医療保険事務代行の副業

今回は医療保険事務代行の副業について挙げてみたいと思います。

生活をしている以上は体の具合が悪くなるという事は誰にでも起こり得る事です。

市販の薬だけで完治すれば良いですが症状が重かったり早めに病気を治したい人はすぐに

病院に通うという人もいるでしょう。病院に行くと入り口では事務員さんが受付をして

くれたり保険証を預かってくれたりと丁寧に対応してくれる事が殆どです。私達があまり

気付かない所で医療事務を行う事務員さんたちが様々な手続きをしてくれています。

今回はそんな医療事務の代行について触れてみます。

スポンサーリンク

医療保険事務とは?

医療保険事務という言葉を聞いたことがない人もいるかもしれません。

医療保険事務とは言っても様々ですが、2つに大きく分けると「受付業務」と「レセプト業務」が

あります。まず受付業務では病院受付で患者さんに診断申込書に記入してもらったり診察券や

保険証を預かる・処方箋について簡単に説明をしてあげたり診察料の精算や次回診察の予約確認等を

するといった業務がメインとなってきます。またこれらの基本的な作業以外にも受付では周囲との

コミュニケーションが必須とされ、具合が悪い患者さんに声をかけてあげたり、仕事が円滑に進む

ように他の看護婦さんや医師とのコミュニケーションを適宜図るといった事も大切な仕事になります。

また次の「レセプト業務」も医療保険事務のメインとも言える業務であり、患者さんの医療費を

計算する上で必須となる作業です。レセプトとは「診療報酬明細書」の事を指していて、保険者に対して

請求するための明細書の事であり、実際に診療報酬を請求する業務のことをレセプト業務と呼んでいます。

医療費は点数で示されており患者のカルテ等を確認しながらPCにデータを入力していきその医療費を

計算します。データを入力するとは言っても単純に丸写しで入力すれば良い訳ではなく、カルテ内容

も把握して入力しなければならない為、知識も必要になります。またデータ入力だけでなく入力済の

データを再度確認したり手書きで明細を書く・集計するといった細かな作業も含まれる為、医療事務

の中でも比較的専門性の高い仕事と言えるでしょう。

病院内の事務員さんだけで医療事務の全てを賄えれば良いですが、特に忙しい病院であれば事務員

だけではレセプトが間に合わない事もありますし、医師も診療や手術に手が一杯で事務作業までは

とても手が回らないといった医院もあります。またレセプト自体が翌月10日提出となっている為、

時間にも追われながら作業を続ける事になり、他業務が煩雑になる可能性も出てきてしまいます。

医療保険事務の将来性は?

これらの病院のレセプト業務を代行するのが医療保険事務代行のお仕事になります。

資金的に余裕のある大病院しか外部委託しないのでは?とも思われがちですが、意外に小規模な

個人の医院等でもレセプト業務を他に委託している医院も多く、外部への委託率としても病院・医院の

3割前後は外部へ事務委託しているというデータもあるようです。しかしプライバシーな情報を

含む作業のため病院側からの信用や伝手がないと中々仕事を廻してもらえないといったケースもあり、

少しずつ提携箇所を増やしていく等、地道な営業活動が求められます。

医療保険事務は独立して事務を代行する事も出来ますが、そのハードルが高い場合にはまず事務員として

レセプト等の事務仕事の経験を積んでいく事も大切となってきます。独立して代行をする場合には

医療事務だけでなくその病院のレセコンの持ち込みやシステムサポートなど体系的にバックアップする

形となる為、個人が最初から独立を志すのは確かに難しい部分もあるかと思います。またどこかの病院に

勤めるとしても医療事務員としてまず評価をされやすいのは、卒業校でも資格の有無でもなく、

今までの医療事務員としての「経験」です。今では主に派遣社員として病院内で医療保険事務を担当

しているスタッフさんは多くいます。派遣社員の場合には有期契約の場合が多いですが、経験を積む

には丁度良いのかもしれません。またレセプトは特殊な事務作業となるので、一度覚えてしまえば

どこでも通用するスキルとなります。病院を始め診療所や薬局・介護部門・レセコンインストラクター等

多くの分野で活かせる知識となるでしょう。またレセプト締切日前でなければ週2~3日の勤務や時短

勤務など勤務形態も比較的自由に選択できる所も多いので、副業としても適していると言えます。

これから本格的に高齢化を迎え医療事務にニーズがある点や、レセプト業務は中高年でも年齢問わず対応

出来る作業である事を考えると今からでも備えておいて損はないスキルと言えるのかもしれません。

また今ではレセプトもオンライン化しており基本的なPCスキルが必須となる事はもちろんですが、

スキルの裏付けや信用度を上げる意味でも医療事務系の資格を取得しておく事も有効となるでしょう。

スポンサーリンク

医療保険事務は稼げる?

さて医療保険事務代行は稼げるのでしょうか。まず既に提携病院がある事が前提とはなりますが、

大抵の事務代行業者を見ると目安としてはレセプトチェック枚数100~200枚で2~3万円程度の

料金設定となっている所が多いようです。繁忙期の締切日前のチェックは料金単価を上げたり

院内のレセコンの有無に応じて金額を変えている所もあるでしょう。また専門的な業務である事から

レセプト業務だけではなくスクールやセミナー開講を合わせたモデルとしている所もあります。

また派遣社員等としての雇われの場合には時給1000円~1200円程度の時給設定が多いかと思います。

特に小さな医院・診療所などでは関東圏でも時給1000円を下回るケースもあります。

派遣社員の場合は特に派遣先と派遣元の事情で時給が大幅に異なる事もあることから、じっくりと

就業先を検討する必要があります。

しかし先に書いた通り医療系業務は将来的に需要が更に高まる見込みがある事や、病院側としても

スキルが高くセンスのある事務員を長期的に囲っておく事は難しい為、雇用・独立どちらもある程度の

ニーズは今後も見込めるでしょう。しかしそれ以上に毎年のように医療事務就職希望者は増えている為、

常に様々なフィールドで経験を積む等の努力が必要です。

医療保険事務のつらい所は?

医療保険事務のつらい所はまず女性職場である事が多いという事です。

女性職場が好きな人であれば全く問題はありませんが、病院の中でも職場によっては人間関係や

医師・ナースとの上下関係が複雑になっていたり派閥があったりする所もあります。医療保険事務を

行うのはほぼ女性で占めており、男性の事務者は全体の5~10%前後といった所でしょう。

それだけに仕事の特性を考えて職場を選ぶ必要があります。

また先に書いた通り毎月締めの10日前はレセプト業務を集中的に行う病院が多い為、どうしても

残業が多くなります。特に未だに手書きカルテや紙伝票を使用している医院ではチェックに大幅に

時間がかかってしまうようなケースもあるかもしれません。残業があれば予定があっても定時で帰宅

できるとは限りませんし、家庭がある人であっても時間内に帰宅できるとも限りません。

また支給される時間外手当の有無なども事前にしっかりと確認しておきたい所です。

また医療事務仕事はいわゆるオフィスワークの事務のデータ入力とは違い、周囲にも気を配らなけ

ればなりません。レセプトだけでなく処方箋やカルテ管理・病棟クラークや会計といった業務も

含まれますし他事務員との連携や患者さんへの対応も迫られます。そのような忙しい環境下で正確に

迅速に事務をこなすという事は中々難しい事です。経験がモノを言う職業でもありますが、慣れる

まではある程度辛抱が必要とされる事も覚悟しなければならないでしょう。医療事務に興味がある方は

挑戦してみるのも良いかもしれませんね。今回は医療保険事務代行の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク