テレアポの副業

今回はテレアポの副業について挙げてみたいと思います。

商品を販売するにあたり、営業は必須と考える人も多いかと思います。

人に勧められて始めてその商品の重要性を知る事もありますし、他人に提案をして

みる事で始めて自社の製品の弱みを知る事ができる場合もあり、また電話を通して

交渉をしてみる事で今のニーズを知る事にも繋がり、単純にテレアポとは言っても

そこから得られる要素は大きいものです。しかしテレアポは一般的には精神的なタフさ

が求められる事も多く、ハードな仕事でもあります。

スポンサーリンク

テレアポの仕事内容は?

テレアポとはご存じの方も多い通りテレフォンアポイントメントの略です。電話勧誘を通して

交渉や面会の約束を取ったりセールスをするお仕事と言って良いでしょう。昔は企業のデスク

にずらっと電話が並べられていて従業員が一斉にダイヤルし手動で電話掛けをしていたものですが、

今ではPCでオートコールを導入している企業も多く、スタッフは各自インカムを付けて顧客との

交渉内容を履歴としてPCに入力するといった形が一般的かと思います。その為出来れば話しながらの

ブラインドタッチ程度はできる事がスキルとして望ましいと言えます。またコールが終わると

スタッフの履歴入力時間もデータとして記録されている場合が多く、また会話内容も録音がなされて

おり、その交渉内容を品質管理や応対品質の改善として役立てている企業も多いものです。

また履歴入力が完了すれば自動的に次の顧客へ電話発信がなされていたり、スタッフの休憩時間等も

PCで細かく時間管理されているケースも多く、勤務中の他従業員とのお喋りや休憩時間超過など、

無駄な時間の排除を徹底しているセンターもあります。

テレアポの顧客としては個人・法人がメインになります。まず個人へのテレアポに関しては主にインサイト

と呼ばれるような全く新規のサービスや商品を勧めていく事も多くあります。保険・不動産・金融商品

のテレアポはよくありますし、自社の既存顧客に向けての新商品の販売や営業なども含まれてきます。

既存客であれば既に自社のサービスを利用してくれている為、ある程度話を聞いてくれる顧客も多いもの

ですが、基本的に個人へのテレアポはガチャ切りされる事が多く、ほとんど顧客に話を聞いてもらえない

事が殆どです。どの商品であったとしても顔の見えない営業マンから商品を購入するというのはハードルが

高く、例えば保険勧誘であれば「お忙しい所失礼致します。保険の、、」という言葉を口にした瞬間に電話

を切られる事もしばしば。その為まずはなんとか話をこぎつけ、直接交渉の為のアポイントを取るに留まる

といったケースも多いものです。電話件数も1日に数百件の電話をかける事になりますし、アポが取れた

としてもそのアポ率は高くても恐らく3~5%程度。特に個人へのテレアポは精神的なタフさが求められ、

またアポイント数や契約数によってセンター内の評価が決まってしまう事も多い事から、短期間で精神的に

病んで退職をしてしまう人も少なくありません。その為初めてテレアポに挑戦する人はシンプルな資料送付

や既存顧客への案内など、ハードルが低めのテレアポを選択するのも良いでしょう。

一方で法人顧客へのテレアポの場合、まず個人とは異なりガチャぎりされる事というのは少ないものです。

やはり法人ゆえにこちらからの電話がテレアポと分かっていても比較的丁寧な対応をしてくれる所も

あります。また法人相手の場合にはその企業の現在の問題点を探って解決に導くようなソリューション

営業や、企業が抱えているトラブル・注文に応じた言わば御用聞きに近い営業も少なくありません。

その為個人相手のようにガツガツ件数をかけていくスタンスというよりは、比較的相手とじっくりと交渉を

重ねていく姿勢の方が法人は多いと言えるでしょう。電話相手が小規模な会社や個人事業主の場合には

相手側も営業中であったり転送電話にかけてしまったりといった事で怒られてしまうケースも時には

ありますが、個人のような対応をされる事は少ないものです。

しかし法人の場合、キーマンに電話を繋いでもらえるかどうかは別問題であり、担当者や決裁権のある人物

に電話を繋いでもらえず受付段階でシャットアウトされる事も少なくありません。また電話をかける

オペレーター側のスキルとしても個人と比較すると高めのスキルが求められる事が多く、法人経験が

ない人は求人段階で採用に至らないといったケースもあります。しかし法人営業経験を積めば個人営業

はもちろん、他営業職への潰しが効きやすくなる事もあるので、機会があれば経験を積んでおきたい所です。

スポンサーリンク

テレアポは体育会系?

さてテレアポやオフィスワークと聞くと、落ち着いた雰囲気で仕事をしているようなイメージを持つ

人も多いかと思います。実際にそのような雰囲気で仕事をしているセンターも多くありますし、

上司や管理者の人柄や社風に左右される部分も多いでしょう。

しかし実際のテレアポ現場というのは意外に体育会である所も少なくありません。月や日毎の目標

件数や契約日数・ブース毎の目標垂れ幕がズラッと貼られたオフィスや、時間単位で大きな声の檄や

罵声が飛び交う現場も少なくありません。また社員であるSV(スーパーバイザー)が数人のスタッフ

が就業するブースの島を預かり、他ブースと数字を競わせるといった体制を取っている企業もまだまだ

多いでしょう。それだけ社内での競争意識が激しい現場も多く、また離職率も高いセンターが多い

のがテレアポの特徴の1つでもあります。例えばあるセンターでは上司がマネージャーに怒鳴られたり

何時間も詰められる姿はよくある光景ですし、また別のセンターではまるで役所からの調査電話であるか

のように見せかけたトークスクリプトで顧客を勧誘している姿もあったりと(一応は弁護士が合法と判断

したスクリプト)何としても1件のアポを取るといった「執念」に近いものを感じるセンターも多いもの

です。そのため職場に精神的な安定を求めていたり数字によって評価される事を嫌う人はテレアポは

向かない場合もあるのかもしれません。しかし逆に言えば努力や数字成果を給与に反映させたい・周囲よりも

多くの収入を得たいといった思考の人には向いている事も多く、特にセンターによっては賞与やインセン

ティブが支給される所もよくあります。中には社長賞や社内賞を取るような優秀なアポインターには50~

100万円を超える月収を得るスタッフもおり、自分のトークスキルに自信がある人は挑戦してみるのも

面白いでしょう。またテレアポの面白い所は、電話なのだから誰がかけても一緒、、ではないという所です。

スタッフによって数字が取れるスタッフ・そうでないスタッフは明確に分かれます。こればかりはセンス

としか言いようがありませんが、例えば主婦層と長時間話し込んでいつの間にか契約に繋げてしまうアポイ

ンター・お年寄りの人に話をするのが上手いスタッフ等、スタッフによって各々スキルは違います。

自分が人にモノを勧めるのが上手い・営業センスがあると思う人はテレアポをやってみるのも良いかも

しれませんね。また勤務時間も3~8時間など、比較的シフトが組みやすいのもテレアポの利点でもあり、

本業を別に抱えている人や家庭を持つ主婦など、時短勤務を希望している人が副業としてテレアポを

こなす人も多くいます。しかしコールセンター等は特に女性スタッフが8~9割を占める事が多い為、

男性がテレアポ就業をする場合には少し肩身の狭い思いをする事もあるかもしれません。

テレアポの副業は稼げる?

テレアポの副業は多くはアルバイトやパート雇用である事が多く、また時給もそのセンターによって

様々です。ですが一番多い形態は1000~1500円+歩合(インセンティブ)の給与設定が多い

かと思います。1000円前後の基本給が設定されており、その他は別途営業成果に応じて歩合給が

支給されるといったケースです。そのためアポが全く取れなくても給与がもらえないといった会社は

今では殆どありませんし、成績が良ければ相場以上の給与がもらえます。毎月成績に応じたインセン

ティブを支給している会社は多いですし、定期的に社内賞等の賞を設けている会社・半年毎に賞与を

与えている会社もあるようです。例えば時給1000円で1日5時間勤務・週2日程度就業したと

すると、成績が上がらなかったとしても月に4万円程度の副収入を得る事ができ、副業としても成立

します。また座り仕事である事から体力は殆ど使わない仕事でもあり、その点でも副業向きとも言えます。

ただし先に書いたように営業成果に厳しい職種でもありますし、また体力的な疲労はなくとも精神的な

タフさが求められやすい仕事でもあるので、まずは挑戦してみて自分の向き・不向きの適性を確かめて

みるのも良いかもしれませんね。

厳しい所もある電話営業ではありますが、興味のある人は挑戦してみるのも面白いのではないでしょうか。

今回はテレアポの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク