ハンドキャリーの副業

今回はハンドキャリーの副業について挙げてみたいと思います。

日本国内では宅急便や宅配・バイク便や自転車便など色々な配達業者があります。

しかしそれらの業者では海外への配達が難しい場合や遠方への配達は時間的に間に合わない場合など

不都合が生じる可能性もあります。ハンドキャリーは海外へも書類や荷物を届けるのによく利用されます。

普段から海外へ行く事が好きな人にも向いている仕事と言えるでしょう。今回はそんな各所を飛び回る

ハンドキャリーの副業に触れてみます。

スポンサーリンク

ハンドキャリーの副業の仕事内容は?

ハンドキャリーの仕事内容は依頼主から頼まれた国内や海外の配達先へ荷物や書類を届けるサービスです。

依頼主は法人相手となる事が多く商社や海外代理店等、もしくは個人顧客等が対象になります。渡航先は

依頼主によって様々ですが近年では中国やベトナム・タイ等に荷物を運ぶことも多いでしょう。

荷物としては書類や試作品・精密機器部品などが多く、手に持てる程度の大きさや重さの荷物が中心に

なります。前述したように国内には配達業者がいくつもありますので、利用者がハンドキャリーを使う

意味としては、なるべく早く届けてもらいたい・海外への配送の場合・荷物が精密部品等のため

輸送車や航空便等での配達では破損の可能性がある時など、やはり人の手で届けなければならない理由が

ある場合にハンドキャリーが利用されます。また利用者である企業によっては例えば海外へ荷物を配達する

際でも、船便や航空便を利用してはかなりの時間がかかってしまう為、多少のコストはかかってしまっても

緊急的に荷物を配達してもらいたいというニーズも一部ではあります。

海外へ配達する時には当然飛行機を利用しますし、国内の配達先であれば新幹線や車・飛行機を利用する事も

あります。ハンドキャリーと言うと海外旅行気分で副業ができると考える人もいるかもしれませんが

チケットを手配する必要もありますしパスポートも必要であり、入国ビザが必要な場合もあります。

また案件によって語学が必要になる事もありますし輸送手段の検討・通関や税金・インボイスの作成など

様々な事を考えなければなりませんし渡航先で宿泊が必要になった場合には宿泊先を確保する事もあるでしょう。

また荷物自体が通関での規制品であった場合にはハンドキャリーをした人自身が止められる可能性もあり、

輸送禁止品などの知識も頭に入れておく必要があります。

しかし渡航費や交通費は無料ですし配達が完了した後は自由時間が確保できるケースもあるので、地理に

慣れた人やよく海外に行く人等は挑戦してみる価値はあるのかもしれません。

ハンドキャリーの仕事をするには?

通常の副業やアルバイトであれば求人誌やネット求人等を中心に探す事も多いかと思いますが、

ハンドキャリーの仕事は見つける事自体に苦労する事も多いかと思います。特に海外へのハンドキャリーの

仕事案件は少なく、どちらかと言えば国内の募集が多い印象です。ハンドキャリーはその仕事の特性上、

業者と繋がりのある関係者や従業員が仕事をこなす事が多く、会社によっては外部の人間には任せられない

といった風潮もあるようです。また既存の宅配業者や代理業者が多いだけにコスト高となるハンドキャリー

の需要自体は多いとは言えず、人手が足りているという事情もあるのでしょう。そのためハンドキャリーの

仕事をするには関係者が周囲にいる場合には伝手をたどってみるか、ハンドキャリー業者のHP等から直接

申込みをしたり転職サイト等に時々掲載される案件にエントリーするといった流れが多いかと思います。

募集数は少ないですがこまめに求人を見ていけば見つかるかと思います。

また求人募集があったとしても応募条件もある程度ハードルが設けられている事もあり、例えば年齢不可や

○歳以上不可など年齢制限がかけられていたり、パスポートを所有している・並レベルのPCスキル・日常

英会話程度はできる人といったように条件がかけられている事も多いものです。そのため学生さんや時間が

ないサラリーマン等には難しい仕事と言えるのかもしれません。

スポンサーリンク

ハンドキャリーの給料は?

ハンドキャリーの給料は出来高制である会社が多く、1勤務にいくら~といった形で報酬が支払われる

事が多いでしょう。例えば1日勤務で1万円程度・海外渡航の1泊二日で2~3万円程度と会社や渡航先

ごとに報酬にバラつきがあるのも特徴です。海外に行けてこれだけの報酬がもらえれば割りが良い仕事と

考える人もいるかもしれませんが、時間給にして考えてみればさほど高くはないケースも多く、

また渡航先で滞在日数が増えるリスク等も考えれば高額報酬とは言えないのもかもしれません。

またハンドキャリーで正社員雇用の求人を見かける事もありますが、年収400万円前後の会社も多く、

一般のサラリーマンと大きな変わりはないように思います。海外へ飛び回ったりする事が好きな人には

向いている仕事とも言えますが、お金儲けのために行う仕事とは言い難いのもかもしれません。

ハンドキャリーの副業のつらい所は?

ハンドキャリーの仕事のつらい所はまず緊急性の高い仕事が多いという事です。

依頼主の立場からすればすぐに海外へ輸送して欲しい等の要望である事も多く、当然にそれに対応できる

人でなければ仕事が務まらないケースが多くあります。翌日に海外へ飛んでほしいというのであれば

まだしも、今日○○へ行ってほしい・今から数時間後に海外へ飛んで欲しいといったように突然の依頼が

入る事もあります。そのため本業を抱えている人や普段時間の余裕がない人には向かない仕事と言える

のかもしれません。

また例えば飲食店のアルバイト等であれば曜日ごとにシフト制が組まれており勤務日が決まっている事も

多いものですが、ハンドキャリーの副業は不定期である事が多く、受注ごとに行動するといったスタンスが

中心になるのでいつ仕事が舞い込んでくるかも予想が付きづらい部分があります。また1案件ごとの報酬制

となっている会社も多いので、月ごとに月収目標を立てている人には目途が立てずらいかもしれません。

また例えば海外へ渡航したとしても事前のスケジュール通りに帰国できるとは限らず、渡航スケジュールの

関係や、さらにそこから他国へ飛ぶケース等も考えられるので国内で他の仕事を抱えている人や日程通りの

勤務シフトでなければ耐えられないという人にはやはり不向きと言えるでしょう。

ハンドキャリーの副業は確かに無料で海外に行ける等のメリットがありますが、それは旅行気分とは

違い、やはり本質は仕事であるという意識を持って取り組まなければなりません。時間的な余裕がある

人や普段海外に行き慣れている人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はハンドキャリーの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク