SNSコンサルの副業

今回はSNSコンサルの副業について挙げてみたいと思います。

今や若者を中心に情報収集やコミュニケーションには必須となったSNS。TwitterやLINE・

Facebookやインスタ等、誰もが何かしらの利用方法でSNSに触れています。例えば企業アカウント

を見てもSNSを活用している企業は多くなっていますが、そのフォロワー数などは企業によって

大きな開きが出来ているのが実際です。個人でも多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーもいれば、

何年も投稿を続けているのに全くいいねやフォロワーが増えないといった人や企業も多くいます。

SNSマーケター・コンサルって?

SNSマーケティングの仕事内容はSNSを活用する上でのマーケティング・コンサルが仕事の中心

となってきます。現在では情報収集において検索エンジンでの検索よりもSNSでの収集の機会が

増えており、特に若者はこの傾向が顕著です。例えばSNSで企業が投稿に上げた商品やインフル

エンサーがPRする商品があっという間に完売したなんて話も珍しくありません。SNSという一般に

親しまれた媒体を通じて企業が情報を発信する事で、企業と顧客ユーザーが近い距離感でコミュニケ

ーションを図れるようになり、その企業の商品やサービスにより愛着を持ってもらえる効果が期待できます。

またSNSはユーザー間の口コミが拡散しやすい媒体でもある為、運用の仕方によっては費用以上の

パフォーマンスも上がりやすく、SNSは今以上にコミュニケーションの柱となってくるでしょう。

一方で例えば年配者だけの従業員で構成されている会社の場合、SNS活用の重要性は理解していても

その活用方法が分からなかったりします。特に若い世代の人は感覚で善し悪しを決定する風潮もあり、

それを50~60代の人間に理解しろと言っても理屈では理解できない部分も多いものです。例えば

インスタを例にしてもそのアカウントのフォロワー数が多い事は数字を見れば分かりますが、なぜその

インフルエンサーが注目を集めているのか・なぜその画像にいいねがたくさん付くのかという事は

年配者にはわからないといった事も多いものです。またファンやフォロワーを獲得していくために

定期的に行うキャンペーンの企画や広告の打ち方・ブランディング方法などもSNSは独特であり、

そのファン層によっても受け入れられやすい画像やタグ付け・コメント内容も異なります。

ユーザーの反応の解析やマーケティングは普段から運用に慣れていてSNSに精通した人間に運用自体を

任せてしまった方が良いという考え方をする人や企業は多く存在します。それらのターゲット層に定期的な

コンサルやアカウント運用代行を持ちかける事でSNSマーケターの副業は成立します。フォロワーを多く

抱えている人やそこまでのプロセスやノウハウを多く持っている人はSNSマーケターの仕事に進んでみる

のも面白いでしょう。

スポンサーリンク

SNSコンサルの仕事内容は?

SNS関係のコンサルとしての仕事内容は顧客のアカウントの画像やコメントを解析してアドバイスをしたり

アカウントを預かって運用を代行する事がメインとなってきます。過去の投稿でユーザーに関心を持って

もらえた話題や画像はどのようなものか・今後ユーザーが関心を持ってくれそうな新しいコンテンツの

リサーチ・時間帯や曜日などユーザーの反応が良い投稿の間隔・複数のアカウント運用・インフルエンサーの

活用・他SNS媒体への広告出稿・広告の効果測定・そのアカウントの世界観の創造など、顧客のアカウントの

ファンが増える様々な施策を実施していくのがSNSコンサルの仕事です。

SNSコンサルの役割はとても大切でそのコンサルが決定した指示が大きな利益を生む事もあれば

逆に個人や会社に多くの損失をもたらす事もあります。先ほど述べたようにクチコミが広がり易かったり

ユーザー間で共有間や連帯感が生まれやすいのもSNSの特徴ではありますが、使い方を間違えると

悪評や悪い噂があっという間に拡散し、逆にそのアカウントを失墜させます。そのためそのような事態

に備えて対応を検討しておく事や事前にガイドライン等を作成しておく必要もあります。またSNSは

話題によっては一気に爆発的なアクセスを生む媒体というイメージを持っている人も多いものですが、

やはりアカウントを育てて効果が目に見えるまでにはある程度の時間がかかる事が普通で、地道にコン

テンツを発信をしていくのが近道である事が多く、クライアントにもその点を理解してもらう事や

ある程度長期的なお付き合いになる事を考慮してもらう必要もあります。

 

SNSコンサルの副業は稼げる?

活用する媒体がSNSという事もあり特殊な感じもしますが、料金形態は一般的なコンサルと同様に月額制等の形を取っているマーケターや会社も多いかと思います。

例えば一般的なWEB・SNS運用代行会社やコンサル会社だと投稿コンテンツの作成やコメント対応・月次レポや効果測定などで月額20~30万の費用がかかる事も珍しくありません。

そこまで大規模でなくとも個人ユーザーや中小零細企業をターゲットにしたマーケターであれば副業的にコンサルをこなす事も可能かと思います。

かなりざっくりですが月2万~3万円月額費用で募集をかけたとしても、クライアントが5人(5社)あれば月10万~15万円程度の副収入になります。

もちろん運用による成果・内容が伴っていなければ長期的なお付き合いは難しいものですが、SNS運用に自信がある人であれば副業として成立させる事は十分可能なのではないでしょうか。

 

またSNSマーケティングの知識があるようであれば、それを副業にする事もできます。

例えばクラウドサービスサイトを活用しSNSマーケティングやアカウントの運用代行をするといったお仕事です。

クラウドサービスサイトでは、「クラウドワークス」や「ランサーズ」が有名です。

登録ももちろん無料なので、これからデータ入力など在宅ワークを検討している方は最初に利用しておきたいクラウドソーシングサービスです。

クラウドワークス公式サイト

 

また中にはSNSを活用した副業と称して高額な初期費用を取られるような詐欺事例も発生しているようです。

このような仕事は引き受けず、きちんとした成果を出して報酬を受け取れる誠実な仕事をしていきたいものですね。

今回はSNSコンサルの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク