愛犬・愛猫の洋服作りの副業

今回は愛犬・愛猫の洋服作りの副業について挙げてみたいと思います。

昔からペットが好きな人は多いものです。特に昨今では独身世帯や核家族化が進むに連れて

家庭内でペットを飼う人が増えています。中には人間の異性との結婚には見切りをつけ、一生ペットと

一緒に暮らすといった決心を持っている人さえいるようです。今後も人間関係の希薄化や社会の繋がり

が少なくなっていくに連れて、増々ペットを飼う人は増えてくるでしょう。今回はそんなペットのための

洋服作りの副業に触れてみます。

スポンサーリンク

飼い主の気持ちを理解した洋服?

現在ではフリマアプリやオークションを通じて自分が手作りで作ったハンドメイド品を個人で

販売する人が増えています。アクセサリーや洋服など自分のセンスを活かし、それぞれの作家が多くの

作品を販売しています。当然に多くの収入を稼ぐ作家もおり、中には外注化に成功し億単位の年商を誇る

凄腕作家もいるようです。

しかしこのように多くの収入を稼げている作家ばかりではなく、ほとんど収入に結び付いていない作家も

多くいます。むしろ月に10万円の純利益を得ている作家は少ないと見るべきでしょう。それくらいハンド

メイド品を販売する事は簡単ではなく、実際に収入に結び付けるには技術やセンス・経験が必要になってきます。

また最近ではアプリやメディアの影響からかハンドメイド作家の数が増えており、一般の主婦であった

人が次々にハンドメイド市場に参入してきています。当然にライバルが多くなるほどハードルは高くなり

稼ぐ事は難しくなってきます。そのため他の作家があまり手を出していない分野や参入障壁がある分野へ

シフトしていく事も多くなっていくでしょう。その点でもペットの洋服作りというのは顧客から

オーダーメイドで服を作り上げるため、アクセサリー制作等と比較すれば手間がかかります。またアクセサリー

等のように同じパーツを使いまわせるとは限らず、またペットによって骨格や大きさが異なるため、

1つ1つのオーダーをこなすのは技術が必要です。またペットの洋服だけにサイズ自体が小さく細かい裁縫が

必要になるだけでなく、フィット感にもこだわって制作をしなければペットが長く着用してくれない事も

あり、ペットが喜ぶ洋服でなければ飼い主がリピートしてくれる事もないでしょう。ですがこのように

制作が難しい分野だからこそそれが参入障壁となり副業としても成立する可能性があります。大きな市場を

皆で奪い合いをするよりは、1つの小さな市場を極めた方が個人にとっては有利です。これはペット洋服だけ

でなくコスプレや子供服制作などにも同じ事が言えますが、今後はよりニッチな市場を見つけていく工夫が

求められていくのかもしれません。

また確かに大手業者でもペットの洋服を製造してはいますが、やはり大手の製品は既製品レベルに終わって

いるものが多く、悪く言えばどのようなペットでも着れるような無難なデザインなものがほとんどです。

しかし実際には愛犬家や愛猫家のペットへの想いや愛情というのはそれ以上に深く、既製品のデザインでは

我慢できない・自分のペットの体に完全にフィットする洋服が見つからない・オーダー制作はコストがかかり

過ぎるといった不満を持つ飼い主も多くいます。これらの不満を解消し飼い主が求めるオリジナルのペット洋服を

個人だからこそ実現できる安価な価格設定で提供してあげる事がペット洋服作りの副業の醍醐味と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ペット洋服作りの副業をするには?

洋服作りをする上では特別な資格は要しないため、裁縫技術があれば誰でも取り組める副業と言えます。

もちろん洋服を販売する以上はタグ付けや品質表示はクリアする必要はありますが、販売チャネルとしても

ネットショップやSNS・フリマアプリやオークション・委託販売など様々な販路がありますので特別に

困る事はないかと思います。

ただしやはり飼い主からオーダーを受けてから制作し始めるために、そのオーダー内容をしっかりと

詰めておく必要があります。サイズの聞き違いや認識違いがあれば作り直しをしなければならないケースも

出てくるでしょうし、飼い主が希望するデザインのイメージがしっかりと伝わっていなければ苦情に発展

する可能性もあります。トラブルを回避するためにも事前に写真や動画でペットの体格を確認しておいたり

制作途中に過程の出来上がり具合をその都度確認してもらう等、しっかりとコミュニケーションを取りながら

作業を進めていく必要があります。また昔と違い現在ではテレビ電話やSkype等、遠隔でもコミュニケー

ションが取れる手段が豊富にある事から、ペットを交えて顧客と交渉を進める事も比較的容易になっています。

またペットの洋服作りはある程度技術が必要である事から、自分がプロとして活動するようになれば

ペット洋服作りの教室開業も検討できるかもしれませんし、型紙の通販・リペア修復専門店など他分野への進出

も考えられます。ペット業界は今後も需要が見込まれる分野である事から、やり方次第でまだまだ活路が

見い出せる副業と言えるでしょう。

ペット洋服作りの報酬は?

さてペットの洋服をハンドメイドで作るとしても、やはりライバルとなる大手業者との差別化はある程度

考えておかなければなりません。例えば大手業者でもペット洋服作りを受注している会社は多くありますが

注文しようとしても大抵は5着~10着などの最低ロット数が決められていたり、パターン料金等が別途

かかってしまったりと、個人が気軽に依頼できないハードルがあったりもします。

個人で洋服作りを受注するのであればやはり1着からなど小ロット対応を可能にし、材料費以外にはコストを

かけないスタンスを顧客にPRしていくのも良いかと思います。もちろん作る洋服によって手間が異なるので

一律料金は難しいですが、例えば1着のオーダー制作料金が4~5千円とし月に5~6着制作すれば

2~3万円程度の副収入にはなります。その他にもその制作ノウハウを教室開講などでお金にする事で

もう少し収入を上げる事も可能かもしれません。

飼い主はペットを愛するあまり、洋服などペットが使用する物に対しては特にオリジナリティを求める傾向が強い

ように思います。そのような飼い主の細かな願望に応えるにも手作りのハンドメイドは相性が良く、希望に沿った

実用的な洋服を作れるケースも多いでしょう。興味がある人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回は愛犬・愛猫の洋服作りの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク