料理教室の副業

今回は料理教室の副業について挙げてみたいと思います。

人が生きていく上では食物は欠かす事はできず料理は食べ物を美味しく摂取するために必要な

技術です。1つの食材でさえ料理人の腕次第でいくらでも美味しい料理に化けてしまいますね。

海外の難しい料理に挑戦したい人やこれから花嫁修業のために料理を習いたい人・お菓子作りやパン作りに

励んでみたい人など、様々な目的で料理教室に通う人がいます。生徒として料理教室に通う人がいる

一方で、料理教室の講師や先生として副業的に教室を開業する人もいます。

料理教室の副業を始めるには?

まず料理教室を始めるにあたり、資格や許可は特に必要ありません。食品を販売するのであれば

食品製造・販売の許可や食品衛生責任者資格が必要になりますが、教室を開くのであれば特別な

許可は不要という事になります。もちろん個人事業主届出とか雇用面等の社会保険関係手続きは別途

考慮する必要はあります。

料理教室は基本的にその商売モデルだけを見れば収益性も悪いとは言えません。副業程度の小規模な教室

であれば人を雇用する事なく講師は自分1人でも教えられますし料理の材料費も持ち込みやレッスン料に

含む形で生徒負担であればお金はかかりません。水道光熱費や食器代・調味料代などは微々たるもの。

教室自体もスペースに余裕があれば自宅開業も検討出来ますし、場所がなければレンタルスペースや空き

テナントを利用して作業する事もできます。また公民館や施設等の公共施設を利用する事もできますね。

週末副業程度の定期的な教室開業であれば月極ではなく都度利用料負担のテナントの方が効率も良いでしょう。

キッチンやコンロ等、基本的なスペースがあれば料理を教える事は可能なので生徒が通う事を考えて

イメージだけで場所を制限せずに出来るだけ利便性が良いスペースを借りるようにしたい所です。

ただやはり生徒さんの人数によっては調理設備が過大になってくるので初期投資がかかりすぎるようで

あれば場所を考え直したい所。スペースなども狭いようであれば少人数制のレッスン形態にしたり交代制の

レッスンにする等、工夫をするようにしましょう。

スポンサーリンク

料理教室の集客は?

さて料理教室の集客については最初は知人・友人の伝手などで開業される方も多いようですが、さすがに

それでは限界が出てきてしまいます。やはり現在の集客はWEBがメインとなっています。Twitter・LINE

・FacebookなどのSNS関係を初め最近では視覚的にPRが簡単にできるインスタやスナップチャットを

利用する人も多くなってきました。またHPを立ち上げるにしてもカラーミーやBASEなど安価なサービス

が豊富にありますのでHP位は立ち上げるようにしたい所です。SNSにしてもHPにしてもやはり日々の

コンテンツをこまめにアップしていく事がアクセスアップに繋がりますので更新をコツコツしていきたいですね。

また料理教室のカリキュラムで難しい所はどのターゲットを中心に置くかという所。平凡な家庭料理を冷蔵庫

の余り食材でサッと作れるようになりたい!という生徒さんもいれば、イタリア料理などちょっと家庭で作る

には難しい料理を作れるようになりたいという人までニーズは様々。ターゲットをざっくりと広くしても

大手校と被って差別化が難しいしターゲットが狭すぎると集客が難しくなるという事にもなり兼ねません。

例えば3~4レッスンに1回は定番メニュー以外の趣向を凝らした料理を取り入れてみるとか生徒さんの

意見等を踏まえて、都度カリキュラムを変更・調整していきたい所です。

また料理教室に通わない生徒さんの理由としては教室の雰囲気に馴染めなさそう・様々な勧誘が面倒・

クックパッドなど無料レシピ媒体があるのでそれで十分、、という声も多いものです。確かに他の知らない女性

たちとの教室に参加するのに抵抗を感じる人もいるでしょうし、今ではクックパッドだけではなく実際に

調理動画をアップしているようなアプリも豊富にあるので、料理も自己流が増えていると言えばそうなの

かもしれません。今後も類似アプリなどが増えていくとすれば、料理教室経営は増々厳しくなっていく

可能性があります。

そのため料理教室側とすればやはり実際に一度教室に通ってもらって料理を体験してもらう事が一番の

集客に繋がります。無料体験コースを用意したり友人を誘ったお茶会などをセッティングする・1回使い切り

のチケットを発券してあげる等、まずは通いやすいコースを設定してあげて疑似体験をさせてあげる事から

集客が始まります。またその教室に通う意味を納得してもらう為にはやはり生徒さんに出来るだけ多く実際に

調理をしてもらい、試食を繰り返してもらう事が大切です。その上でプロならではの調理法や食材知識・

正しい盛り付けなどをアドバイスしてあげる事でその説得力が増していきます。元々料理教室自体がクチコミ

要素で広がっていく事が多いので、評判が良ければ友人知人等を誘って来てくれる生徒さんもポチポチ出てくる

でしょう。

また前述したように最近では一般の方でも料理に関する情報が簡単に入手できる環境になってきました。

そのため講師自身も今の技術に満足せずに向上心を常に持っておく必要があります。レッスンの合間を見て

様々な飲食店の料理を食してみたり自分でオリジナルレシピを試行錯誤して作ってみたりとプロの料理人

でもその努力は絶えず行っている人が多くいます。情報だけでは習得できない調理技術を生徒さんに教え

られる講師としてのスキルが求められているのかもしれませんね。

料理教室は儲かる?

さてそんな料理教室ですが果たして事業として儲かるのでしょうか。残念ながらこれだけ多くの競合教室

が多い中で無名の講師が開業した所で儲かるのは中々難しい事かと思います。料理教室を開業していたり

料理研究家やプロの料理人がレッスンしたりしていますが、恐らく多くの教室でまともな利益は出ていない

かと思います。月10万円の利益が出ていれば成功の部類と言って良いでしょう。それだけ料理は参入障壁

が低く主婦でも料理の上手な人なんて沢山いるので、よほどの引きがない限り利益を出すには時間がかかる

のが実際です。考え方によっては調理場でパートアルバイトでもしていた方が実入りは良いのかもしれません。

また自宅開業と簡単に言う事はできますが何かの伝手がないと他人宅に行ってレッスンを受けようという

気持ちには中々なれないものです。月謝について考えてみるとプロの料理人でさえ毎月5000円のレッスン料

で教室運営を苦戦している最中、個人の講師が集客を考えれば2000~3000円が相場といった所でしょう。

副業として週末に2回・月8回程度教室を開催したとして1レッスンでの生徒数が4人だとすれば

月の月収は8万円前後。もちろん経費としてテナント賃料や材料費等の問題もありますのでいかに教室運営が

厳しいかが分かります。開業時から大規模に始めるよりは、最初は初期投資等も少額に抑え利益度外視で

何年もかけて徐々に教室のクチコミの輪を広げていくイメージで軌道に乗せていく方が現実的と言えるでしょう。

これから運営が増々厳しくなる事が予想される料理教室ではありますが、興味がある人は挑戦してみるのも

良いかもしれませんね。今回は料理教室の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク