛からないように

したいですね。もちろんこれは一部の話で、テープ起こしの仕事自体はきちんとしたお仕事

の1つです。今回はテープ起こしの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク