FC(フランチャイズ)加盟の副業

今回はFC加盟の副業について挙げてみたいと思います。

FCとはご存じの方も多い通りフランチャイズの事です。FC加盟すると言うと副業というよりは

本格的なビジネスを立ち上げるというイメージを持っている人も多いかと思いますが、実際に副業感覚で

FCに加盟する人もいます。月5万円程度の副収入を得るためにFC加盟を希望する人は少ないかと

思いますが、月に10~20万円程度のある程度まとまった副収入を得るためにサイドビジネスとして

FC加盟をしている人もいます。

スポンサーリンク

フランチャイズ加盟のメリットは?

さてFC加盟と言うと代表的なものではコンビニエンスストアをイメージする人も多いかと思いますが

FCの仕組みを簡単に言えばFC加盟者はフランチャイズ本部から販売ノウハウや商品仕入・お店の看板や

物流システムなど、その会社の商品やサービスを使う権利をもらい、その対価として毎月お金(ロイヤルティ)

を支払うといった仕組みが一般的です。コンビニエンスストアで言えばそのコンビニの商品やブランド力・

物流・知名度看板や運営ノウハウを享受できる事になります。例えば個人でコンビニ開業を考えた場合、

自分で一から商品企画や物流・販売ノウハウなど、最初から構築していくのは中々困難です。ましてこれだけ

コンビニが全国にある中で既存店と競って利益をあげていくのは中々難しいでしょう。FC加盟する事により

加盟店はその会社のブランドや商品をその日から利用する事ができ、比較的スムーズに開店をする事が

出来ます。しかしもちろんFC加盟をしたからと言って本部が全て面倒を見てくれる訳ではなく、商品発注や

従業員の教育・採用・店の商品レイアウトや広告・集客など売上げを上げていく努力をオーナー自身が行って

いかなくてはなりません。本部が提供してくれたノウハウや知名度をどのように活かしていくかはオーナー

自身の腕にかかっていると言えます。

様々なフランチャイズ業種

さて上記ではコンビニエンスストアを例として簡単に挙げましたが、当然にFCはコンビニだけではなく

様々な業種・職種があります。例えば飲食業で言えば居酒屋やレストラン・ラーメン店などはよくFC店

募集をしている事も多いですし、小売で言えばコンビニだけでなく金券ショップや総合スーパー・リサイクル

ショップやハンコ店など様々な店舗でFC募集をしています。またサービス業で言えばマッサージ店や

美容院・ネイル店・クリーニング屋などもよくFC店を見かけますし小資本の典型例ではクレープや

出張修理サービスなど無店舗型のFCも目立っています。特に副業レベルで考えた場合には無店舗型や

移動販売・屋台型のFCを検討している人も多くいるかもしれません。それぞれ自分が希望する職種や

自分が用意できる開業資金に沿ったフランチャイズを検討する必要がありますが、一言にフランチャイズと

言っても実際には内容が良心的なFCとそうでないFCがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

実際のコンビニオーナーの例

私の知り合いにコンビニオーナーが1人いるので収入例を含めてご紹介します。

この方は誰でも知っている大手コンビニ店で開業をしました。店舗と土地は自分で用意をしたと

言います(土地は賃貸)。オーナーが土地・建物を自分で用意した場合、コンビニ各社は大体35~40%

のロイヤリティを取っていると思います。もちろん土地や建物を本部が負担した場合にはロイヤリティは

さらに高くなる事になります。売上げによっては70%前後取られているコンビニもあるでしょう。

このオーナーの店舗は駅から徒歩2~3分の好立地で1日の売上げ(日商)は60~70万円程度。

月の売上げにすると2000万円前後といった所でしょうか。他コンビニの平均が50~60万かと思います

ので他店と比較すると割りと良い方かと思います。もちろんロイヤリティの他にも商品の売上げ原価や人件費・

光熱費などを支払っていかなくてはなりませんので多くのお金は残りません。このオーナーの場合には手元に

残る金額は月に30~35万円程度との事でした。また最近ではコンビニでもアルバイト従業員が集まりにくい

事もあり、オーナー自身が自分で週4~5日程度出勤をし、自らレジに立っていた事も多くありました。

また他社の競合店が近隣で開業すれば売上げにして5~10万円程度売上げが落ち込み、他社コンビニであれば

まだしも同じ系列店が近隣に立つこともあり、まさに共食い状態で売上げが落ち込む事もありました。

またアドバイザーである筈の本部のSV(スーパーバイザー)でさえもオーナーが不在の間に勝手に新商品を

大量発注したり、本部寄りの意見を強調したりと、あまり頼りにはならなかったと言います。もちろん全ての

SVがそうという訳ではないそうですが、やはりお互いの相性や当たりはずれも多いようです。またコンビニ

では以前から廃棄間近の商品の販売や値引き販売などが一部の店舗と本部で問題になっている事もあり、

またオーナー達の中にはロイヤルティが高すぎるといった声も以前から多くあります。本部と加盟店との

FC契約内容が今後どのように変化していくのかも注視していく必要があるのかもしれません。

またコンビニでは現在でもセルフレジの導入を急いだりクリーニング業やカフェ・宅配業など他業種の受付を

行うなど多角化が進んでおり、自分が選択するフランチャイズが将来的に息の長い業種かどうかを見極める眼も

必要になってくるでしょう。

フランチャイズ加盟のつらい所は?

さてせっかくフランチャイズ加盟をしたとしても希望していたような収入が得られなかったり、逆に借金

を抱えてしまったりしては元も子もありません。まずじっくりと加盟する企業を選択する必要があります。

フランチャイズのつらい所として考えられるのはまず契約期間が縛られている所です。例えば副業感覚で

FC店を開業したとしても、気分や状況次第で簡単に辞める、、という訳にはいきません。大抵は契約期間

中の閉店は契約違反となり違約金を支払う必要があります。また無事に契約期間を満了したとしても

更新有無には本部の意向も関わってきますし、期間満了で営業終了したとしても今後に同業種で営業を行う

事は禁止されているケースも多いでしょう。フランチャイズ加盟をするという事は契約内容に拘束される

ケースが多いという事は考慮しておく必要があります。この事は契約期間だけに限った事ではなく、

他の事例にも影響してきます。例えばオーナー自身が仕入れたい商品があったとしても本部が扱っている商品

でなければ仕入れる事は出来ませんし、売れないから値引きしたい商品があったとしてもいちいち本部の承諾が

必要であったりもします。自ら1人での独立開業と比較すると自由度は低くなりがちなのがFC加盟の難点

と言えます。

また多くの企業ではFC加盟を募集してはいますが、残念ながらそのフランチャイズの質は実際に加盟して

みないと分からない事が多いものです。想定した収入が得られないというケースも多くありますし、

開業前に本部から説明を受けたモデルケース事例と実際はまったく違う・開業後に次々に競合店が出来て

売上げが上がらないのに契約期間があるので辞められない、、等々、副業の軽い気持ちで立ち上げたつもりが

かえって自分の首を絞める結果になってしまったという経営者も多くいます。FCとは言っても良心的な

加盟金やロイヤルティで加盟できる所や、オーナー側の立場に立った本部の協力が得られる良質なFCも

あれば、単純に本業で利益を上げられなくなったからFC展開を始めたといった会社もあります。

他オーナーの声や評判などリアルな声を参考にして、じっくりとFC加盟を考えたいものですね。

今回はFCフランチャイズ加盟の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク