YouTuber(ユーチューバー)の副業

今回はユーチューバーの副業について挙げてみたいと思います。

今や動画共有サービスとして誰でも閲覧するようになったユーチューブ。PCやスマホから

どこでも好きな動画を観れるサービスとして多くの人が利用しています。動画コンテンツの中には

テレビ等で放送されたコンテンツがそのままユーチューブにアップされている事も多くありますが、

その他にも数年前から個人のクリエイターが動画をアップするようになりました。これらのクリエイター

はユーチューバーと呼ばれるようになり、今ではサイトの中でも多くの個人ユーチューバーが動画を作成し

人気を誇っています。巷の小学生や中学生の中には将来なりたい職業にユーチューバーを挙げる子も

いるみたいですね。

スポンサーリンク

YouTuberになるには

ユーチューバーになるには特別な資格は必要ありません。Googleアカウントさえ持っていれば誰でも

ユーチューバーになれます。また動画編集だってやろうと思えばスマホで行えますし撮影もスマホで

行えます。ただしやはり編集等を考えても最低限PCは欲しいですし本格的な撮影を行っていくので

あればやはりビデオカメラも揃えておきたい所。動画編集に関しては無料のwindowsのムービーメーカー

で出来ますしそれでも物足りない場合には有料版を検討しても良いかと思います。

Googleアカウントを取得していればそのままユーチューブサイトにログインしチャンネル登録をします。

チャンネル名やカテゴリ・アイコンの設定等をしていきましょう。そして投稿する動画を作成したら

サイトのアップロードボタンを押して動画をアップする事が出来ます。登録自体は簡単ですね。

また多くの人が動画をアップする目的として、収益を得たいという人が多いかと思います。ユーチューバー

として収益をあげるには自分の動画に企業の広告を表示させて収益化する方法が一般的です。またその為には

ユーチューブのパートナーブログラムに参加する必要があり、プログラム規定に同意する必要があります。

違法アップロード等をしない事を誓約するもので、これもサイト上で行えるので難しいものではありません。

このようにユーチューバーになる事自体は意外と簡単なものとなっています。もちろんルールをしっかりと遵守

した上で動画をアップする必要がありますが、あとは当然ながら動画のコンテンツ内容は投稿者自身が自由に

決めることが出来ます。チャンネル登録やアクセス数が増える魅力的な動画をアップしていきましょう。

YouTuberは稼げる?

さてこれだけ知名度が上がってきたユーチューバーですが、仕事や副業としてユーチューバーは稼げるので

しょうか。例えばユーチューバーのトップクラス上位者として知られる○カキンさんや○じめしゃちょーさん

なんかは年収でも億単位の収入があるのでは?と囁かれています。確かに動画の中には100万回再生を超える

動画がズラリ。。これだけの再生数があれば高収入者と呼ばれるのも不思議ではないのかもしれませんね。

目安としてはユーチューバーの収入は「再生回数×0.1」くらいと言われています。例えば10万回再生されれば

1万円程度の収入があるのでは?といった感じです。この金額をどう思うかは人それぞれですが最近では

報酬単価自体が下がってきているのでは?という声も中にはあるようです。恐らくは広告主の出稿状況などによって

も広告単価は変わってくる事も考えられますし、将来的にユーチューブ以外の他メディアが台頭してくるような

事があればユーザーが移行していく可能性も考えられます。ユーチューバーでもニコ生などからユーチューブ

に移ってきたという人もいるようです。どのような仕事でも同じですが常に人気メディア等、様々な所に

アンテナを貼っておく必要があります。

また私達がユーチューブサイトを見ている時には関連動画などで普通に○万回再生されている動画がアップ

されていますが、現実的にはあれは一部の動画と考えた方が良いのかもしれません。その動画の下には

数十回~数百回程度で埋もれてしまった残念な動画が沢山あります。まして今ではユーチューバーになりたいと

多くの人が動画をアップしていますのでその競合ハードルは増々高くなっています。昔と比較すれば今は

狭き門と考えて取り組み方を工夫してみるのも良いかもしれません。とは言えこれだけ個人クリエイターが

世の中に向けてコンテンツを瞬時に発信できる仕組みがある事自体は素晴らしい事です。興味がある人は挑戦

してみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

ユーチューバーにはセンスが必要?

さてユーチューバーとして収入を上げて有名になっていくにはある程度継続的に動画をアップしていく

必要があります。一夜にして有名になった人は殆どいません。○カキンさんでさえ身近なものから

長期間に渡り動画をアップしていき徐々にアクセスが集まってきたという経緯もあり、やはり知名度を

上げるには時間が必要という事です。

しかし困った事に多くの人が動画配信をするにあたり、ユーチューバーの中にはネタ詰まりになっている

人も多いと聞きます。確かに動画を見ていると「このネタ他の人の動画でも見たかな?」という事はよく

ありますよね。他のユーチューバーのネタを手を変え品を変えやってみたりテレビ番組の内容を少しひねって

動画にしてみたりゲーム実況といった感じも多くなっているのでしょう。またそれに伴い一般ユーザーからの

風当りを強く受けている人もいるようです。

しかしそれでも一定数の人はアクセスを稼いでいます。これは個人的に思う事ですがやはりそれらの人々に

感じるのは人間的魅力やセンスです。極端に言えば黙っていても面白い人というのは一定数いますし普通に

おしゃべりしている動画でもなぜか数十分見てしまう人というのはいます。またこれらの人は例えば他の

ユーチューバーと同じネタの動画をアップしても「この人がやると面白い」という人は確実にいるかと

思います。またセンスと言えば人間的なセンスだけでなく映像作成のセンスにも表れます。例えば動画の入り口

となるサムネ1つの出来栄えにしてもアクセス数は変わってきますし、効果音やテロップ等の動画の編集の仕方

によってもだいぶ印象や面白さが変わってきます。こればかりは元々の能力やセンスとしか言いようが

ありませんが、ネタの企画力で勝負するのか・流行りもので勝負するのか・自分の人間的魅力で勝負するのか、、

何かしらファンが増える取っ掛かりとなる部分を作った上で望みたいものですね。

ユーチューバーのつらい所は?

ユーチューバーの辛い所はまず動画をアップしていくだけに顔をさらすケースが多いという事はあるかと

思います。ブログ配信であれば匿名ブログなど顔写真を出す必要はありませんが、ユーチューバーとなると

やはり顔を公表して動画をアップしている人が多いものです。中には変装をして活躍している人もいますが

それがウケるかどうかは動画内容次第。また顔だけでなく動画内容を通して個人情報等が流出する可能性も

ありますので慎重に映像をアップするようにしていきたい所ですね。また自分の情報だけではなく

他の人を中傷してしまったり炎上させてしまったりという可能性もあるので、動画をアップする事でどのような

方面の人たちに影響を及ぼす可能性があるかという事も考慮しながら慎重にアップしていきたい所です。

また私達はユーチューバーのアップした動画を単純に面白く見ているだけですが、これらの動画をアップ

するためにユーチューバーさん達は編集作業に多くの時間を割いています。動画編集だけに数時間を割いて

いたり時には編集を間違ってしまったりそもそも撮っていたと思い込んでいた動画が撮れていなかったりと、、

色々な苦労が起こり得ます。面白い動画を撮るだけでなく観る人が快適に面白く見てくれるためには

どう編集すれば良いかという事を常に模索しながら編集作業に取り組む事が必要になってくるでしょう。

また動画をアップするにあたり権利関係も意識する必要があります。例えば普段から聴いている音楽や

所有しているアニメのグッズ等は自分がプライベートで使用する分には問題ありませんが、ユーチューバー

として動画にアップする場合には版権などの問題で許可されないケースも多いものです。勝手に音楽や

グッズ等を無断で使用する事は法律等に抵触する可能性がありますのできちんと確認した上で動画を

アップするようにしましょう。

またユーチューバーは人気・知名度が上がってくると今までアルバイト等や本業がある人も仕事を辞めて

ユーチューバーに専念するという人も出てくるかと思います。そのためユーチューバーは見方によっては

個人事業主のような形にも見えます。収入が上がれば申告なども自分で管理する必要がありますし

お金のやりくりも自分で行います。また動画作成が中心になってくるとどうしても時間が夜型になる人や

外出が少なくなるケースが増えてくる傾向もありますので、生活のリズムには気を付けたいですね。

つらい所も幾つかあるユーチューバーではありますが、動画制作に自信がある人や世の中に映像を

発信していきたい人は挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

今回はYouTuberユーチューバーの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク