カーシェアリングの副業

今回はカーシェアリングの副業について挙げてみたいと思います。

車を所有している人は多いかと思いますがその維持費はバカにならないもの。駐車場代はかかり

ますしガソリン代や車検代など、そのコストは年間に換算すると大きな金額になります。また車に

乗る機会は月に数回なのに高い維持費を毎月支払っているのは勿体ないと考える人もいるかもしれません。

または車を所有してはいないが駐車場として利用できる土地や敷地・空きスペースを所有しているという

人もいるでしょう。今回はそんな人たちに向けた副業です。

スポンサーリンク

カーシェアリングの副業内容は?

カーシェアリングの副業の内容としては利用していない自分の車を他人に貸し出し、その貸し出し料金を

報酬として受け取るという流れになります。前述したようにせっかく車を所有していても乗る機会は

意外と少ないもの。例えば会社に出社している時には電車通勤で基本的に自分の車を使用しないという

人も多いはず。またタイ〇ズやオリッ〇スなど大手会社では既にカーシェアリングを行っている会社も

ありますが、乗りたい時に自分の近所のパーキングに空き車が無かったり希望の車種がないというケース

も考えられます。またたまには家族でドライブするために大型車に乗りたいという人や、デートのために

高級車やスポーツカーに乗ってみたいという人もいるでしょう。このように貸したい人と借りたい人の

マッチングを実現するのがカーシェアの醍醐味になります。

例えば最近のカーシェアリングのマッチングサイトとして有名なのが「CaFoRe」(カフォレ)。個人間で

車を貸したい人と借りたい人のマッチングをしてくれるサイトです。利用の仕方としてはまず貸し手は

サイトに会員登録後に車の基本情報や写真・所有地などを登録し、その車を借りたいという借り手からの

リクエストを待ちます。貸し出し条件が合えば車を出品し無事に落札されれば借り手の連絡先が送られて

くるので、受け渡し方法や場所などを貸し手と借り手がお互いに連絡を取りながら決めていきます。

車を貸し出しし、取引が完了すれば借り手より取引成立通知が送信され、落札料が貸し手の口座へ

振り込まれるといったシステムとなっているようです。貸し出しの際のポイントとしてはやはり

他出品者やレンタカー会社など、競合となる車よりも出品価格を少し低めに設定してあげると落札

される可能性は高くなります。また連休前や時間帯など、車ニーズが上がる時に好条件で出品をしても

良いでしょう。また当然に車種も関係してきて人気のエコカーや普段乗れない外車・とにかく設定が安い

車など、人気がそれぞれ分かれるので自分の出品する車がどの程度ニーズがあるかの見極めも肝心です。

また個人間での取引となると不安になるのが事故時の対応ではありますが、貸し手はレンダー補償に加入

するようになっており借り手もドライバー保険会員に加入する事になっているので、登録時には補償内容

などもきちんと確認するようにしておきたいですね。

今まではパーキング会社等の所有者をレンタルするサービスは多くありましたが、やはり希望の車種が

無かったりと用途不十分に感じていた人もいるかもしれませんが、カフォレのように個人間のやりとりで

あれば希望の車種をレンタルできる可能性もありそうですし、取引完了時には貸し手と借り手で相互に評価

をする事になるのでサイトを利用する上でも取引は良識とマナーを持って行いたいですね。またカフォレ

以外にもグリーンポットやエニカなど、他のカーシェアリングサービスも注目していきたい所です。

カーシェアリングは稼げる?

さてこれらのカーシェアサービスを利用して副業として稼ぐことは出来るでしょうか。

サイト等によっても異なりますが相場としては普通車が5000円程度のシェア料金・スポーツ車や

高級車の場合には2~3万円のシェア料金が一般的となっています。普通車を5000円で貸し出し

システム利用料等の手数料を差し引くと貸し手側の手元に残る金額は3500~4000円程度。

月に5回程度シェアに回せば2万円前後の副収入にはなりそうです。特別に大きな手間もかからず

これくらいの副収入になれば良いと考えるのも良いと考える人もいますし、自分の駐車場代くらいをペイ

してくれれば良いと思えば利用価値はあるのかもしれませんね。もちろん貸し出し回数を増やしていけば

受け取る副収入はさらに増えていきそうです。

スポンサーリンク

パーキングシェアにも注目

さてカーシェアリングだけでなく、最近ではパーキングシェアリングも注目されています。

車で出かけたとしても、行き先で車を停める駐車場に困ったという経験は誰にでもあるもの。

行き先の商業施設やテーマパークの駐車場は満車なのに、その近隣の個人宅や空きスペースは十分に

場所が空いているなんて事は珍しいことではありません。そんなミスマッチを解消するために駐車場の

マッチングサイトというのも登場しています。例えば注目をされているのが「軒先パーキング」。

空きスペースを持っているオーナーさんからすれば駐車場を利用していない時だけ貸し出すことが

出来ますし、初期コストもかからずに貸したい時に駐車場をシェアできる事ができそうです。また借り手

側としても事前に駐車場を予約できるので行き先で駐車場の確保に困る事もなくスムーズな外出が出来る

かもしれませんね。空き駐車場の近隣に人気店や混雑する商業施設などが存在するオーナーさんには

特に利用価値のあるマッチングサービスになりそうですし、空きスペースを有効活用できるという意味では

違法駐車や迷惑駐車の改善に繋がっていく事も予想できます。土地スペースはどこでも限られていますので

利用できるスペースはお互いに効率的な使い方をしていきたいものですね。

カーシェアリングやパーキングシェアのデメリットは?

さて副業としても最適でこんなにも便利なサービスであるシェアビジネスですが、デメリットも当然に

幾つかあるように思います。まずは上記に挙げたサイトに関わらず新規のマッチングサイトや立ち上げ

当初の会社サービスの場合、会員登録数が少なく十分なマッチングボリュームが確保できない事も予想

されます。例えば自分の借りたい車種が出品されていない・行き先の近隣に借りれる駐車スペースが出品

されていない等、会員登録数があまりに少ないサイトだとニーズを満たすほどの出品が無い事もあるでしょう。

マッチングサイトの利用者が増えていけばこの辺も解消されていきますが、サイトによっては現時点では

不便と感じる利用者も多いかと思います。

またカーシェアリングとレンタカーを比較すると、車を乗り捨てできない難点というのもあります。

レンタカー会社によっては出発した地点と異なる営業所で乗り捨てできる会社もありますが、カーシェア

の場合には所有者の元へ必ず返却しなければなりません。気にならない人も多いかと思いますが、行き先に

よっては乗り捨てが出来た方が便利と感じることも多く、乗り捨てできない事もカーシェアリングの数少ない

デメリットの1つと言えそうです。

その他には細かい事ではありますが、やはりシェアとは言え他人に利用してもらう以上は、その利用者の

使い方や性格によって車や駐車場の損耗度合は異なってきます。例えば衛生面に配慮しない人が利用すれば

車内にゴミを置き忘れる利用者もいるかもしれませんし、わんぱくな小さな子供が乗車したら小傷が付く

可能性がないとも言えません。利用者の利用の仕方によって修理サイクルが早まる事もあれば運転時に運転者の

癖が付いてしまう事も考えられます。他人に貸し出すという事はある程度損耗が生じる可能性があるという事は

考慮しておいた方が良いかもしれませんね。

車や駐車スペースを所有している方・空いた時間だけ貸し出しをしたい人などはこれらのサービスを検討して

みるのも良いかと思います。今回はカーシェアリング・シェアパーキングの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【採用決定でお祝い金が全員にもらえる】 マッハバイト
第2位【在宅ワークで稼ぐなら】 クラウドワークス
第3位【ポイントでコツコツ稼ぐ】 ポイントインカム