出張洗車の副業

今回は洗車代行の副業について挙げてみたいと思います。

車を持っている人であれば必ずしも定期的に行っておきたいのが洗車。自分の車を綺麗に保って

おく事は気持ちが良いですね。洗車をするには大別すると2種類いて、1つは自分で時間を見つけて

洗車をする人・もう1つは専門店等に依頼して洗車をしてもらうという人もいます。洗車をするという

作業は意外に時間がかかり、休日でも自分のプライベートな時間や家族サービスの時間が必要という

忙しい現代人にとっては洗車にも代行ニーズがあると考えて良いのではないでしょうか。

出張洗車のニーズ

洗車を副業にすると考えた場合、普通にアルバイト等で洗車仕事を募集していますのでそこに応募して

仕事を得るという事ももちろん出来ます。大手ディーラーやガソリンスタンド等で洗車バイトはよく募集して

いますしGSは人手不足状態である事も多いので採用確立も高いでしょう。また洗車には一般車だけではなく

タクシーの洗車バイト等もあり、タクシー洗車は深夜作業が基本になるので日中に本業を抱えている人には

お勧めの副業にもなります。

しかし普通にバイトに応募したのでは時給も900~1000円程度で副業としての副収入は上がりませんし

バイトのために常に時間を割いていかなければなりません。もう少し実入りが良く自分のスケジュールで動ける

洗車ビジネスを考えたいものです。ある程度自分のスケジュールで動けてかつ収入も自分でプランできると

なると「出張洗車」が1つとして挙げられます。出張洗車はその名の通り顧客宅や駐車場など顧客の指示する

場所へ向かいその場で洗車を行うというものです。もちろん店舗とは異なり洗車設備もありませんし顧客の指示

する時間内に作業を終わらせるとなるとそれ相当の洗車スキルは求められますが、それでも自分の空いた時間で

行える隙間ビジネスの中でも注目を集めている副業の1つかと思います。車オーナーの希望としては仕事で外出

している時に洗車を終わらせておいて欲しい・娯楽施設やショッピングモール等、買い物や外出の合間に洗車を

しておいて欲しい・明日外出するから夕方から夜にかけて洗車を、、など様々なニーズがあります。また洗車を

するとなるとガソリンスタンドなどに車を運ぶ手間などもかかり、また先客がいれば待ち時間もかかる事から

なおさら出張形態の洗車ビジネスへニーズが高まります。また一般車だけではなく洗車が難しいとされる高級車

など富裕層が所有する車種に限定してターゲットを絞っていくというやり方も面白いでしょう。料金設定も

富裕層の方が単価アップを見込みやすいですし何より富裕層は無駄な時間の消費を嫌がります。洗車時間や車の

持ち込み時間などは他人に任せたいという層も多い筈です。またまだまだ開拓の余地が多い分野ですから

最初は1人副業から始めて徐々に人を増やしエリアを拡大していく事も可能かもしれません。スピーディーかつ

迅速な洗車スキルが求められる副業ではありますが洗車が好きな人にとっては今後まだまだニーズを掘り起こせる

見込みのある副業かもしれませんね。

スポンサーリンク

出張洗車は稼げる?

さて出張洗車は稼げるかについて考えたいと思います。洗車に限らず既に存在する出張系の業者さん等は

大抵は「基本料金+出張料+作業時間料金(1時間いくら~等)」みたいな料金設定にしている業者さんも

多いかと思います。ただよくよく考えてみると出張洗車において基本料金ってなに?感じもしますし出張料も

顧客毎に出張エリアが異なるのにほぼ一律の出張料というのも少し不思議な気がしますね。それであれば

エリアをある程度限定してしまい基本料や出張料込の一律料金設定にしてしまった方が明瞭なような気もします。

もしくは車のサイズに応じて一律設定にしてしまうというのもありますね。

基本的な必要用具としてはバケツ・スポンジ・カーシャンプー・ワックス・タオルなど基本材料の他に

ブラシや水切り・コーティング剤やコンパウンド・曇り止めやクリーナー・ツヤ出し剤など材料は必要に

なりますが、コストとしては料金に占める原価としてもさほど高めでもなく技術料がほぼ利益になりますので

割りの良い副業という見方も出来ます。料金設定を考えてみると安めの洗車専門業者が1000~2000円程度・

ガソリンスタンドの手洗い洗車が2000~3000円位とすると出張形態の設定としては4000~6000円

が妥当な所でしょうか。副業的にこなすとして1日2件で1万円前後の収入で週3日こなせば3万円。

1か月4週で月に12万円程度と、かなりざっくりとした計算ではありますが副収入が想定できる事になります。

またこの副業の旨味はリピーターが獲得しやすい所にもあります。一度洗車をしてもらって洗車技術やサービスを

認めてもらえれば継続的に依頼してもらえる確率は高くなってくるでしょう。やはり洗車は車を綺麗に保つ上で

オーナーにとって定期的に必要なものなので出張業者にとっても仕事を取りやすくなります。また出張洗車業者は

既にありますが都内などエリアを限定している業者さんも多いので、頻繁に車の足が必要な地方などでもまだまだ

出張洗車の需要は眠っているのかもしれませんね。

出張洗車のつらい所は?

さて洗車ビジネスのつらい所としては出張形態に限らずですがやはり屋外での作業が多いという事です。

真夏は太陽の炎天下で作業を行う事も通常ですし真冬は寒空の下で凍えそうになりながら作業をする

という事も珍しくありません。また基本的に1~2時間の作業にはなるので当然ながら立ちっぱなしで作業を

するのが苦痛な人にとっても向いていない副業と言えます。

また一般的な洗車バイト等と比較してもその洗車スキルは高いものが要求されます。一定の時間内で仕上げる

という制約の元で顧客の車に傷などを付けないように仕上げ、かつスタンドのように洗車設備が整っていない

環境下で作業をする事は洗車技術が求められます。車という高額な動産がサービス対象である事から、過去に

経験のある方など自分のスキルを磨いてからでないとトラブルを招く可能性もあります。もちろんトラブル時の

ための保険加入等も事前に検討しておく必要があるでしょう。

また洗車ビジネスではあるもののオーナーとの付き合い方がこのビジネスの鍵となる事が想定され、

洗車以外の仕事も任される可能性もあります。車のメンテナンスや洗剤等の販売はもちろん・時には洗車に全く

関係のないオーナーのプライベート寄りの仕事をお願いされる事もあるかもしれません。そのため洗車業者

という認識よりは便利屋のように御用聞きのスタンスで臨んだ方が正解と言える部分もあるかと思います。

車の性能は時間の経過と共に上がっていますがそれでも運転をしている以上は定期的なクリーニングが必要

になります。車が好きな方・洗車が得意な人はこの副業に挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回は出張洗車の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク