ブリーダーの副業

今回はブリーダーの副業について挙げてみたいと思います。

近年では犬や猫を飼う世帯が増えていると聞きます。単身世帯や核家族化・高齢化など

様々な要因がありますが、癒しを求めたり寂しさを癒すといった理由でペットを自分の

家族のように可愛がる人が増えているようです。このようにペットを飼う人もいれば

一方では犬や猫を交配させたりペットショップ等に販売する人もいます。中には副業的

にブリーダー仕事をこなしている人もいるようです。動物の命を扱うだけに中途半端な

仕事は許されませんが、犬や猫など動物に愛情を持ってきちんと飼育できる人であれば

在宅仕事等ででブリーダーになる事も可能でしょう。

スポンサーリンク

ブリーダーの仕事内容は?

ブリーダーの仕事内容は犬や猫の交配や飼育・ペットショップや飼育者等への販売が主な

仕事になってきます。販売をするとなると当然に健康で良質な動物を育成する必要があり、

日頃から動物の健康状態や便や食欲のチェック・病気時の対応・出産繁殖の専門知識など

生態に関して様々な知識が求められます。また優秀な血統同士や人気種等、異なる種類の

血統を交配させる事もある為、当然に遺伝に関する知識や交配・飼育経験が必要となって

きます。ペットショップからしても生体を仕入れる方法としては他にも生体市場で仕入れる

方法やネット販売で仕入れる方法等がありますが、やはり生体実物を見て仕入れが出来る事や

そのペットの育成環境をブリーダーから把握できる事などから、信頼出来るブリーダーと

知り合う事を優先としているショップも多いようです。またペットショップは店舗によっては

数人~数十人のブリーダーと同時取引をしたりペットの種類によってブリーダーを分けて

いる所もあり、ブリーダーからすれば日頃から信頼を損なわないよう取引相手に正確な情報を

伝え、ペットの育成やしつけ・健康状態にもしっかりと配慮しておかなければなりません。

またブリーダーはペットを交配・育成するにあたって当然にそのための場所である施設を

確保しなければなりませんし、病気時の医療費や普段からのエサ代なども負担しなければ

なりません。また飼育環境もあまりに狭い場所であれば動物にストレスをかけてしまう事にも

なり兼ねませんし、寒暖の差が激しい場所でも安定した飼育が出来ないケースもあるでしょうし

そもそも清掃の行き届いていない不衛生な場所では動物たちが病気にかかってしまう可能性も

あります。また以前ニュース等で問題に取り上げられた事もありましたが、やはり犬や猫の

鳴き声や糞の異臭などが近隣住民とのトラブルとなってしまう可能性もあり、普段から処理に

注意したり周囲の理解を得る努力は必要となってくるでしょう。

また一言にブリーダーと言っても少数の生体に愛情を注いで飼育・繁殖しているブリーダーも

いれば、残念ながら利益重視で少ない人手で数十等~数百等の繁殖をさせているブリーダーも

います。限られた人員で数頭のみを飼育・繁殖させるケースと数百等を飼育・繁殖させるのと

ではやはりその動物たちに与えられる配慮・飼育内容は異なってくるでしょう。またそれらを

直接的に規制する法律やルールが見つかりにくい事も確かかと思います。

ブリーダー職も仕事の1つではありますが、やはりその前に動物の命を扱う仕事である事を

認識し、飼育・繁殖等について正確で専門的な知識や技術を持つ事・ブリーダーとしての責任感を

持って動物たちの面倒を見てあげる事が大切と言えます。

スポンサーリンク

ブリーダーは稼げる?

さてブリーダーは稼げるのでしょうか。ブリーダーと言っても独立して専業でブリーダー業を

行っている人もいれば副業的にこなしている人もおり、また会社組織等に雇用されているブリーダー

と独立してブリーダー業を行っている人で分かれます。雇用されて働く場合には200~400

万円程度の年収に収まる事が多く、あまり高収入を望むことは中々難しいでしょう。

一方でブリーダーとして独立した場合には個人差があり、100~200万円程度の年収の

ブリーダーもいれば年収1000万円を超えるブリーダーもいます。また独立した場合には

先に書いたようにエサ代や場所代・繁殖や出産費用・ワクチン・水道光熱費等、諸々のコストを

考えて収支を計算していく必要があります。ペットショップでは10~20万円の犬や猫が販売

されておりさぞブリーダーも儲かりそうなイメージがありますが、実際のペットショップへの卸値

としては販売価格の2割~3割が相場といった所でしょう。例えば店頭価格で15万円の犬であれば

3~5万円程度で取引される事も多いかと思います。年間で20~30頭の出生に成功したとしても、

計算してみればその年収は知れた金額です。そのため必然的に母犬や母猫の数を多くしなければ

ブリーダー業だけで生計を立てていく事は困難なことが分かります。また生体は中々買い手が見つから

なければ取引価格は下がっていきますし、繁殖においても全て健康で売り物になる動物ばかりとも

限りません。生体を販売するという事はそれくらいリスクを抱える事であり、また大切な動物の命を

扱うだけに利益云々関係なく責任を持って飼育を行う必要があります。またブリーダーは販売をしな

ければ原則としては特別な資格が必要な職業ではありません。しかしそれは無責任な飼育行動が

許されるという事ではなく、何よりも飼育に関しての技術や知識・責任感のある行動が求められます。

ブリーダーのつらい所は?

動物たちも人間と同じように食料を食べて排出をし、睡眠を取って生活をしています。

子供を育てた事がある人であれば分かるように、1人の人間の子供を育てるのは大変な事です。

また動物は言葉が話せない分、普段の様子に気を配りながら動物たちの体調管理に配慮してあげな

ければなりませんし、餌やりや散歩・トイレ掃除などは毎日行わなければなりません。自分が他の

仕事をしたいと言っても簡単に投げ出す事も出来ません。

また全ての子供が健康に生まれてくれれば良いですが、残念ながら障害を持って生まれてしまったり

病気を持ってしまう動物もいます。そんな時でもブリーダーとしては気持ちを強く持って飼育に

あたらなければならない事もあるでしょう。またすくすくと育っていったとしてもその動物たちは

いずれはペットショップ等で他の飼い主の手に渡る子たちです。飼い主によってはその子供たち

がどのような生育環境で育てられたか気にする人もいますし、普段からのブリーダーのしつけに

よってペットの育ち方は大きく変わってきます。衛生的な環境できちんとしつけされた健康的な

ペットを飼いたいというのが飼い主たちの本音でしょうから、ブリーダーとしてもそれを考えて

しっかりと動物たちを育ててあげる必要があります。動物の命を預かるという難しさと、

一方で利益を確保しなければならないという線引きの難しさに悩むブリーダーさんも多いかと

思いますが、やはり利益云々は二の次であり、何より動物たちへ十分な愛情を注いであげられる

環境を確保してあげる事が第一かと思います。今回はブリーダーの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク