せどりの副業

今回はせどりの副業について挙げてみたいと思います。

せどりという言葉を聞いた事がある人も多いかもしれません。テレビや雑誌などで紹介されてきた事もあり

最近ではかなり有名になっていますが、せどりとはさや取りの事です。掘り出し物を見つけ第三者に転売する

事でその差額から利益を得る仕事になります。主には本などをターゲットにする事が多かったものですが

本の背表紙から転売できそうなものを見つけていく事からせどり(背取り)と呼ばれてきたようですね。

ある種お宝探しのような感覚でできる面白い副業の1つです。

スポンサーリンク

せどりの副業の内容は?

せどりの内容としては主に中古市場で転売できそうな商品を見つけ、その商品を仕入れて転売する事が

作業内容となります。中古市場は本で言えばブックオフ等は有名な所ですしその他にも家電量販店や

おもちゃ屋・プラモデル・カメラなどターゲットにする商品は多数あります。そしてその仕入れた商品を

Amazon等のサイトで転売する事を目的としています。仕入れの方法としては主にせどりツールを

使用しその商品がいくら位で売れるか・Amazon等のサイトの売上ランキングはいくつか・転売して

どのくらいの利益が出るか等を確認してその商品を仕入れをするかどうか判断していく事になります。

せどりツールも無料のものから有料のものまで様々であり、無料のツールはネット回線が繋がっている

スマホ等があれば誰でも使用する事ができますが、有料のツールは無料のものにはない検索機能が付いている

もの等もあり、自分に合ったツールを使用したい所です。ただし中には有料のものでも自分に合わないツール

や、情報商材的な怪しげなツールも存在するので口コミ等を元に実際に使えるツールを使用するように

しましょう。せどりをする場所としては上記のような実店舗に行く人もいれば電脳せどりのようにネット

上で仕入れてAmazon等で転売する人もいます。例えば実店舗のせどりで言えばブックオフ等が有名ですが

中でも105円の本などをツールを利用して売れそうな本を仕入れ、1000~2000円程度で転売する

といった流れが基本かと思います。また中には105円の本でも5000~10000円程度で売れる本が

見つかる事も稀にあり、お宝さがしのような感覚で楽しめる副業と言えるでしょう。

飲食店等でアルバイトをするのとは異なり、せどりは自由度が高い事も利点と言えます。例えば買い物帰り

や会社帰り等の空いた時間に店舗に寄って30分~1時間くらいせどり時間に費やすのも良いですし

休日などに5~10店舗くらい一気に廻っても良いかと思います。また初期投資もほぼ必要なくスマホや

Amazonのアカウント程度があれば誰でもできる副業なので取り組みやすいとも言えるでしょう。

ただしそれだけに参入障壁は低く、現在ではせどり実践者も多くおり、昔ほど簡単に利益が出る商品を

見つける事は簡単ではなくなってきた気もします。また店舗によってはAmazonの販売価格を意識して

値付けをしている店舗やせどり行為をNGとしている店舗もあり、せどりをしにくい環境の店舗もあります。

しかし専門的な知識はあまり必要なくコツさえ掴み定期的に商品をチェックしていれば、売れる商品を見つける

事は難しくはありませんので最初は本業としてではなくお小遣いを稼ぐ感覚の副業としてボチボチ始めてみる

のも良いかと思います。

スポンサーリンク

せどりでいくら稼げる?

当然ですがせどりはアルバイトと異なりますので時給いくら~といったように固定報酬ではありません。

仕入れた商品を転売した利益分が自分の報酬となるシンプルな報酬形態です。

5~10万円程度の副収入を得ている人はせどり実践者には多くいますし、本格的にせどりを本業として

いる人の中には100万円以上の利益を得ている人もいます。せどりで稼ぐにはやはりマーケットを

常にチェックしどのような商品が売れそうか・利ざやが出るジャンルは何かといった事を常に模索して

いく事が必要になります。また売れるジャンルはすぐに他の競合者が集まってくる事が通常ですので、

臨機応変にマーケットを開拓していく姿勢も必要になります。例えば本だけを仕入れ場所にするのではなく

DVDや家電・おもちゃ・ネット店舗・フリマアプリ等、自分のジャンルを限定せずにどのようなカテゴリ

からでも利ざやを取れるスタンスが必要になるでしょう。また人を雇って事業としてせどりを行っている人も

いますが大抵は1人で作業を行う事が多く、仕入場所への移動時間やせどり時間・商品登録や発送・梱包時間

を考慮するとやはりお小遣い程度の収入を目指す事が現実的な所かと思います。本業を抱えている人が

隙間時間に行う仕事としては副業向きと言えるでしょう。

せどりの副業のつらい所は?

せどりの副業のつらい所は基本的には移動時間やせどりをする時間・登録や梱包時間が必要になるという

事です。電脳せどりなどネット上で完結する方法もありますが、実店舗を廻る場合には移動時間が必要に

なります。それこそ10店舗廻るともなれば丸一日時間を消費してもおかしくありません。やはり副業として

行うのであれば何かの帰り道などについでとして作業をするのが効率的とも言えます。

また実店舗でのせどりの場合には立ち作業でせどりをするのが普通です。膨大な本やDVDの中から

利益の出る商品を見つけ出す作業がメインになります。もちろんせどりを続けていく中で段々と目利きも

良くなってはいきますが、それでも立ち仕事が苦手な人や長時間黙々と単調な作業をするのが苦手な人には

不向きと言えるでしょう。

またせどりが初めての人の中にはせどりをする事自体に恥ずかしさを感じる人もいるようです。

確かに1つ1つの商品をツールを使ってバーコードを読み取っている姿はせどりを知らない人からしてみれば

異様な光景に映る事もあるのかもしれません。慣れてしまえば気にならなくなるものですが、それでも

周囲の目が気になるという人はやはりネット上でのせどり等に移行する等の方法を考えた方が良いでしょう。

せどりは数年前にブームとなり現在では飽和状態という言葉をよく聞く事もありますが、せどりに限らず

ブームが去ると一定数のせどらー達は他の仕事に移動し、他ジャンルで稼ごうとします。確かに昔ほどは

稼げなくなった印象もありますが、せどりが全く稼げなくなったという訳ではなく、要はやり方次第といった

所でしょう。せどりに興味がある人や近所に古本屋等がある人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はせどりの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク