Webデザイナーの副業は稼げる?未経験・独学から始めるには

今回はWebデザイナーの副業について挙げてみたいと思います。

現在ではWebは日常生活に無くてはならないものとなっており、情報収集やコミュニケーション・ショッピング等の娯楽でさえもネットで済ますという人が多くなっています。

また企業だけでなく個人でさえもwebサイトを所有する時代になり、企業サイトだけでなく個人もサイトやブログを運営している人を多く見かけます。

サイトを運営する上で大切な要素の1つになってくるのがデザイン。

印象に残りやすいデザインやお洒落なデザイン・個性的なモノまで様々なサイトがあり、デザイン次第でサイトの印象を大きく左右する事も多く、大切な要素となっています。

スポンサーリンク

Webデザイナーの仕事内容は?

Webデザイナーの仕事内容はWebサイト等のデザインをしていく事が基本的な仕事内容になります。

主な作業内容としては以下の事が挙げられます。

  • 企画
  • ワイヤーフレーム作成
  • デザインカンプ作成
  • コーディング

まずは企業や一般個人から依頼されたテーマや案件に応じて、デザインの配置を考えていく事になります。

Webデザイナーの仕事は、クライアントの要望を聞きながらそのサイトの全体イメージ・レイアウト・サイトの構成・全体的なボリューム感など大まかな枠組みを決定する事から始まるのが通常です。

大まかな枠組みができたら、次にサイトの配色やロゴ・アイコンの配置などを決めていきます。

そして配置が決まったら、実際のコーディングに入っていきます。

 

コーディングではHTML・CSS・Javascriptなどが主に使われる言語ですが、設計されたレイアウトに沿って画像やロゴ・アイコンなどを配置していきます。

またデザインの美しさはもちろんですが、全体のバランスを考えユーザーが使いやすいサイト設計にする事が求められます。

ユーザーの使いやすさや見た目の美しさも意識しつつ、事前に決めた大まかなレイアウトに沿ってロゴやアイコンなどのデザインを行います。

最終的なデザイン の調整はミリ単位で行われるため、Webデザイナーには集中力と根気が不可欠です。

後から随時修正をかけていく事も出来ますが、まずはクライアントの要望を聞き、図や写真画像を交えて希望に近いサイト等を参考にしながら徐々にデザインを組み立てていきます。

 

Webデザイナーと言うと黙々とPCに向かって作業をするイメージですが、実際にはクライアントや周囲のデザイナーとのコミュニケーションが重視される仕事です。

またクライアントは全くの素人であるケースも多い事から、当然にデザインだけでなくサーバレンタルやファイルアップロード等、ドメインの取得などもデザイナー側で行う事もあります。

併せてクライアントの要望によってはサイト作成後も更新業務やメンテナンス作業などといった付随業務を請け負うようになる事もあるでしょう。

 

Webデザイナーの副業は未経験・独学でも可能?

Webデザイナーには独学でなる事もできます。

HTMLやCSS等は独学でも十分に学習可能ですし、その他の言語も独学で学ぶ人も多くいます。

またスクールの活用を活用して学習している人もいる事でしょう。

スクールに通うことで同じ志を持つ生徒との情報交換などが出来るメリットもあります。

ですがもし可能であればやはりWebデザインを手掛けている会社に就職をしてしまった方が上達は早いです。

特にクライアントからの期日や時間に追われながら必死にサイトを作っていく方が上達が早いケースが多く、基礎的な知識を身に付けたらまずはどこかの会社にアルバイト等で入社してしまうような方法も有効かと思います。

また上司や先輩など、自分のデザインやコーディングを見てくれる人が周囲にいるというのもWebデザイナーにとっては大きな力となるでしょう。

 

Webデザイナーの副業の収入は?

Webデザイナーの副業は稼げるのでしょうか。

Webデザイナーは正社員であっても、年収は350~400万円が平均となっており、他業種と比較してもさほど高い年収ではありません。

派遣やアルバイトの場合は多くは時給制となりますが、相場としては時給1000~1500円程度の仕事案件が多く、年収ベースでは200万円代となる事も多いでしょう。

例えばアルバイトで週2日で1日5時間程度勤務したとしても、月に5~6万円の副収入にはなるので副業としても成立はします。

経験があればアルバイトでも2000円前後の時給が発生する事もあります。

 

また単価は安くなりがちですが、クラウドソーシングなどで個別に仕事を請け負っていく方法もあります。

この場合には在宅ワークとして自分のペースでできるのが利点でもあります。

特にLPなどは案件によっては数万円で受注できる事もあり、Webデザイナーの副業としても検討したい所です。

もしくは最初のうちは友人・知人から少しずつ仕事を引き受けていく方法もありますし、慣れてからはWebデザイナーとして独立し、サイトを立ち上げ自分で集客を図っていく方法もあります。

 

アルバイトなど、会社に属してWebデザイナーを副業とする場合には、javascript・phpのスキルがあったりワードプレスが得意・Flashができる等、個別のスキルがあると収入もアップしていきます。

またWebデザイナーと一言に言っても、オペレータクラスのデザイナーもいれば、企画やスタッフのマネジメントができるデザイナーもおり、特にコミュ力の高いデザイナーなども重宝されます。

 

特にWebデザイナーはPC・デザインスキルも去ることながら、やはり周囲やクライアントとのコミュ力の高いデザイナーが出世をしている傾向があるように思います。

デザインやコーディングスキルだけでなく、対人とのコミュニケーション力が求められるのはこの世界でも同じですが、Webデザイナーは仕事の仕方や作業場所においても自由度が高い仕事と言えます。

 

Webデザイナーの仕事の探し方は?

Webデザイナーだからと言って特別な仕事の探し方がある訳ではないと思います。

もし以下のような会社に知り合いや友人の伝手があれば、紹介をしてもらうように頼んでもらうのも良いでしょう。

  • WEBサイト製作会社
  • WEBサービス会社
  • フリーランスのデザイナー
  • 広告代理店勤務
  • 在宅デザイナー

もしくはWEBデザイナーの求人が多い求人サイトから検索をかけていく方法もあります。

  • Find Job!
  • Green
  • キュリア

または一般の求人検索サービス等を利用するのも良いでしょう。

  • 求人誌
  • 会社関係のWebサイト
  • ハローワーク
  • 求人エージェント
  • 学校・スクールにある求人

スポンサーリンク

Webデザイナーの求められるスキルやソフトは?

使用する言語としてはHTML・CSSを基本言語としており、使用ソフトとしてもillustratorやPhotoshop等のソフトを使用する事が多くなります。

またサイトに動きを付けるJavascriptやサーバサイド言語のPHPを使用する事もあります。

ご存じの方も多い通りHTMLは文章や画像を示しCSSではそこに色や配置・フォント等を位置付ける事が出来ます。

そしてイラストレーターやフォトショップを使用してサイトの色彩や画像合成などをする事もでき、徐々に要望通りのサイトに近付けていきます。

昔はHTML/CSS等のマークアップ言語が分かればwebデザイナーと名乗っていた事も多かったですし、今でもそのようなデザイナーさんは多くいますが、特に最近ではワードプレス等のソフトウェアを使用する企業や個人が多い事から、出来ればPHPなどその他の言語も分かると尚良いかと思います。

 

在宅ワークでWebデザイナーの副業をする事は可能?

Webデザイナーは在宅ワークとして仕事をしていく事も可能です。

主にフリーランスの人などは在宅で仕事を請け負っている事も多いでしょう。

ただし在宅の場合には会社勤めの場合よりも報酬が下がる可能性も多くなります。

Webデザイナーの仕事はスキルがあるだけで仕事が舞い込んでくる訳ではなく、その存在を周囲に知ってもらわなければなりません。

最初のうちは友人・知人から徐々に電話やSNSで広めていく事も大切ですし、またイベントや交流会に出席して自分のスキルをアピールする事も求められます。

 

また自分を売り込むポイントとしては、仕事を依頼しやすそうな雰囲気を作っておく・ハードルを低めに設定しておく事も大切です。

見ず知らずの人に仕事を頼むという事は、依頼者側からすれば少し勇気のいるものです。

最初のうちは低単価でもコツコツ仕事を受注していく事で、徐々にそこから口コミ等で広がり、受注数も増えていく事でしょう。

 

Webデザイナーはセンス?努力?

Webデザイナーと言うと限られたセンスを持っている人や、生まれつきの能力を持った人しかなれないのでは?と考えてしまう人もいるかもしれません。

ですが実際には経験や努力でカバーできる事の方が多いものです。

デザインセンスでさえ理屈や論理があるので、その通りにすれば見栄えの良い美しいデザインが出来上がります。

 

またデザインセンスを上げる簡単な方法の1つとして「トレース」が挙げられます。

見本としたいWEBサイトやバナーをトレースしていく事で、そのデザインの良さを感覚的に掴んでいくことが出来ます。

またトレースをするとしても、製作者がなぜその色にしたのか・なぜここに配置しているのか等を意識しながらトレースをする事が大切です。

Webデザイナーは努力でカバーできる部分が多いという事は意識しておきたいですね。

 

Webデザイナーに資格は必要?

結論から言えばWebデザイナーに資格は必要ありません。

実務さえ出来ればデザイナーを名乗ることができます。

実際にクライアントからの信頼面においても、資格の有無ではなく普段からのコミュニケーションや仕事の納品から生まれる事が多いものです。

ですがWebデザイナーとしてのスキルを企業側に認めてもらうには、時には資格の取得が有効になる場合もあります。

例えばWebクリエイター能力認定試験やHTML5プロフェッショナル認定資格・ウェブデザイン技能検定など様々な資格や試験がありますが、資格をアピールできるだけでなく勉強した内容が実務で役に立つこともあるでしょう。

もし学習する意欲がある方はこのような資格取得を検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

Webデザイナーのこれからは?

実際の面を言えばWebデザイナーの数は多く、今では飽和状態と言っても良いくらい今ではWebデザイナーは多く存在します。

しかし仕事が全くないかと言えばそこまででもなく、求人等をこまめに当たっていけば仕事にあり付く事は可能です。

会社の求人等を見るとどちらかと言えば正社員求人よりは派遣社員・アルバイトでのWebデザイナー求人が多いので、副業としてやるのであれば派遣社員やアルバイトから入る事を検討しても良いでしょう。

また会社によっては夜間など時間拘束が長い企業も多い事から、時間外手当などで大きく稼げる環境もあります。

しかしどのような働き方を選択したとしても現在のWebデザイナーの単価はかなり低価格化が進んでおり、無料web媒体が多くなって来たり外国人プログラマーの進出の影響など今後も低単価が続いていく可能性があります。

今後はデザイナーとしてのスキルだけでなく例えばマーケティングやSEOスキル等、他のデザイナーと競合しても競い合える高度なスキルが必要とされていくのかもしれません。

 

Webデザイナーのつらい所・きつい所は?

Webデザイナーのつらい所はまずクライアントの要望によってはかなりタイトなスケジュールで作業を進めなければならない事があります。

深夜に近い時間帯でも仕事をしている人はいますし、複数の案件を抱えている場合には特に忙しくなる事も多いでしょう。

またデザイナー事務所の中には個人事務所も多く、数名の少数なデザイナーで仕事をこなしているオフィスもあり、中には会社に泊まり込みで作業をしている人達もいます。

そのため思うように休日が取れなかったり残業続きで転職を考えているデザイナーも多くいるかと思います。

副業としてWebデザイナーを始める場合には本業に支障が出ないようにスケジュール調整をしていく必要があります。

 

またWebデザイナーと言うと、お洒落な仕事のように感じる人もいるかもしれませんが、実際には泥臭い作業が多く、コツコツ・黙々とした作業が多かったり、訂正作業に追われる事もあります。

コーディング見直しやクライアントからの修正依頼・他スタッフとのスキルの違い等、一見スマートに見える職ではありますが実際には重労働であったりもします。

 

また自分なりにスキルを身に付けたとしてもそのスキルが10年後も同じように通用するかと言えばそうとは限りません。

「プログラミングが出来れば喰うには困らない」といった言葉をよく聞いたものですが、実際に将来どのような事が起こっているかは誰にも予見できないものです。

その意味ではWebデザイナーとしても周囲の変化に合わせて、自分の知識や自身のスキルを磨いていく意識は常に必要になるという事は言えます。

厳しい部分もあるWebデザイナーの副業ではありますが、とは言えその仕事が本当に好きであれば苦にもならない筈。

興味がある人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

 

Webデザイナーの副業まとめ

Webデザイナーの副業について挙げてみました。

在宅ワーカーの増加や副業ブームの中、Webデザインのお仕事も以前よりかなり注目されています。

またサイトやブログの作成・プログラミング学習などが容易に行えるようになった事も、デザイナー志望者が多くなった理由の1つなのかもしれません。

ですがそれだけに仕事として成立させるのは簡単ではなく、努力や工夫が求められます。

興味がある方は他サイトに素晴らしいデザインのサイトがありますので、参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

今回はWebデザイナーの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク