クラウドソーシングの副業

今回はクラウドソーシングの副業について挙げてみたいと思います。

一般的にもかなりネットが普及してきましたが、検索やショッピング等だけではなく、仕事も

ネット上で在宅で行える時代になってきました。昔は在宅仕事と言えば内職のような時給単価の低い

仕事が中心でしたが、ネットを利用してサラリーマンの平均給与以上の収入を得ている人もいます。

クラウドソーシングも在宅ワークの1つであり、仕事をしたい人と仕事を委託したい人をマッチングする

新しい形の媒体として注目を集めています。

スポンサーリンク

クラウドソーシングの仕事内容は?

クラウドソーシングは在宅ワーカーと仕事発注者をマッチングさせるサービスです。そのため主な仕事

としては仕事発注者から発注された仕事をこなしていく事が基本となります。仕事内容としても発注者に

よって様々であり、タスク形式のライティング等簡単なものからアプリ開発・ホームページ制作・ロゴマークや

チラシのデザイン・ネーミングやテープ起こし等、多少スキルが必要になってくる仕事もあります。

またプログラミングやデザインなど高いスキルが必要な案件ほど報酬も高くなる傾向があります。

クラウドソーシング系のサイトとしては国内では主にクラウドワークスとランサーズが有名であり

クラウドソーシングで副業収入を得ている人はこの2つのサイトを主に利用している人が多いでしょう。

上記2つのサイトは総合的に仕事をマッチングしているのに対し、ライティングに特化した

shinobiライティングやデザインに特化したcrowd Gateなどある分野に特化したクラウドソーシングサイト

も誕生しています。

仕事の方式はサイトによっても多少異なりますが、初心者が取り組みやすい「タスク形式」の他にも

ランサーが見積もりを提案しクライアントと相談をしながら仕事を進めていく「プロジェクト方式」、

クライアントが多くのランサーから作品等を提出してもらいその中から1つを採用する「コンペ方式」など

仕事の仕方にも様々な方式があります。これからクラウドソーシングの副業を開始する方はまず始めやすい

タスク方式から始めてみるのが良いでしょう。例えばタスク方式の仕事例を簡単に挙げてみると

過去の転職の体験事例・○○の健康食品を食してみた感想・育毛剤の口コミ・恋愛トラブル経験など

個人の経験や感想を元にしたライティング案件も多くありますので、特別なスキルが無くても取り組みやすい

副業とも言えます。

また単純なライティングにしても200~300文字程度で10~20分程度で完了できるものから、

2000~3000文字程度の1時間前後かかる案件までクライアントから発注される仕事内容によって

様々です。そして完了した仕事をクライアントに提出し、その内容がクライアントに承認されれば報酬が

支払われる事になります。当然に文字数が多い案件ほど報酬が高い傾向があり、抵抗がある人はまずは

簡単なライティング案件から試してみるのも良いでしょう。また自分の空いた時間で取り組める事や在宅

でできる事などから副業としても適しています。

スポンサーリンク

クラウドワークスは稼げる?

クラウドワークスで稼げるかどうかと言えばその案件次第という事は言えます。ここでは初歩的なタスク

について考えてみます。例えば報酬単価が20~30円といった案件ばかりをこなしていては多くを稼ぐ

のは至難の業ですし、時間もかかります。そのため出来るだけ高額な案件に絞って仕事をこなしていく事

がベターと言えるでしょう。例えば2000~3000文字のライティングであれば1000円前後の

案件もあり、その仕事を1日2~3件こなしていれば日給ベースで2000~3000円程度、月収ベース

で6万~9万円程度の副収入を得る事も可能です。または土日の2日間だけ3時間程度取り組んだとしても

2~3万円稼ぐ事はできますので平日に本業を抱えている人でも副業として取り組む事が出来るでしょう。

また案件を多くこなしたり継続的な案件を依頼されれば報酬単価がアップしていくケースもあります。

そのため長期的に数多くの案件をこなしていく事が収入をアップさせる事にも繋がっていくでしょう。

その他にもプロジェクト形式やコンペ形式もありますがプロジェクトはクライアントとの時間スケジュール

が噛み合わなくなる場合もありますしコンペでは確実に収入に結び付くとも限りません。そのため副業として

考えるのであれば単価は低くても着実に収入を増やしていけるタスク形式が個人的にはお勧めです。

クラウドソーシングの副業のつらい所は?

クラウドソーシングのつらい所は自分が希望する案件が必ず発注されているとは限らない所です。

中には過去に体験した事がないとこなせないジャンルの案件であったり自分が知らない無知なジャンルの

案件も多く存在します。そのため自分がこなせる案件自体が少ないといった声が聞かれる事もあります。

だからと言って他者のサイトの口コミ等をコピペする事は出来ませんので、こなせる案件がある程度

限られてしまうケースがあるのは割り切っておく事が大切です。収入を得る以前に仕事探しに1~2時間

もかかってしまってはただの時間の無駄遣いです。また人気の案件はすぐに募集終了してしまう事も多いので

こまめにサイトをチェックしておくようにしましょう。

また例えば3000文字のライティングを請け負ったとしても、それを1日に2~3回繰り返すのは

意外と骨の折れる作業です。手が疲れてくるだけでなくPCをじっと見て作業をしていると目も疲れますし

肩こりが生じる人もいるでしょう。あくまで自分ができる範囲のペースで仕事をこなしていく事が大切です。

また多くのクラウドソーシングサイトではクライアントから報酬が支払われた場合でも、すぐに報酬を引き

落としする事は出来ず、大抵は振込み日が決まっている事が通常です。またシステム手数料等の手数料が

かかってくる事もあるのでルールをきちんと確認しておくようにしましょう。

また案件に対しての報酬単価が低いという声もよく聞かれます。確かにクラウドソーシングサイトでは

20~30円の報酬設定となっている案件も少なくありません。お小遣い程度の稼ぎを目的にするので

あれば問題はありませんが、副業としてある程度まとまった金額を稼ぐのであれば高額案件に絞って

いく等の工夫が求められます。

クラウドソーシングの副業は在宅で好きな時間にできる副業としても最適な方法ではありますが、

効率的に稼ぐためには仕事の検索方法や時間の使い方など、自分なりのペースを掴んでいく事が大切です。

フリーランスへの道を考えてる人やPCスキルに自信がある人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はクラウドソーシングの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【採用決定でお祝い金が全員にもらえる】 マッハバイト
第2位【在宅ワークで稼ぐなら】 クラウドワークス
第3位【ポイントでコツコツ稼ぐ】 ポイントインカム