シェアリングベビーシッターの副業

今回はシェアリングベビーシッターの副業について挙げてみたいと思います。

以前からベビーシッターの存在はよく知られており、今でも臨時的に子供を預けたいママさん等から

関心が高いのがこのお仕事です。また保育士とは違い基本的には国家資格がなくても出来る仕事である

事からハードルも低く、またアルバイトやパート形態での働き方がメインとなってくる為、空いた時間

にベビーシッターの仕事をしている人もいます。今では子供を保育園に預けたくても預けられない

待機児童問題や女性の社会進出が問題となっており、ベビーシッターの存在がその問題の解消にも

繋がっていく可能性があるとして、注目を集めているようです。

スポンサーリンク

拡大する育児問題

現在では子供を育てている家庭でも保育園などに子供を預ける等して働く女性の姿が目立つようになり

共働き世帯は多くなっているようです。子供を大切に育てながらも出産後は仕事を続けたい・子育て

だけでなくキャリアも形成していきたい・将来の家庭のための生計維持のため等、その家庭によって

考え方は様々なようです。しかし一言に共働きと言っても簡単に預け先である保育園が近隣に見つかる

とも限りませんし、家庭内でおろそかになりやすい家事などが配偶者と上手く分担していけるかも難しい

所。また保育園などに預けるとなると単純に親が子供と向き合える時間も少なくなりますし、万一子供が

病気になった時のこと等も考えると、やはり働かずに子育てに専念したいという人も多くいるでしょう。

また様々な問題の中でも深刻なのはやはり待機児童問題であり、潜在的な待機児童数は今では40万人を

超えるとも言われており、今後の早急な対応が求められています。待遇面や労働環境の影響から肝心の

保育士の数は不足しており、またその保育士の職場である保育施設でさえも創設には近隣住民からの反対

の声が上がる事もあり、その結果十分な保育施設が確保できず、職場復帰できないママさんが増え

世帯収入の増加も期待しにくいという悪循環が生まれつつあります。子供の大切な命を預かるだけに

これらの問題をベビーシッターの増員で全て解決できるとは限りませんが、それでもシッターの充足

が問題の解消に少しでも近づく事は事実かとも考えられます。また子供を育てている中では保育園のように

毎日子供を預けたいといったニーズばかりではなく臨時的・一時的に子供を預けたいといった細かな

ニーズも生まれてきます。例えば自分(親)が病気になった時・子供を連れて行きづらい場所に外出する

時など、その時の状況によって子供を預けられる人や場所が、、と考えるママさんは多いのでは

ないでしょうか。近隣に自分の親や親戚が住んでいれば子供を預けて外出できるケースもありますが、

全ての家庭でそうともいきませんし、仲の良い友人がいてもさすがに子供を預けるのは気が引けるという

人も多いでしょう。託児所やベビーシッターに頼むとしても施設によっては一時預かりでも高額な費用が

かかる場合もあり、中々その時々の状況に合わせた柔軟な子供の預け先が見つからないというのが現状

かとも思います。

スポンサーリンク

シェアリングベビーシッターとは

シェアリングベビーシッターとはその名の通り、ベビーシッターの仕事を共有しようという働き方です。

確かに保育士やその施設の数は不足していますが、多くはその過酷な労働環境や待遇面の薄さから保育士

仕事から離れているという資格者も多く、一時的な子供の預かりやお世話をするという条件であれば

子供さんを預かりたいという人はいるように思います。例えば子育てを終えた老夫婦や、午前中は時間が

空いているママさん・自分の子供と一緒になら預かっても良いというママさん等、それぞれの事情に

見合えばシッターが成立する環境は様々な所にあるという事です。潜在待機児童という言葉があるのと

同じように潜在的なベビーシッターも可能性もまだまだ模索する必要があるように思います。

そんな中、ベビーシッターのシェアリングサービスも幾つか普及し出しています。例えば2014年に

立ち上がり注目を集めているのが「AsMama」(アズママ)。1時間500円でご近所のママさん等

に子供を預けられる新しいシェアサービスとして話題となっています。ご近所さんや友達同士・学校が

同じママさん等をグループ化する事で主にご近所さん同士で頼り合える仕組みとなっており、また万一

預かり途中にお子さんがケガをしてしまった時等にも保険適用されるシステムになっているようです。

昔は特に近隣同士で声を掛けあって子育てを助け合いするような風潮はあったものですが、昨今のように

隣人の顔も知らない事があるといった希薄な人間関係が象徴とされる社会において、AsMamaのように

改めて近隣で助け合える仕組むがあるという事は心強いサービスとなりそうですね。

その他の企業でも例えば「キッズライン」ではベビーシッターの新しいマッチングサービスとして

注目を集めています。今までのベビーシッターのおよそ3分の1の価格でシッターを手配でき、

面談や研修をクリアしているきちんとしたベビーシッターに子供を預ける事ができるという新しい

サービスです。自分の自宅の近隣やそのベビーシッターのスキル等、様々な条件に見合ったシッター

を検索して手配をする事ができ、頼みたい時にいつでも依頼ができるサービスとして話題となって

います。直接サポーター(シッター)とやりとりをする事で子供を預ける親御さんの不安を払拭できる

事もあるでしょうし、またサポーターの子育て方法を見て子育てのヒントや参考にできる部分もある

かもしれません。

上記のようなサービスに限らずシェアリングシッターや多くのシェアサービスでは、副業や稼ぎという

よりは助け合いや協調をテーマにしたものも多く、お金稼ぎのためにシッター仕事をしたいという人に

とっては不向きとなる可能性もあります。しかし空いた時間にシッターを頼める環境が広く普及して

いったり、海外のように近隣で気軽にシッターをし合える環境があれば、女性の社会進出や育児問題の

解消にも繋がっていくことでしょう。今までベビーシッターに依頼するには費用面や条件面などで

あきらめざるを得ない場面も多かったものですが、シェアサービスが普及していく事で少しでもそのハードル

を低くする事が出来れば、働くママさん達の環境も少しずつ改善されていくのではないでしょうか。

シェアリングベビーシッターの問題点は?

これはベビーシッターに限らずシェアサービス全般に言える事ですが、スタートアップの頃など

やはりサイトの知名度や信用度などによっては、思うような登録者が集まらず、十分なマッチング

ボリュームを確保できない事も考えられます。例えばママさんが近隣でベビーシッターを依頼したい

と思っても、近隣にシッターの登録者がいなければ預けることが出来ないといった事態も考えられます。

現に今でも関東圏や東京に限ったサービス等、エリアを限定する事でなんとかボリュームを維持して

いるシェアサービスが多く存在します。シェアリングベビーシッターにおいても今後の増々の普及に

期待したいですね。

また多くのシェアサービスでは利用者の情報を登録してから利用開始する事が一般的ですが、

シッターシェアリングにおいて考えてみると「どこまで情報を公開すれば良いか」という点にも留意

しておく必要があります。最近ではネットを始め情報の速度は早まり、先ほどSNSにアップした

画像や情報がその日のうちに全国に広がってしまうといった事態も珍しくありません。もちろん

サイト毎にガイドラインを設けているとは思いますが、自分(親)の情報やプロフィールだけであれば

まだしも、子供の情報をどこまで周囲に知られてよいものかという点には配慮する必要はあるでしょう。

またシェアサービスに限らず保育園や通常のベビーシッターに依頼する場合においては、自分の大事な

子供を預ける訳ですから、相手がどのような人なのかよく確認をして預ける事が大切です。近年では

託児所等でも子供への虐待とも言える対応が問題になった事がありました。普段から子供を預けている

人であれば問題は少ないかとは思いますが、そのシッターが本当に信頼のおける人かどうかも出来る限り

事前に確認しておく必要はあります。

また近隣のシェアサービスだからこその問題点も懸念されます。例えば一度育児を頼まれたが、その後に

頻繁に気安く育児を頼まれるようになり、結果的にご近所付き合いがしにくくなってしまった・近隣同士

なだけにお金のやりとりがしにくい等、普段から近い距離感で接しているだけに逆に気を遣わなければ

ならなくなってしまったという事もあるでしょう。お互いに「助け合い」が原点であるという意識を

持ちあってやりとりをしていく事が大切なのかもしれませんね。

小さな命を預かるという責任感を伴う仕事ではありますが、ベビーシッター業に関心がある人・空いた時間

で育児をしたい人などはこのお仕事を検討してみるのも良いかと思います。

今回はシェアリングベビーシッターについて挙げてみました。

スポンサーリンク