自販機補充アシスタントの副業

今回は自販機補充アシスタントの副業について挙げてみたいと思います。

すっかり日が暮れるのも早くなり最近では早くも冬の訪れを感じますね。

気温が低くなってくると温かいドリンクでも、、とついつい自販機でドリンクを

購入してしまう人も多いかと思います。そんな便利な自動販売機ですがいつでも

ドリンクが購入できるのも補充員さんが定期的に補充してくれているからこそのもの。

今回はそんなドリンク補充のアシスタントの副業に触れてみます。

スポンサーリンク

自販機アシスタントの仕事内容は?

自販機アシスタントの仕事内容は助手的な役割である事が多く、社員さん等にくっついて

ルートを巡回していく事が多くなります。会社や季節によっても担当する販売機数は大きく変わり

ますが概ね1日20~30台程度。ドリンクを補充するだけとは言っても自販機の

場所は外だけではなく駅構内や商業施設内・ビル内など様々。自販機に到着すると社員さんは

売上げを回収したりハンディでデータを取得して補充するドリンクをピックしたりといった作業に

移ります。バイトの助手は慣れている人であればピッキングまでやらされる事もありますが、大抵は

自販機横のゴミ袋を交換したり、トラックを自販機に横付けできない場合にはドリンクを台車に積む・

余ったドリンクをトラックまで戻す・空き箱を潰すといった作業が助手のメイン仕事になってきます。

ピックをする場合にはある程度ドリンクの種類や箱を理解しておかなければスムーズにピックする事も

出来ません。特に夏場はドリンク補充量も多くなるので1箱6~7kgもあるダンボールを持ち運びする

のは腰や足に負担がかかる体力勝負となります。また補充もある程度時間がかかるので警察の駐禁対策が

必要になり、補充中は助手はトラックに乗車しているだけで声を掛けられた時に社員さんを呼びに行く等、

緊急時の対応のためにあえて助手を置いているといった意味合いも実際には大きいです。また大型

トラックはドライバーにとっては後方・左方など死角となる部分があるので助手が安全確認を頼まれる

事も多く、免許を持っていない人やペーパーの人はこの辺に苦労するケースもあるでしょう。

とは言っても基本的には自販機補充アシスタントの仕事は体力的にはラクな仕事が多く、勤務中は

トラックに乗車している時間が大半を占めます。補充においても大抵は社員さんが中心になって

作業を進めてくれるので助手は細かい仕事は任されない場合が多いものです。また自販機補充アシの

求人は単発系や派遣仕事に多いですが、欠員が出た時だけ出勤をすれば良いといったケースや、

短時間で勤務が終了するといったケースもあり、またその場合でも日給分が保証されるのが通常なので、

お得なバイトになる事もよくあります。また夏場等の忙しい時も普通の会社であれば残業があれば

きちんと残業代も支給されます。ただしネックとなるのは社員さんとトラックに2人きりで乗車する

事になるので、社員さんの性格や相性によって仕事のしやすさが随分と変わってきます。

またこの業界では体育会系のノリの人も多いので、自分がその雰囲気に慣れていけるかどうかによっても

勤務状況は変わってくるでしょう。運転免許を持っていない人でもこの副業は可能ですが、ドライバーの

心情やノリを把握しているかどうかは大切です。また仕事中は会社のユニフォームを着用して勤務する

事も多く、周囲の人からすればその人が社員なのかバイト助手なのかは見分けが付かない為、過度な

茶髪やアクセサリーの装着・ダメージデニム等はNGとしている会社も多くあります。

スポンサーリンク

自販機補充アシスタントの副業は稼げる?

さて自販機補充アシスタントの仕事は先にも書いたように現在では派遣社員や単発系求人にて多く

案件を見つける事が出来ます。時給としても1000~1200円程度と単発仕事にしては多少割高な

設定になっている事が多く、別途交通費が支給されたり会社出社不要で直行直帰での勤務も少なく

ありません。例えば1日8時間の勤務で週2日勤務したとすると、月に6~7万円程度の副収入を得る

事ができるので副業としても成立はします。また求人自体も比較的簡単に見つける事ができ、特に

売上げが上がる夏場や、東京・大阪などの自販機台数が多いエリアにおいては配送助手の求人案件は

多めです。またドリンクだけに限定せずタバコやカップなど他の自販機に目を向けてみるのも

早くに求人を見つけられるコツなのかもしれませんね。

活用が注目される自動販売機

私達が普段目にする自販機はせいぜいドリンクやタバコの自販機が大半になっています。

しかし全国を見渡してみれば実に様々な種類の商品を販売する自販機がある事に気が付きます。

おでん缶を売る販売機やクレープを売る販売機・サッカーボールを売る販売機やバナナを販売する

販売機など、その種類は豊富でとても便利です。また自販機を置くメリットとしても補充作業等を

除いては人件費がかかりませんし店舗の前に配置すれば集客にも繋がります。またその形態や明るさ

から防犯対策や災害時のライフラインの一助にもなっていますし、何より人付き合いが希薄になって

いる現代ではレジ打ちの人とさえも会話をしたくないといった客層も中にはおり、好きな時に無人で

購入できる自販機の存在を貴重に考える人もいるのかもしれません。

また最近ではコンビニ大手店が自販機業界に参入する事も発表しており、おにぎりやサンドイッチ・

パンやデザート等、今までの自販機ではあまり見られなかった商品の展開をも施策しているようです。

確かに店舗を構えるほどの需要が見込みにくい小さなエリアであっても、自販機であればスペースを

取ることなく細かい商圏ニーズにも対応できる事も自販機の大きな利点かと思います。またコンビニや

小売店ではセルフレジの導入など無人化・自動化が進んでおり、このような自販機が広く普及していけば

今までの店舗内の人件費の削減や店舗日販の上昇にも繋がる可能性もあるのかもしれません。

まだまだ多くの可能性を感じる自動販売機ではありますが、今後の展開にも注目したいですね。

今回の副業からは少し話が脱線してしまいましたが興味がある人はドリンク等の自販機補充の仕事に

挑戦してみるのも面白いかと思います。今回は自販機補充アシスタントの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク