レンタル彼氏・レンタル彼女の副業の収入は?実際に稼げる?

今回はレンタル彼氏・レンタル彼女の副業について挙げてみたいと思います。

先日の連休は天気が良かったのですね。恋人がいる人は海や山へ行ったり行楽に行った人も多いのではないかと思います。

結婚をされている方は家族で避暑地に遊びに行った人も多いかもしれません。

ですが一方で中には恋人が長い間いない人や、独身を貫いている人もいます。

普段は異性の恋人がいなくても、ふと1人の寂しさを感じたり、クリスマスや誕生日には誰かと過ごしてみたいという理想は誰もが持つもの。

そんな希望を叶えてくれるかもしれないのがレンタル彼氏やレンタル彼女です。

スポンサーリンク

レンタル彼氏やレンタル彼女の仕事内容は?

レンタル彼氏やレンタル彼女はその名の通り、日数を限定して依頼者の彼氏や彼女になってあげるというお仕事です。

通常はレンタル彼女やレンタル彼氏の運営元会社が存在しており、依頼者はその運営会社を通して申込みをします。

例えば依頼者が男性の場合には、その運営会社のHP等から好みのレンタル女性を指名し、レンタル申込みをする事になります。

運営会社から指名を受けた女性へ連絡がいき、依頼者男性の連絡先などを聞きます。

そしてデート当日の待ち合わせ時間や場所などをやりとりした上で、当日のデートへ望むといった流れが一般的です。

 

当日のデート内容は基本的には二人の意志に任せている会社も多いものですが、性的な行為に関しては殆どの会社が入会時にしっかりと性行為NGの看板を掲げている所が多いです。

基本的にはレンタル彼女やレンタル彼氏は本来は会話や通常のデートを楽しむといった目的のものである事が多く、デートコースにしても自宅やホテル・カラオケボックスや漫画喫茶などの個室デートをNGにしている会社も多いので、しっかりした運営会社であれば危険な目に遭うような危険性も少ないと言えるのかもしれません。

また依頼者によっては本人の意向次第で依頼を拒否できる事もありますし、電話番号や本名などの個人情報も非公開にしてくれる運営会社が多いので、あまり副業を公にしたくないという人にも良いかもしれませんね。

 

またレンタル彼女やレンタル彼氏は、自分が都合の良い日にちに引き受ければ良い場合が多いので、本業の合間や休日など、時間が空いている時の副業にも適しています。

レンタル彼女やレンタル彼氏の運営サイトは幾つかありますが、どこもやはり男性よりも彼女役の女性人員が足りていない様子。

恋愛が絡むビジネスはどうしても男性顧客の方が多くなりがちです。

また異性と話す事に興味があっても、キャバクラやクラブとなると夜の勤務となりお酒も絡みますし顧客との継続的な付き合いが必要なので、レンタル彼氏やレンタル彼女は昼間普通にデートしてお金を稼ぎたいという人にも向いているのかもしれません。

 

レンタル彼氏・レンタル彼女が人気の理由は?

レンタル彼氏やレンタル彼女が人気となった理由にはどのような点が挙げられるのでしょうか。

レンタル彼氏やレンタル彼女と言うと、単純に恋人が欲しい人が応募するイメージもありますが、利用する人の理由には様々な事情があるようです。

例えば今まで彼氏や彼女がいた経験がなく恋人気分を味わいたい・初デートがあるのでそのためのデート練習がしてみたい・婚活をする予定なのでそのための事前練習として…など、利用者によって様々な利用動機がある事が分かります。

また既に恋人がいる人であっても、彼氏と最近不仲になっている・パートナーにときめきが感じられない等といった理由から、このようなサービスを利用する人もいると聞きます。

またレンタル彼氏やレンタル彼女ではモデルのような人も在籍している場合があるので、イケメンや綺麗な女性を周囲に見せたいといった願望もあるのかもしれませんね。

レンタル彼氏やレンタル彼女というサービスが人気となった理由には、人による様々な事情が絡んでいるようです。

 

レンタル彼氏やレンタル彼女の値段はいくら?

さてレンタル彼女やレンタル彼女を利用する場合にはいくらくらいの費用がかかるのでしょうか。

運営会社によって料金は異なりますが、基本的な料金システムとしては「基本料金(時間あたり料金)+出張料」の形式を取っている会社が多いように思います。

またそれに加えて指名料をプラスしている会社もあるでしょう。

 

例えば依頼者が4時間のデートを指名で申込みをした場合、1時間あたり料金が5000円×4h+出張料が3000円+指名料が2000円とすると、合計で20000円+3000円+2000円=25000円程度の費用がかかる事になります。

4時間のデートで25000円がかかるというのは個人的には少し高めな気もしますが、それでも異性とデートをしたいという人は多いようです。

上記は一例であり運営会社によって料金システムは異なりますので、詳細はレンタル利用をする会社のHPなどで料金表を確認してみましょう。

スポンサーリンク

レンタル彼氏・レンタル彼女の収入は?稼げる?

さて実際にレンタル彼女やレンタル彼氏にどのくらいの収入が入るかという点についてですが、概ね時間料金の40~50%が平均ラインのような気がします。

例えば時間あたり6000円の運営会社であれば3000円前後が本人の取り分といった形です。

そのため例えば3時間デートをすれば3000円×3h=9000円程度がその日のデートの収入という事になります。

 

もちろんその他にもデート時間の長さによって時給換算が変わったり、指名料の何割かが報酬に加算される会社もあり、報酬の計算方法は各社異なりますので気になる方は会社サイトを確認をしてみると良いでしょう。

また比較対象にはならないかもしれませんが、キャバクラやガールズバー等も今では不況で、時給が2000~3000円程度のお店も珍しくありません。

そのため異性との外での外出が嫌でなければレンタル彼女やレンタル彼氏の方が割りが良いという見方も出来るのかもしれません。

ただし事前にNGルールが決められているとは言え、やはりお店の中のキャストとは違い、レンタル彼氏やレンタル彼女の場合には、外で知らない異性と一対一で会わなければならないというリスクも存在しますので、個人の行動や責任が問われやすい副業とも言えるのかもしれません。

 

レンタル彼氏・レンタル彼女に応募するには?

レンタル彼氏やレンタル彼女に応募するには、その運営会社のサイト内に募集項目がありますので、そこから応募する事が一般的です。

就業時の規約であったりデート中のルール等が定められている場合もありますので、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

会社によっては年齢条件や容姿に多少の条件を設けている所もあるようです。

またレンタル彼氏・彼女として在籍したとしても、必ずしも定期的に仕事が入る訳ではないのでその辺りも考慮しておきましょう。

 

レンタル彼女・レンタル彼氏のつらい所は?

レンタル彼女・彼氏のつらい所は、まず自分に本当の恋人がいた場合、100%バレないとは限らない事が挙げられます。

写真は非公開であったとしても、待ち合わせ時の携帯の連絡履歴やデート時の領収書等、本当の恋人に突っ込まれた時に返答の仕方にも困る事も困ることもあるかもしれません。

本当の恋人からすればレンタルの疑似恋愛だから許せるというという人もいれば、レンタルであっても異性とデートする事すら許せないという人もいるでしょう。

恋人や配偶者がいる人にとってはレンタル彼女・レンタル彼氏を利用する場合でもある程度の配慮が必要かもしれません。

 

またレンタルで出会えた異性とデートをしてその日が心地の良いデートであったとしても、次回その異性に会うにはまたお金を支払う事になります。

通常のレンタルサイトでは直接連絡交換もNGにしている所が多いので、サイトを通さずに連絡を取り合って会う事は基本的に出来ません。

その日だけ楽しい時間が過ごせれば良いという割り切った利用であれば問題はありませんが、長期的に本気の恋愛をしたいという人にとっては不向きとなる場合もあります。

 

また男性客は今まで恋愛経験がない男性やモテないような男性も多いので、一度レンタル彼女とデートをするとあっという間にその女性に好意を抱いてしまうという例も少なくありません。

そのため本気になってアタックしてくる男性客の姿を見て、ちょっとした罪悪感にかられてしまう女性もいるようです。

ある意味では気持ちの割り切りが必要な場面もあるのかもしれませんね。

 

またレンタルビジネスは男性客が圧倒的に多いので、運営会社によっては女性側に恋愛マニュアル等を渡し、どれだけリピーター客を作れるかに重点を置いておりその為のトレーニングをしている所もあります。

トレーニングや研修期間中の時給は多少低めに設定されている会社もあるようです。

 

異性と話すことが好きな人やレンタルビジネスに興味がある人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はレンタル彼女・レンタル彼氏の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク