プラモデル製作代行の副業

今回はプラモデル作成代行の副業について挙げてみたいと思います。

どのカテゴリにもマニアというのは存在するものですが、プラモデルや模型においても

それは同様です。ガンプラや仮面ライダー等のテレビやアニメキャラものを始め、建築・

鉄道・アダルト等の模型まで幅広くマニアの方々が存在しています。それだけにそのキャラ

クターのプラモ等はマニア間で時には高値で取引される事も少なくありません。また一方では

そんなプラモ制作代行を副業としている人達も存在します。

スポンサーリンク

プラモデル作成代行の仕事内容は?

プラモデル作成代行の副業の仕事内容はその名の通り、プラモデルの作成を依頼者に代わって

代行製作してあげる作業です。いくらそのプラモデルが欲しくて購入したとしても、誰もが美しい

完成品を作れるとは限りません。作業に不器用な人もいますし、自分のイメージ通りに製作できない

という人もいるでしょう。また魅力的で美しい完成品を手に入れたいという欲求はマニアであれば

ひとしおでしょう。プラモだけでなくガレキなど難易度の高いものはより高値が付くこともあります。

そんなマニアたちの要求に応えてモデラーが加工や塗装を組み入れながら作成を代行してあげるのが

この副業です。作業時間はプラモデルにもよりますが1~3週間が平均的なところ。またプラモや

模型の種類によっては既に多くのマニアが存在していてマーケットが確立されているので販売もしやすい

のが利点にもなります。また腕の良いモデラーにもなると個人でもプロ以上の腕を持つ人も中にはおり、

そのようなモデラーには直接名指しでオーダーをしてくる顧客もおり、根強いリピート購入者が付いて

いるという点も、安定的な収入を生み出す原因となっているようです。

プラモデル作成代行の上達には?

プラモや模型作成代行の副業をしている人にはやはり自分の趣味としてプラモや模型製作が好きな

人や、過去にその分野関連で働いていたという経験を持つ人も多いものです。販売チャネルもヤフオク

やHP・フリマアプリ等が主になっているようですが最近では作り手側のレベルも上がってきており、

モデラー間の競争も激しくなっています。そのため素人レベルが製作した作品では値が付かない事も

多く、やはりプロと認められる高い技術・センスが必要とされます。

プラモ作成代行として技術を磨いていくにはやはり他の出品者の作品を見て組立や塗装を参考にする・

カメラや照明など写真撮影技術を学ぶ・模型やキャラもの等、他のモデラーのサイトやブログのチェック・

コンテストへの出品・ヤフオク等で過去の高値取引のプラモの商品説明を参考にする等、やはり他の

モデラーの作り方を逐一参考にしていく事が上達への近道になります。またこの副業に関しては

自分の腕を認めてくれるリピーターが一度付くと、固定客が付いていきやすい傾向がある為、数を

こなしていく事で技術も向上していきます。またそれらの顧客を自分のサイトやブログに牽引して

ファンを増やしていく工夫も必要になってくるでしょう。しかし普段から趣味で模型やプラモ製作を

している人であれば、これらもそれほど高いハードルではないのかもしれません。

スポンサーリンク

プラモ製作代行は稼げる?

プラモ作成代行は稼げるのでしょうか。例えばヤフオク等のオークションサイトを見てみると

過去の取引では5000~20000円程度で取引されている作品は数多く存在し、中には10万円

以上で取引されている作品もあるようです。元々の販売品価格が2000円前後としてもおよそ

3~5倍の金額で取引されている事が分かります。確かに金額だけを見れば単価が高く稼げる

ようにも思えますが、やはりネックとなるのはその製作時間です。プラモ製作は時間がかかり量産が

しにくい点が難点と言えます。製作に2週間かかったとして仮にその作品が売れて取引代金が1万円

だったとしても、製作時間を考えれば個人的にはあまり割りの良いビジネスだとは思えません。

サラリーマンの方々が仕事終わりに製作に取り掛かるとすれば1か月で製作できる個数は1~3個

といった所でしょう。確かに希少性の高いレアな作品であれば高単価を狙えたり、趣味の1つが副業

に出来ると考えれば合理的かもしれませんが、お金を稼ぐことが第一の目的であるのであれば

他の副業でも検討できるのかもしれません。

権利侵害となる可能性もあるので注意

また扱うプラモやキャラクター・その作品の意匠などによっては権利侵害を犯してしまう可能性

もあるかもしれません。ケースによっては著作権法や意匠権の点からメーカー側より訴えられる

可能性もないとは言えないでしょう。通常プラモやガレキ等には版権があり、メーカー等の権利者

から認可を受けていれば良いですが、無認可で許可を得ずに製品化してしまったり複製したり

するとやはり権利侵害となる可能性があります。プラモや模型販売をしている人の中にはそれを

本業としている人もいますが、イベント時などだけ当日版権を取ってやっとの思いで販売している

人達も多くおり、ネット等で有名なキャラクターもののプラモの改造品が普通に販売されている事が

問題視されているケースも中にはあります。また現実問題としてもキャラクターや戦隊モノのの

改造品をオークション出品したとして事件となった事例も過去にはあります。権利侵害は多くは申告罪

となりますが、特に顧客から人気があり売上・取引量が多いモデラーはメーカー側から注意を受けたり

最悪の場合には逮捕に至るケースもあり、やはり副業と言えども法律を遵守した責任感ある行動が

求められます。プラモ製作に関してはどこまでが改造・模倣でどこまでが完全オリジナルなのかと

いった難しい線引きもありますが、保護されるべき権利を尊重し出品者自身としても慎重な判断・行動

が求められる所です。尚、作品売買に関してはあくまで自己責任にてお願い致します。

今回はプラモ製作代行の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク