出張マッサージの副業

今回は出張マッサージの副業について挙げてみたいと思います。

普段仕事疲れにより定期的にマッサージを利用しているサラリーマンやOLさんは多いかと思います。

職場や人間関係から受けるストレスを和らげたり体の疲れをほぐしてくれるマッサージの人気は年々

上がってきているようにも思います。今後高齢化社会を迎えるにあたり増々注目を集めそうなマッサージ

ビジネス。大きな元手や設備も必要なく自分の腕1つで始めやすいビジネスとしても有望視されています。

今回はそんな中でも出張形態のマッサージについて触れてみます。

スポンサーリンク

出張マッサージの仕事内容は?

出張マッサージの仕事内容は簡単に言えば店舗で行われるマッサージを顧客の自宅やホテル・企業やオフィス

等で行うという事になります。マッサージ師は依頼を受けた顧客の元へ向かい、施術を行います。ただし

ラブホテルなどは派遣先として選択できないケースが多くホテルを選択するとしてもビジネスホテルや

シティホテルなど派遣がOKな場所へ出張をする事になります。

またマッサージと一言に言ってもその種類は様々でリフレクソロジーやあん摩・エステティックや

アロマオイルマッサージなど店舗ごとに特色を打ち出しています。公的な免許資格者であるのは按摩・

マッサージ師になり、無資格者がマッサージを称する事は禁じられていますが、実際には顧客にはその辺り

の違いは分からずに全てを「マッサージ店」と一括りに認識してしまっているような現状があるようです。

また最近では低価格化に伴い各社が価格競争になりがちでありマッサージ業は参入障壁も低いため競合店舗

が出来やすく、出張形態を含めて新しいマッサージの手法を打ち出していく事が求められています。

出張マッサージの流れとしてはまず顧客がネットや電話で予約をする事から始まります。希望のコースや

施術時間・指名をする場合はそのマッサージ師を選択する等、あらかじめ選択をし、マッサージ師の到着を

待ちます。そしてマッサージ師は指定の場所まで訪問をし、料金を受領してから施術を開始するといった

流れが一般的です。また出張マッサージの場合には出張費を顧客負担とするのか料金に含まれているのか・

また出張エリアによって料金に差をつけるのか等を決めておく必要があります。

出張マッサージを始めるとしても必要な備品としてはマットやタオル・シーツ・移動手段(車・自転車・

バイクなど)スマホ・領収書・釣り銭など基本的な備品は安価に揃うもので、やはり施術料が料金の殆どを

占める事から利益率の高い商売という事は言えます。

なぜ出張マッサージを選ぶのか

さて街中には多くのマッサージ店が混在しています。競合がひしめくエリアでは数十メートル歩くごとに

マッサージ店にぶつかる地域もあるくらいです。しかしこれだけマッサージ店が存在する中でも毎月

きちんと利益を残している店舗は多くありますし、個人で出張マッサージ業を営んでいる人でも副業収入

とは思えないような金額を稼いでいる人もいます。

まずマッサージ業というのは基本的には在庫を抱えない商売です。施術自体が料金のメインとなり

物販のように毎月多くの在庫を抱える必要がありません。その分利益率は他の業種と比較しても高くなる

傾向があります。

また撤退が容易な所もマッサージ業の良い所です。基本的には大掛かりな設備投資などは必要ありませんし

テナントも駅から離れていたり地方テナントであってもマッサージ師の腕が良ければ顧客は集まります。

また前述しているような出張マッサージであればそもそもテナント自体が必要ありませんので、自宅で

受注が入るまではゆっくりしていても良い訳です。

また商売であれば人件費は大きなネックとなりますが、マッサージの場合には個人事業として1人でやる

分には人件費もかかりません。人を雇うとしても歩合制や時間単位制にし、施術を行った分だけ給料を

支払うシステムにすれば人件費が垂れ流しになるようなリスクは殆どありません。人件費面から言っても

マッサージ業は有利な業種という事は言えるでしょう。

また出張マッサージはテナント費がかからない利点があるという事以外にも、大きなメリットがあります。

それは客層に富裕層が集まり易いという事です。やはり金銭的に余裕がある富裕層は時間でさえもお金で

購入してしまう人もいます。自分が移動する時間すら勿体ないと考える人はわざわざ店舗に出向くよりも

出張マッサージを選択します。客層=富裕層になるという事は下手なクレームは減少しますし料金単価も

上がります。また時にはチップを頂ける事もあるかもしれません。また客単価が上がるという事は

多少客数を減らしても利益は確保できる為、自分の労働量を減らす事にも繋がります。事業主の労働量が

減れば他の事業にも時間投資できますし従業員を雇う事により受注できる客数も倍増します。このように

客層を富裕層メインにするという事は事業効率を各段にアップさせてくれる利点があります。

マッサージ師のつらい所は?

出張マッサージのつらい所はまず集客面から一から自分で始めていかないといけない所です。

事業を始めるのであれば当たり前の事ではありますが、例えば商店街の一角にマッサージ店舗を開業

すればその新しい店舗を見て来店してくれる顧客もいるかもしれませんが、出張形態の場合には

そうはいきません。また始めやすいネット集客でさえターゲットが高齢者となると難しい部分でもあり、

チラシやビラ・雑誌広告など古典的な集客に頼らざるを得ないケースもあるでしょう。

また最初はどこかのマッサージ店に勤めて自分の固定客をある程度確保してから開業する方法も

ありますが、事前に承諾を得ておかなければ前オーナーとの衝突にもなり兼ねません。

またマッサージ師は施術されている側は気持ちの良いものですが、マッサージ師自身は全身の力を使い

施術を行っています。そのため施術には思いもよらぬ力を使う事になり、それが毎日の事だと相当な労力

になります。そのため副業的に週末だけ施術を行ったり人を雇う事で労力を分散する等、工夫が必要と

言えます。またマッサージは施術の上手さだけで集客が出来るかと思いきや、コミュニケーションスキル

が大切な仕事です。施術中の会話が上手であるかどうかで顧客からの人気度にも違いがあり、

特に最近では女性で会話の上手いマッサージ師が人気が出る傾向があります。また高齢者をターゲット

にするのであればコミュニケーション力やお話を聞いてあげる姿勢などはリピートの上では大切な

ポイントとなり、施術の腕だけで集客が見込める訳ではない事は他の商売とも共通する点と言えます。

マッサージに興味がある人や将来個人事業主として活動していきたい人は挑戦してみるのも良いかも

しれませんね。今回は出張マッサージの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク