造園士・庭師の副業

今回は造園士・庭師の副業について挙げてみたいと思います。

今でも街中を歩いていると個人宅でも立派な日本庭園を見かける事がありますね。

庭石や樹木・池などを見てもプロが手掛けた庭かどうかは素人でもなんとなく分かるものです。

昔と違い今では洋風作りの建築・庭園が主流になっている為、純和風の庭園を見かける数は

少なくなりましたが、それでも広大な庭をいつまでも美しく保つためには造園士などプロの技術が

必要とされます。またただ単純に庭を手入れすれば良いという訳ではなく、建物との色彩バランス

や調和・植物などの配置などによって庭の見た目は大きく変わる事からセンスが問われる仕事

でもあります。

スポンサーリンク

造園士・庭師の仕事内容は?

庭師や造園士と言えば個人宅などで大きなハサミを使い草木を刈っているような仕事をイメージ

する人も多いかと思いますが、実際にはそれだけではなく薬剤の散布や剪定・草刈りや庭造りなどの

仕事も含まれてきます。また個人宅だけではなくマンションや街路樹・公共施設・公共工事関連の仕事など

請負先としても様々。特に昨今では個人宅の庭師としての仕事は激減しており、本来の仕事とは

あまり繋がりのない土木や建築工事関連の仕事を同時に請け負う会社も多くなっています。特に若年層

の間ではガーデニングに凝る人は多くいても、庭造りに興味を示す人は少なくなってきました。

しかし個人宅においての造園需要が減る中で、一方では癒しを求める空間や自然をコンセプトにした店舗・

ホテルや高給料亭の空間造り・屋上での造園など、本来の造園場所以外での仕事を受注する機会も

あるようです。

さて造園の仕事内容としては大別すると、植木を植えたり泥入れをする「植栽業務」、植木等の剪定を行う

「剪定業務」、庭を作る「造園業務」に分ける事ができます。造園士や庭師の仕事の進め方としてはまず

依頼主の希望イメージを汲み取り、庭の日当たりや樹木・草木の配置・排水や環境を考慮して設計をする

事から始まります。そしてその設計を元に地盤作りをし樹木や草木の配置を決めたり池や石の位置を

変えたりして完成イメージの空間に近付けていきます。また依頼者の要望によっては土台を作ったり

ブロックの解体・砂を撒いたりと造園というよりは土木に近い作業をする事もあります。

造園士や庭師は造園会社などに就職するタイプと独立してフリーで働くタイプがいます。造園会社に

勤めた場合、収入としては300~400万円台に落ち着く事が多く、会社や仕事量によってはそれ以下

の会社もあります。大きく稼ぎたいのであればゆくゆくはフリーの道を考える機会も出てくるでしょう。

若い頃は造園会社で下積みをし経験を積んでから独立してフリーになる造園士も多いものですが、

フリーになればある程度自分でスケジュールを組む事もできますし、経費を除く収入はほぼ自分のもの

となる為、営業力や技術に自信がある人はフリーの道を検討しても良いかもしれません。また庭師の場合

には許可等も必要ない事から極端な話、誰でも庭師と名乗る事が出来ます。しかし実際に仕事に結び付け

られるかどうかはその営業力や経営手腕に委ねられる所であり、フリーになってサラリーマン時代より

年収が下がってしまったという庭師も少なくありません。また造園会社などに雇われの場合でも1案件につき

いくら・1日の日給がいくらといったように日給制になる事が多く、中には賞与が付かない会社や保険が

付かない小規模経営の会社なども多くあります。キャリアアップの為に造園技能士や造園施工管理技士

などの資格取得を検討する道もありますが、大手造園会社などに勤めた場合には資格がキャリアに繋がって

いく可能性はあるものの、やはり基本的には職人肌の世界であり、人との繋がりや信用・技術が評価

されやすい世界でもあります。また現在では親方に弟子入りして仕事を覚えていくといったスタンスを取る

若年層も少ない事から、後継者不足などに悩まされる事業者も出てくるでしょう。

スポンサーリンク

造園士・庭師の副業は稼げる?

さて造園士・庭師は稼げるのでしょうか。雇われの庭師の場合、日給制となっている会社が多く

金額として日給1.5~2万円程度の所が多いかと思います。金額的に見ればアルバイト等よりは良いですが

会社によっては定期的に仕事が発生しない事や造園以外の工事仕事などをする事も多く、安易に金額だけ

では判断できない部分もあります。

一方でフリーの場合には上記と同様に日給を例えば2万円程度と考えると、一般宅の年間管理の回数が

年3回程度と仮定しても1件あたりから頂ける年間料金は6万円程度。サラリーマンの平均年収が

400~500万円とすれば庭師がそれと同等の金額を稼ぐには70件以上の顧客を抱えておく必要が

ある事になります。今の庭の仕事減の状況下で新規で50件以上の顧客を継続して確保していく事は中々

困難でしょう。

またその他にもフリーの場合には道具費・ガソリン代・保険費・剪定処理料など諸々のコストを自己負担

である事を考えると利益を圧迫します。タイトル通りのたまの副業仕事としては良いかもしれませんが、

本業として庭師を考えた場合にはかなりの労力が必要です。

造園士・庭師のつらい所は?

まず先にも書いたように職人肌の世界である為、下積みという考え方が今でも優先されやすい傾向が

あります。師匠となる人がいたとしても高齢者である事が多く、まず数年は下積み経験を積んでから

やっと本格的に庭仕事をさせてもらえるといった事も多いでしょう。そのため最初は立派な日本庭園を

造りたいという夢や目標を持って庭師・造園士になったとしても、入って間もない頃は道具の手入れや雑務

等しかやらせてもらえず、また何とか歯を食いしばって数年修行を積んだとしても、今では大手業者でないと

中々まともな庭仕事を抱えているケースも少なく、結果的に付随する土木作業等しか出来なくなるとも

限りません。また特殊な職種である事から中高年になって途中で転職を試みたとしても、中々潰しが効きに

くいのもこの仕事の難点と言えます。フリーになるとしても、師匠や会社からの仕事のコネ・伝手があったり

建築会社や不動産会社とのパイプ・個人宅の得意客を掴んでからの独立が望まれます。

また庭をいじる事から当然に季節によっては害虫に遭遇する事も多く、よく知られた毛虫や蜂・蚊などは

よく見かける害虫ですが、その他にも草木や植物に被害を与えるような害虫であれば取り除かなければ

なりませんし、自分が刺されないようにする為にも防虫器や防服を着用して作業をする必要があります。

害虫の種類や刺され方によっては健康を害するほどの症状になる事もあり、慎重な作業が求められます。

また造園士や庭師は天気や時間帯に左右されやすい仕事でもあります。屋外での作業になる事から

雨や雪の日は作業を中止する事もありますし、強風の日は高所での作業が出来ない事もあります。

また時間帯としても明るい時間帯がメインとなり、朝早くから日の暮れるまでの作業になりますが、

当然に真夏は暑い炎天下での作業になりますし、真冬は寒空の下での作業になります。特に真夏日は体力

を消耗しやすく、定年などの年齢制限がない職種ではあるものの、実際には中高年以降は体力的に

リタイヤしてしまう庭師も多いかと思います。

庭師や造園士と言うと憧れを持つ人も多いかとは思いますが、特別な免許事業でもなく業界自体の今後の

仕事減も予想される事から、なかなか厳しい世界でもあります。また多少技術が備わった人であれば

ちょっとした庭仕事は自分で行ってしまう人もいますし、また日本的な庭園の美しさを今の人たちに理解

してもらう為の要素も別途必要であり、やはりこの仕事の厳しさを痛感する所もあります。

副業的に少しずつ経験を積み顧客を獲得していく中で徐々に本業にシフトしていく等、働き方もよく検討が

必要なのかもしれませんね。今回は造園士・庭師の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク