賞状書士の副業

今回は賞状書士の副業について挙げてみたいと思います。

今まで何かのコンクールや授賞式で賞や賞状をもらった事がある人もいるかと思います。

また見た事がある人も多いかと思いますが賞状は手書き風の書体で書かれている事も多く

賞状書士が筆文字で書いている事もあります。また賞状書士が書くものは賞状だけではなく

卒業証書やポスター・祝辞・イラスト・感謝状・式場看板など筆文字が求められるシーンは多く

あります。PC等の普及により最近では手書きの機会が減っているようにも思えますが、

今も副業的に賞状書士の仕事をこなしている人もいます。

スポンサーリンク

賞状書士の仕事内容は?

賞状書士の仕事内容は前述した通り、対象物に対して手書きで文字を書く事が仕事になります。

仕事としてお祝い事関連のテーマである事も多いことから、その書体もバランスが良く誰が見ても美しい

文字を書けるという事が必須となってきます。そのため賞状書士になる人には資格所持者だけではなく

書道師範や筆ペン筆者・昔から手書き文字に慣れている人などが書士になっている事も多くあります。

またこの副業は在宅ワークになるので職場に属する事もなく、家を離れる事ができない人にとっては

向いている副業と言えるでしょう。また準備するモノとしても自分で用意するのは筆程度である事が多く

大抵は依頼者側でレイアウト指定用紙等を用意してくれるので割りの良い仕事という事は言えるでしょう。

仕事の流れとしては下書きをし試作をしながら仕上げていく工程になる事が一般的なようです。

また賞状書士と言うと単純に文字を書けば良いという仕事にも見えますが、実際には書面上でのレイアウト配置

も大切になってきますし、依頼内容によって宛名、式辞、熨斗なども考えなくてはなりません。

主に特別な式や冠婚葬祭関連の仕事受注が多くなってくるので、やはりプロが書いたとわかる程度の技術が

求められます。

また賞状書士には関連の資格が幾つかあります。主に民間団体での書状書士関連の資格があり、書状書士

として活躍している人の中には実際にこれらの資格を取得している人も多いでしょう。本来は文字を書いて

収入を得る事に資格は必要ありませんが、やはり書状書士という知名度の低い立場で仕事を拾っていくには

ある程度は資格名称で信頼を勝ち取っていく部分もあるのかもしれません。また過去にどのような筆耕を

行ってきたか、その実際の仕事内容を相手に見てもらう事も顧客を獲得していく事も必要になってきます。

賞状書士になるには?

賞状等を書いて収入を得るには前述したとおり資格を取得する必要はありません。

賞状を書くことに資格は必要ありませんので、書けるだけの技術や知識があれば特別な資格は取得する

必要はない訳です。しかし実際には多くの賞状書士と呼ばれる人たちは資格を取得している人が多いように

思います。また民間団体に資格保持者として登録をし仕事の紹介を受けている人もいるでしょう。

資格を取得するという事は資格保持者になれるだけではなく筆耕の様々な技法を学ぶ事が出来ますので

興味がある人は取得を目指しても良いのかもしれません。

しかし賞状書士が仕事を得る上で実際に必要となるものは名称だけではなくコネや繋がりが必要です。

顧客としては個人だけではなく冠婚葬祭関連や学校教育関係・ショップ等の贈答品関連など、法人や団体

相手となるケースも多くあります。以前から継続して仕事を受注していたり何らかのコネを持っている書士

が有利であり、まったくの新参者がこれから仕事を開拓していくのは中々困難な部分でもあります。

また今後は言うまでもなくネット媒体での集客も大切になってくるでしょう。

賞状書士の報酬は?

賞状書士の報酬は例としては賞状1枚につき2000~5000円程度の報酬となっています。

また看板など大掛かりな案件については1万円程度の報酬が出る事もあるようです。例えば月に2~3件

の仕事を受注したとしても1万円前後の副収入くらいにしかならない計算になりますので、多くを稼げる

副業とは思えません。単価自体は副業としては悪くはないのですが、やはり仕事の受注案件数自体を

取ってくるのが難しい仕事でもあるため、余程のパイプがある人でない限り現実的には稼ぐ事はなかなか

難しい副業と言えるでしょう。

賞状書士のつらい所は?

賞状書士の副業のつらい所はやはり仕事案件自体が少ない事です。今や現場でPCを使う事は当たり前ですし

手書き風の書体でさえパソコンでプリントアウト出来てしまいます。またどうしても筆耕が必要であったと

しても実際にはその会社内部の慣れている人間などがこなしてしまうケースも多いですし、冠婚葬祭やギフト

関連会社も既に取引先や依頼先が決まっているのが普通です。また元々の案件のパイ自体が少ないため、

賞状を書く技術だけではなく営業力や集客力・提案力など別の能力も試される所でしょう。間違いなく言える

事は資格を取得=仕事に繋がるという発想は捨てておいた方が良いかと思います。

どうしても賞状を書く仕事をしていきたいのであれば、やはりメインの仕事としてではなく、副業的に

依頼があった時だけこなしていくという趣味を兼ねた仕事として考えた方が上手くいきやすいのかもしれませんね。

今回は賞状書士の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク