クラウドソーシングの副業は稼げる?収入は?会社にばれない方法も解説

今回はクラウドソーシングの副業について挙げてみたいと思います。

ネットが普及して以来、検索やショッピング等だけではなく仕事もネット上で在宅で行える時代になってきました。

昔は在宅仕事と言えば内職のような時給単価の低い仕事が中心でしたが、今ではネット上でサラリーマンの平均給与以上の収入を得ている人もいます。

クラウドソーシングも在宅ワークの1つであり、仕事をしたい人と仕事を委託したい人をマッチングするサービスとして注目を集めています。

今回はそんなクラウドソーシングの

スポンサーリンク

クラウドソーシングの副業とは?

クラウドソーシングは在宅ワーカーと仕事発注者をマッチングさせるサービスです。

クラウドソーシング系のサイトとしては国内では主に「クラウドワークス」「ランサーズ」が有名であり、クラウドソーシングで副業収入を得ている人はこの2つのサイトを主に利用している人が多いでしょう。

上記2つのサイトは総合的な仕事をマッチングしているのに対し、他にもライティングに特化した「shinobiライティング」やデザインに特化した「crowd Gate」など、ある分野に特化したクラウドソーシングサイトも誕生しています。

 

クラウドソーシングでは、発注者から発注された仕事をこなしていく事が基本となります。

仕事内容(依頼内容)は以下のような仕事があります。

  • ライティング
  • アプリ開発
  • アンケート
  • 体験談
  • ホームページ制作
  • ロゴマーク
  • データ収集
  • チラシのデザイン
  • ネーミング
  • テープ起こし etc…

 

中には多少スキルが必要になってくる作業もありますし、プログラミングやデザインなど高いスキルが必要な案件ほど報酬も高くなる傾向があります。

 

仕事の形式はサイトによっても多少異なりますが、以下のような方法があります。

  • タスク形式:仕事内容を画面で確認した後、条件が合えばその場ですぐ作業に入ることが出来ます。初心者が取り組みやすい形式。
  • プロジェクト形式:クライアントの希望に対して受注者が提案をし、お互いの条件が合えば契約成立。その後は受注者はクライアントと相談しながら仕事を進めることになります。
  • コンペ形式:クライアントが多くのランサーから作品等を提出してもらいその中から1つを採用する形式。

 

様々な案件や形式がありますが、クラウドソーシングでは初心者でも取り組みやすい環境が整っているので、副業としても取り組みやすいと言えます。

 

初心者がクラウドソーシングの副業を始めるには?

これからクラウドソーシングの副業を開始する方はまず始めやすい「タスク形式」の記事作成あたりから始めてみるのが良いでしょう。

例えばタスク形式の仕事例を簡単に挙げてみると「過去の転職の体験事例」「○○の健康食品を食してみた感想」「育毛剤の口コミ」「恋愛トラブル経験」など、個人の経験や感想を元にしたライティング案件も多くありますので、特別なスキルが無くても取り組みやすい形式と言えます。

 

また単純なライティングにしても200~300文字程度で10~20分程度で完了できるものから、2000~3000文字程度の1時間前後かかる案件まで、クライアントによって内容は様々です。

そして完了した仕事をクライアントに提出し、その内容がクライアントに承認されれば報酬が支払われる事になります。

当然に文字数が多い案件ほど報酬が高い傾向がありますが、初心者の方はまずは文字数の少ない簡単なライティング案件から試してみるのが良いでしょう。

また自分の空いた時間で取り組める事や在宅ワークとしてできる事から副業としても適しています。

 

クラウドソーシングは稼げる?

クラウドワークスで稼げるかどうかと言えばその案件次第という事は言えます。

ここでは初歩的なタスクについて考えてみます。

例えば報酬単価が20~30円といった案件ばかりをこなしていては多くの報酬を稼ぐのは至難の業ですし、時間もかかります。

そのため作業にある程度慣れたら、出来るだけ高額な案件に絞って仕事をこなしていく事がベターと言えます。

 

例えば2000~3000文字のライティングであれば1000円前後の案件もあり、その仕事を1日2~3件こなしていれば日給ベースで2000~3000円程度、月収ベースで6万~9万円程度の副収入を得る事も可能です。

または土日の2日間だけ毎回3時間程度取り組んだとしても2~3万円は稼ぐ事はできますので、平日に本業を抱えている人でも副業として取り組む事が出来ます。

 

またクライアントの信頼を得て継続的な案件を依頼されるようになれば、報酬単価がアップしていくケースもあります。

そのため長期的に数多くの案件をこなしていく事が収入をアップさせる事にも繋がっていくでしょう。

その他にもプロジェクト形式やコンペ形式もありますが、プロジェクト形式はクライアントとの時間スケジュールが噛み合わなくなる場合もありますし、コンペでは確実に収入に結び付くとも限りません。

そのため副業として考えるのであれば単価は低くても着実に収入を増やしていけるタスク形式が個人的にはお勧めです。

クラウドワークス公式サイト

 

クラウドソーシングで稼げない人の理由?

クラウドソーシングでは、多くを稼いでいる人もいれば、ほとんど稼げずにすぐに辞めてしまう人もいます。

ここではクラウドソーシングで稼げない理由について挙げてみます。

 

単価が低い

クラウドソーシングでは単価が低い案件も多いです。

そのため案件の選び方を間違えると時間ばかりかかってしまい、効率的に稼ぐことが難しくなります。

 

自分ができる案件が見つからない

数多くの案件がありますが、自分に合った作業がなかなか見つからない場合もあります。

普段からこまめに案件をチェックしておきましょう。

 

非承認

せっかく仕事を完成させ納品をしても、クライアントが承認をしてくれなければ報酬にはなりません。

非承認になった理由は基本的には教えてもらえない事から、改善が難しい場合もあります。

また非承認が続くと、クラウドソーシングの作業自体を辞めてしまう人もいます。

 

振り込み手数料

クラウドソーシングサイトから自分の口座に振り込んでもらう場合には、振込手数料がかかるケースが多いです。

数百円の手数料がかかるため、あまり報酬を稼げていない人にとっては意外に手数料がネックになる事もあります。

 

ネタ切れ

例えば体験談の投稿などは比較的書きやすいですが、一度投稿してしまうと基本的には同じ体験談を投稿する事ができないケースもあるため、ネタ切れしてしまう可能性もあります。

常に新しいテーマを探していく等の工夫が必要になります。

 

クラウドソーシングで稼げない理由は人それぞれですが、取り組みやすい案件から積極的に始めるようにしたいですね。

関連記事:在宅データ入力の副業の口コミを紹介!稼ぎにくい理由とは

 

クラウドソーシングの副業はばれない?

副業としてクラウドソーシングの仕事をした場合、本業の会社にばれないのでしょうか。

在宅ワークであるからには、ばれないと考える人もいるようです。

 

他の副業と同じく、クラウドソーシングでも年間20万円以上の所得を得た場合には確定申告を行う必要があります。

副業としてクラウドソージングの仕事を始めたとしても、年間20万円以上の所得を得た場合には確定申告を行う義務があるという事です。

この場合の「所得」とは、収入金額から必要経費や所得控除を差し引いた後の金額ですので、例えばインターネット料金の経費があればそれを差し引くことが出来ます。

 

本業の会社に副業の存在がばれる原因の1つとして、住民税額があります。

副業収入の分だけ住民税額が上がってしまう為、本業の会社の経理などにバレてしまう可能性があるという事です。

そのため本業の会社にばれたくないという人は、確定申告時に「普通徴収」を選択する人もいます。

普通徴収をする事によって住民税を自分で納付することになるので、本業の会社にバレにくい事も考えられます。

副業をするからにはきちんと確定申告をして税金を納めるようにしましょう。

 

クラウドソーシングの副業のきつい所は?

クラウドソーシングのきつい所は、自分が希望する案件が必ず発注されているとは限らない所です。

中には過去に体験した事がないと作業できないジャンルの案件であったり、自分が知らない業界のジャンルの案件も多く存在します。

そのため自分がこなせる案件自体が少ないから稼げないといった声が聞かれる事もあります。

 

ですがだからと言って他サイトの口コミ等をコピペする事は出来ませんので、こなせる案件が見つかった場合は早めに作業に取り掛かることも大切です。

収入を得る以前に仕事探しに1~2時間もかかってしまっては本末転倒ですし、人気の案件はすぐに募集終了してしまう事も多いのでこまめにサイトをチェックしておくようにしましょう。

 

また例えば3000文字のライティングを請け負ったとしても、それを1日に2~3回繰り返すのは意外と骨の折れる作業です。

手が疲れてくるだけでなくPCをじっと見て作業をしていると目も疲れますし肩こりが生じる人もいるでしょう。

副業として考えるのであれば、あくまで自分ができる範囲のペースで仕事をこなしていく事が大切です。

 

また多くのクラウドソーシングサイトではクライアントから報酬が支払われた場合でも、すぐに報酬を引き落としする事は出来ず、大抵は振込み日が決まっています。

システム手数料等の手数料がかかってくる事もあるのでルールをきちんと確認しておくようにしましょう。

 

また案件に対しての報酬単価が低いという声もよく聞かれます。

確かにクラウドソーシングサイトでは20~30円の報酬設定となっている案件も少なくありません。

お小遣い程度の稼ぎを目的にするのであれば問題はありませんが、ある程度まとまった金額を稼ぐのであれば高額案件に絞っていく等の工夫が求められます。

 

クラウドソーシングの副業まとめ

クラウドソーシングの副業について幾つか挙げてみました。

クラウドソーシングは在宅で好きな時間にできる副業としても最適な方法ではありますが、効率的に稼ぐためには仕事の検索方法や時間の使い方など、自分なりのペースを掴んでいく事が大切です。

クラウドソーシングで稼いでいる人は、自分なりのコツを掴んで効率的に作業をしています。

フリーランスへの道を考えてる人やPCスキルに自信がある人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はクラウドソーシングの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク