ラウンダーの副業

今回はラウンダーの副業について挙げてみたいと思います。

外回りのお仕事で副業にできる職種を1つ挙げてみるとラウンダーのお仕事があります。

人によってはオフィスの中でこもりっきりになるのが嫌という人や、職場環境を転々としたいという

人もおり、特にこのラウンダー職種はOLさんや主婦の方々にも人気の仕事となっています。

様々な新製品に触れられたり多くの職場の人間と接する事ができるのもラウンダー職の魅力の1つ

なのかもしれません。

スポンサーリンク

ラウンダーの仕事内容は?

ラウンダーの仕事内容は簡単に言えば外回りの営業・もしくはルート営業と同じ意味で捉えられる事も

多いかと思います。自社と取引関係などがある店舗や会社を廻り、既に商品を置かせてもらっていたり

取引をしている各売り場をラウンドする事で、その売り場の改善点や売上げアップ策・売り場の不便な所

などをヒアリングし、その問題点から改善案を提案したり、自分なりにプロモーション企画を立ち上げる・

売上げ不振が続く場合には商品陳列を変えてみたり商品を引き立たせるPÒPを作成する等、売り場にとって

プラスとなる材料を提案していく事がラウンダーの主な仕事内容になります。売り場担当者としても新商品の

売り出しや陳列・PR方法には頭を悩ます事もありますし、商品の売り出し方を把握していたり他店舗の成功事例

等を熟知しているラウンダーならではの意見が売上げを大きく左右させる事もあります。

また逆に展示ブース内で自社製品の存在感が弱ければ逆に改善要求を出す事もありますし、販売スペース

が狭ければその拡充を申し入れるようなケースもあるでしょう。数多くのメーカーの商品が置かれている

限られたスペースの売り場の中で、どのくらいの販売スペースと売り場位置を確保できるかによって、

売れ行きも大きく変わってきますので、その辺りの交渉もラウンダーの腕の見せ所の1つと言えるでしょう。

また商品の売上げを伸ばす事だけではなく店舗・売り場側とのコミュニケーションを普段から十分に取って

おく事もラウンダーの大きな仕事の1つです。普段から売り場担当者と意思疎通が取れていれば販売促進

の相談もスムーズにいきますし、お互いにある程度率直な意見交換ができます。ひいてはメーカー側と

店舗側の橋渡し役としてラウンダーは必要不可欠な存在となり、優秀なラウンダーはそのまま店舗側に

引き抜かれて正社員雇用されるようなケースもあります。

ラウンダーは営業職と同じイメージを持たれがちですが、実際にはより顧客目線で売り場に立つ

必要があるという事は言えるでしょう。営業職はある意味では店舗側への商品の売り込み・搬入が完了すれば

その時点で評価される事も多いものですが、ラウンダーの場合にはその商品が売り場に置かれてからが本当の勝負

の始まりです。また売り場によっても客層も異なれば立地も異なり、店舗によって当然に商品の売れ行きも

変わってきます。1つ1つの売り場に張り付いて顧客目線で改善案やプロモーション策を立てていくのも

ラウンダーの大きな役割の1つとなっています。

スポンサーリンク

ラウンダーの仕事をするには?

ラウンダーの仕事をするには求人誌やネット求人など一般的な求人媒体から応募をする事がメインとなって

きます。またラウンダーの雇用形態に関しても正社員・契約社員・派遣・パート等、様々な雇用形態での

採用があります。特に最近で多いのがやはりバイト・派遣でのラウンダー求人を見かける事がよくあります。

アルバイトの場合にはメーカー会社等に応募をし、派遣社員の場合には派遣会社に登録をしてから派遣をされる

事になります。主婦やOLさん等も空いた時間を活用して副業としてラウンダーをしている人もいます。

応募資格は不問の会社も多いですが、売り場担当者との兼ね合いから20~40代くらいの年齢制限を設けて

いる会社も多いようです。また大抵は3~5店舗ほどを巡回するケースが多い事から、普通免許程度は持って

おいた方が良いでしょう。また未経験でも採用のチャンスは十分にありますが、巡回する店舗の商品や

アイテムが特殊・専門的な場合にはその経験を問われる事もあります。例えばスポーツ店のラウンダーで

あったり時計商品のラウンダーの場合、やはり過去の経験がモノを言うケースもあるので経験者が優先される

事もあります。また面接時には曖昧になりがちな勤務時間(巡回中のどこからどこまでが勤務時間とされるか等)

・車両持ち込みの有無やガソリン代等の経費負担についてはしっかりと確認をしておきたいですね。

ラウンダーの給料は?

ラウンダーの給料は仕事内容・専門性・地域等にもよりますが、一番多いアルバイトや派遣職種を軸として

考えると時給1200~1400円程度の時給設定が多いようです。特に一般的な飲食店等のアルバイトと

比較すれば多少高めな設定となっており、副業としても取り組みやすいとも言えます。例えば1日5時間程度

週3日勤務したとすれば月に7~8万円の副収入を得る事も可能であり、副業としても十分に成立はします。

ただしラウンダーとは言っても営業職とは異なり、例えラウンダーの指示やアドバイスによって店舗の売上げ

が実際に上がったからと言って、歩合やインセンティブが付くというケースは少ないものです。また実際にその

ラウンダーの助言によって売上げに繋がっていたとしても、それが本当にラウンダーによる成果だという証拠は

どこにもありません。時期的にたまたま売上げが上がったのかもしれませんし、メディア等の影響で商品の

認知度が自然に高まって売上げに繋がった可能性もあります。ラウンダーの仕事はやりがいのあるお仕事では

ありますが、数字などの表面的な部分にはその成果が表れにくい仕事という事は言えるのかもしれません。

ラウンダーの仕事のつらい所は?

ラウンダーの仕事のつらい所はまず売り場担当者との人間関係に拘束されてしまいがちな所です。

仕事上、数多くの店舗を廻る事がラウンダーの仕事であり、多くの売り場担当者や責任者と接する機会が

多いのもこの仕事の特性でもあります。どんなに販売促進力に長けているラウンダーでも、その売り場担当者

と意思疎通が十分に取れないのであればその実力は売り場に反映されません。そのためやはり人付き合いが得意

な人や、どちらかと言えば万人受けするような人間の方が向いている副業という事は言えるでしょう。

またラウンダーのイメージとは異なるものですが、意外に体力仕事が多いという事も挙げられます。

1日に数店舗廻る事も夏場や冬場であれば厳しい事もありますし、また展示や販促をする際にも重い重量の

ある商品を運ばなければならない事もあります。また腰を折りながらPOP作成や売り場作り等も何時間も

根を詰めて作業すると結構きつく感じるものです。ただ単に車で各店舗を廻って売上げをチェックするだけの

お仕事といった安易なイメージは捨てて置いた方が良いのかもしれません。

ラウンダーのお仕事は大変な部分もありますが営業や販促・企画・交渉力等、仕事に就く上で大切な要素を

体系的に学べる仕事でもあります。ラウンダーの仕事に興味がある人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はラウンダーの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク