レンタカー回送の副業

今回はレンタカー回送の副業について挙げてみたいと思います。

車を運転する人であれば過去に一度はレンタカーを借りて運転した事がある人も

いるのではないでしょうか。旅行でレンタカーを使いたい・引っ越しで小型トラックが必要・

乗車人数が多く自家用車ではスペースが足りない等々、レンタカーを借りる機会というのは

意外とあるものです。またレンタカーは以前はその車を借りた事業所に自分で返却をしに行く

というのが原則でしたが、今では行き先で乗り捨てOKのサービスも普及しており、そのような

サービスに伴いレンタカー回送の仕事も発生します。

スポンサーリンク

レンタカー回送の仕事内容は?

さてレンタカーのイメージと言うとレンタカーを事業所で借りて車を使用し、返却時は借りた時と

同じ事業所に返却をしに行くというのが一般的かと思います。しかしご存じの方も多いかと思いますが

最近では乗り捨てのサービスも普及しており車を借りた元の事業所まで返却しに行かなくても良い

というサービスをレンタカー会社の各社が打ち出しています。これらをワンウェイとか言ったりも

していますね。大抵は別途ワンウェイ料金がかかる事が普通で、例えば関東圏内の乗り捨てであれば

2000円前後の乗り捨て料金が発生したり同一エリア内であれば乗り捨て費用は無料というサービス

を出しているレンタカー会社もあったりと、そのサービス内容は様々なようです。

しかし顧客側としては行き先の事業所等に車を乗り捨てすれば良いだけですが、最初に車をレンタルした

事業所としてはこの車を回収しに行かなければなりません。顧客の行き先が東京→埼玉であったなら

埼玉まで車を回収しに行かなくてはならない事になります。また回送と一言に言っても乗り捨てのケース

だけではなく、例えばレンタカー店の駐車場や店舗に車を移動させたり、事故車を整備工場まで移動

させる・顧客からの注文によってA店舗→B店舗まで車を移動させる等、シーンによって回送の仕事は

色々ですが、運転をして指示を受けた場所までその車を移動させるという仕事内容は共通です。

仕事の流れとしては大抵は自分が回送に廻れるスケジュールを事前にレンタカー会社に登録をしておき、

その期間内で回送業務が発生した時にメール等で連絡を取り合い、当日の回収する予定の事業所や車について

確認をします。最初の事業所までの交通は電車などの公共交通を利用するケースが多く、その交通費は

支給されない事も多いので、あまりに遠い事業所だと割に合わなくなる可能性もあります(後日精算で

支給される所もあるようです)。また大抵は車を一台回送しても次の事業所で新たに別の回送を任される

事になるので、日帰りで帰宅できる事は少ないと考えておくべきでしょう。2日~6日程度の期間が

一般的ですが、ちょっとした小旅行に行けるような期間なので、ある程度時間に余裕がある人に

お勧めな副業となります。ある程度自分のペースで仕事が出来る副業ではあるものの、期間によっては

仮眠もろくに取れなかったり車中泊で風呂にも入れないといったケースが多く、その上事故にも注意して

何日間も運転を継続しなければならない為、トラブルを含め自己完結できる力がある人に向いています。

またレンタカー回送の仕事で特徴的なのはその雇用形態にあります。レンタカー回送の仕事は

レンタカー会社が自社のアルバイトスタッフ等を使って回送作業をさせる事もありますが、「業務委託」の

雇用形態で仕事を請け負うようになるケースも多いでしょう。そのため報酬はもちろん回送回数等による

出来高制によるものが多いですし、万一事故を起こした場合には実費負担で補償をしなければなりません。

その他にも社会保険等も自費負担になりますので自分で保険加入しなければならない等、請負契約ならでは

のリスクも当然にあります。これはやはり事故発生時に自社で責任を負う事を懸念したレンタカー会社の

対応の一部かとは思いますが、副業としてこの仕事をするとしてもやはりこれらのリスクは考慮して

始めるべきでしょう。

スポンサーリンク

レンタカー回送の副業は稼げる?

さてレンタカー回送の仕事は稼げるのでしょうか。レンタカー会社各社でその報酬は異なりますが

一般的には自社アルバイト雇用で1000円前後(深夜業務は+手当)、業務委託契約の場合は

1回送につき2000~3000円程度の報酬が支払われる事が一般的かと思います。

例えばアルバイトとして1日8時間勤務し、週3日の勤務であれば月に10万円前後の給与となり、

業務委託では1台3000円換算の場合、1日3台の回送をこなしたとして月に15日稼働すると

3000円×3台×15=135000円の報酬という事になります。また業務委託の場合には

加えて交通費や燃料費の精算を含んで計算をする事になるので、事前に条件をよく確認しておく

必要があります。回送は普通車だけとは限らないので大型や中型免許を保持していれば優遇される

事も多いですが、普通免許でもある程度の運転歴があれば問題はありません。この給与や報酬を高い

と思うか安いと思うかは個人次第ではありますが、報酬金額だけでなく出退勤時や仮眠時の時間も必要

である事を想定して仕事を始めたいですね。

レンタカー回送の副業のつらい所は?

レンタカー回送の副業のつらい所はまず勤務時間が長時間に及ぶことが多いという事です。

最低でも1泊2日の時間が必要とされる事も多く、普段別に本業を抱えている人であれば回送時間

によっては本業に支障をきたさないとも限りません。副業として始めるのであれば時間に余裕がある

時にシフトを組む等、工夫をして取り組むようにしたい所です。

また先に書いた通り、業務委託の場合には事故時の負担も実費負担となってしまうケースが多いもの

です。特にレンタカー回送の場合には行き先が自分の知らない事業所である事も多く、地図やナビを

確認しながら運転をしていると危うく事故を起こしそうになる事もあります。

また運転をする人であれば分かるかと思いますが全てがこのお仕事はスケジュール通りに行く事

ばかりではありません。道路が大渋滞に巻き込まれる事もありますし、行き来の電車などの公共交通

機関も深夜等は動いておらず、その場で足止めを喰ってしまう事もあります。自分の知らない地で

何日も時間をかけて行動するという事は想定していなかった事が起こりますし、対処方法としても

検討が付かない事もあります。この点でもやはり困難なシーンでも自力で解決・行動できる責任感の

強い人に向いている副業と言えるでしょう。

少し珍しい副業ではありますが、車の運転が好きな人・自宅を何日か空にできる時間に余裕がある

人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。今回はレンタカー回送の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク