登録販売者の副業

今回は登録販売者の副業について挙げてみたいと思います。

突然病気やケガをしてしまった時、薬を買いにドラッグストアや薬局に行く人も

多いかと思います。特にこれから寒くなる季節になってくると、風邪等でよく薬を

飲む機会が増える人も増えてくるのではないでしょうか。

薬局やドラッグストアには薬剤や一般スタッフだけではなく、登録販売者が在籍している

事が多いものです。登録販売者はまだ2009年に誕生したばかりの資格という事もあり

今後の活用が注目されています。

スポンサーリンク

登録販売者とは?

登録販売者というのは主に一般用医薬品を販売できる医薬品販売専門資格です。一般医薬品の

中でも第二類・第三類の医薬品を販売できるのでドラッグストアや薬局からしても登録販売者が

在籍している事で大きな戦力となります。以前は医薬品を扱う資格としては薬剤師の存在が

目立っていましたが、2009年の薬事法改正により登録販売者資格が誕生し、新たな医薬品販売

専門資格として注目を集めています。実際に店舗内の医薬品の中でも第二類・第三類の医薬品が大半

を占めている事が多く、また顧客から医薬品について相談される事があっても、薬剤師の高度な知識

までは必要がないケースもあり、登録販売者がいる事で薬剤師の人材不足を補うことや多くの情報提供

が可能になる事が期待されています。またドラッグストアやホームセンター等では薬剤師は人材不足

であると共に、人件費が余計に高く付く事もあり、また必ずしも薬剤師で100%充足しておかなければ

ならない訳ではない為、尚更登録販売者の活用を進めている店舗もあるようです。また現在ではドラッグ

ストアや薬局だけではなく家電量販店やコンビニエンスストアでの医薬品販売も可能になっており、

またインターネット等を利用した販売等を通じて市場が拡大している為、今後登録販売者の活躍の場も

広がっていく事が予想されています。また街中に存在するコンビニでさえドラッグストアの存在は注視

しており、コンビニのように食料品や日用品を豊富に取り揃えたドラッグストアが増えている事や

女性ユーザーがドラッグストアに流れている傾向がある事からその顧客取り込みにも注力しています。

そのため登録販売者としても薬品知識だけではなく女性特有のアイテムである化粧品やコスメ・サプリ

や洗剤など、その使い方や効果を含めて細かい使用方法等についても応えられた方が良いでしょう。

また医薬品とは直接的な関係はありませんが、店舗の在庫管理や売上げ管理等は当然にPCで行われる為、

一般程度のPCスキルは登録販売者も必要です。特に今後は商品管理等だけではなく接客等も自動化

されていく可能性もある為、管理者を目指す人はなおさら商品知識以外のスキルも必要とされます。

またコンビニでは各社独自のプライベートブランド商品を品揃えとして販売している店舗も多いもの

ですが、最近ではドラッグストアでもPB商品を取り揃えており、品揃えの豊富さや他店との差別化を

強化しています。また元々の店舗面積もコンビニとは比較にならないほど広い事から、顧客からすれば

一度の買い物で済んでしまう利便性の良さもドラッグストアに通うきっかけとなっているようです。

また昨今ではファミレス等が深夜営業等を中止している中、ドラッグストアでは周囲の生活環境や

医療機関の開業時間等によっては逆に深夜営業を強化している店舗も増えており、深夜帯など薬剤師不在

時間の穴埋め的な役割としても登録販売者の活躍が期待されます。特に夜間帯等は本業を抱えている人

でも就業しやすい為、副業としても活躍が期待できる資格と言えます。

スポンサーリンク

登録販売者になるには?

さてそんな登録販売者になるにはまず都道府県が実施している試験を受けて、合格をしなければ

なりません。今では受験資格等も撤廃されて年齢や実務経験を問わず受験できるようになりましたが、

ただし合格をしてもそれだけでは足りず、まず都道府県に対して販売従事登録申請を行い登録証を

得る必要があり、また管理者の元で2年以上の実務経験が必要というハードルがあります。この実務

経験を経れば店舗管理者になる事もできる為、将来的にドラッグストア等で店長ポスト等を目指して

いる人は積極的に取得を考えておきたいものです。しかし登録販売者にしても管理者を目指すにしても

やはり薬品知識だけではなく顧客とのコミュニケーションや従業員との意思疎通・日々の勉強などが

不可欠となってくる為、ストア内での就業を通じて同時に経験を積んでいく事が求められます。

またどの資格においても言える事ですが、やはり誕生間もない資格というのは合格率が変動しやす

かったり今後の資格としてのニーズが読みにくい・また資格所持者が急増し飽和状態となると

登録販売者の需要や給与にも影響してくる可能性がある事から、将来的な薬局やドラッグストアの

人材需要や資格取得者状況などを考慮した上で取得を検討したい所です。

登録販売者の副業は稼げる?

さてそんな登録販売者は実際には稼げるのでしょうか。例えば一般的なドラッグストアにおいては

正社員の登録販売者であれば年収ベースで300~400万円程度と、一般企業の一般職とさほど

変わりはありません。アルバイトやパート等、時給ベースでも900~1200円程度の求人が多く

コンビニや飲食店と同等程度か、若干高めといった所です。しかし登録販売者資格を所持していれば

5000~10000円程度の資格手当が支給される所が多く、また無資格者よりは採用確立もグッと

上がる為、その点では優位性があります。また副業的に夜間勤務するのであれば時給1300~

1400円程度で募集しているドラッグストアもあり、短時間で比較的高い副収入を得る事も出来ます。

ただし先にも書いたように今後は登録販売者の数も更に増えていく可能性がある事から、店舗内で

今と同等のポジションが保てるかは分かりませんし、今後にどのような法改正があるかどうかも見当が

付きません。そのため登録販売者だけに留まらず他資格とのダブルライセンスを検討したり、店舗内での

管理職を目指す等、自分なりのキャリア形成を考えておく事も必要かと思います。

登録販売者のつらい所は?

登録販売者のつらい所はまず試験を受けて実務経験を積みやっとの思いで資格取得したにしては、

思うように給与面に反映されにくい場合があるという事です。実際に登録販売者資格を取得していても

ドラッグストアによっては無資格者と比較して100円程度しか昇給していないというケースも少なく

ありません。もちろん給与面以外にも資格を取得するメリットはありますが、やはり金額に反映

されにくい部分がつらいと考える人も多いかと思います。また店舗によっては努力目標程度ではある

ものの、ノルマを課せられる所もあり、尚更きついと感じる所もあるようです。

またご存じの方も多い通り、ドラッグストアの商品数は膨大にあります。広い店舗の中には

専門である医薬品を始め、多くの日用品や食品等が置かれています。登録販売者は顧客から

質問をされる事も多いため、その商品の特性等をよく理解しておかなければなりません。また顧客に

説明をする以上は、資格者として責任を持った言動が求められます。

また登録販売者だからと言って当然に資格者業務だけをしていれば良い訳ではなく、一般スタッフ

と同様にレジや品出し・検品・補充等を行うことも多くなります。特に駅前や繁華街・商業施設

内のドラッグストアでは客数も多いですし、郊外でも大型駐車場隣接のストアなどは客数が多い

所もよくあります。その上で本業で勤務しているのであれば長時間勤務となる事も多いので

登録販売者は体力勝負という人さえいます。

また系列店がOPENしたりすれば応援や転勤に行くケースもあり、1店舗に長期的に留まる事が難しく

なるケースもあるかもしれません。登録販売者とは言っても店舗からすれば一スタッフであるので、

組織や上からの指示で動く事が大半です。登録販売者として長く働くのであれば先にも書いたように

早めのキャリア形成が必要になってくるのかもしれません。

厳しめな事も書いてしまいましたが登録販売者資格が薬局やドラッグストア等において重要な役割を

占めており、また今後も注目されていく資格である事には違いはないかと思います。

医薬品等に興味がある人やドラッグストア系に転職を考えている人は取得を検討してみるのも良いかも

しれませんね。今回は登録販売者の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク