便利屋バイトの仕事内容は?高校生・女性もできる?求人や給料も解説

今回は便利屋のアルバイトについて挙げてみたいと思います。

人によっては、生活の中で困った事や誰かにやってもらいたい用事があります。

ですが友人や知人には頼みずらい・お願いできる人が周囲にいない・高齢で体力的な仕事が困難といったように、自分だけでは解決が難しい場合もあります。

そんな時に出番となるのが便利屋です。

便利屋は様々な仕事を任されるケースが多く、その仕事を副業にしている人もいます。

今回はそんな便利屋バイトの副業について触れてみます。

スポンサーリンク

便利屋バイトの仕事内容は?

便利屋バイトと言うと、どのような仕事を依頼されるのか分かりづらいイメージもあります。

便利屋はその名の通り、様々な種類の依頼を受け仕事内容は多岐に渡ります。

例えば便利屋バイトでは以下のような仕事の依頼があります。

  • PCの修理
  • ハウスクリーニング
  • エアコン工事
  • 家具の組み立て
  • アイドルのチケット購入の行列並び
  • 自転車修理
  • 遺品整理
  • 電球を変えて欲しい
  • トイレの修理
  • 浮気調査
  • 水道パッキンの交換
  • ペット散歩
  • 蜂の巣の撤去
  • 庭の草むしり etc…

上記のように、便利屋バイトの仕事内容は依頼者によって様々です。

世の中には数多くの職種・業種があり専門業者も多数存在しますが、便利屋は仕事を問わず利用者の「困ったこと」を解決します。

 

便利屋の仕事の流れ
依頼者からの電話を受け、作業内容を聞き取り見積もりを出します。

依頼者に見積もり内容を承諾してもらえたら作業の契約をします。

指定日時に担当者が依頼者宅などに訪問し、作業を実施します。

作業が完了したら作業内容を依頼者に確認してもらい、料金を受領して完了です。

帰社し、作業報告書等の記入を行います。

依頼者としては力仕事が苦手な主婦や外出が難しい高齢者・会社で忙しいビジネスマンなど様々です。

便利屋は経験豊富な人や器用な人が向いており、1つ1つの仕事を着実にこなしていく必要があります。

 

しかしいくら便利屋とは言え、最初から全てのジャンルをこなせる人は少数であり、初めは自分の得意なジャンルの仕事から徐々に仕事範囲を広げていく事が一般的です。

そのため便利屋を開業する上では、自分がカバーできない仕事は知り合いの他業者と提携しておき、その仕事に同行しながら仕事を覚えていく事も大切です。

例えば提携しておく業者としては、電気工事者やリサイクル業者・探偵業者・リフォーム業者など、幾つかの業者と提携していく方が良いでしょう。

またアルバイトから便利屋を始める場合には、先輩スタッフに同行したり電球交換や引っ越し作業など簡単な作業から始めます。

 

便利屋の仕事は高度な技術が求められる仕事というよりは、面倒な仕事だから依頼してくるという顧客も多くいます。

そのため便利屋は「御用聞き」の一面も併せ持っており、どのような仕事にもできるだけ嫌な顔をせず引き受ける姿勢も必要となります。

特に便利屋を利用する客層には高齢者も多く、依頼を引き受けると同時にちょっとした他の用事も頼まれるようになれば、次の仕事に繋がる可能性も出てきます。

 

顧客の心理からしても便利な人というのは周囲に1人は置いておきたいもの。

特に独身女性や高齢者などは生活に不安を抱える人も多く、どのような仕事でも請け負ってもらえるという安心感がその後のリピートへと繋がります。

また便利屋は自分のペースで働きやすい仕事でもあり、例えば週末だけ仕事をする等、スケジュール的にも副業に向いていると言えます。

 

便利屋の副業をはじめるには?

便利屋の副業を始めるには大きく分けて以下のように2種類あります。

  • 便利屋会社にアルバイトとして入社をする
  • 便利屋を自分で開業する

 

アルバイトの場合

便利屋にアルバイトとして入社するには、求人誌やネット求人・便利屋HPなどから求人を見つける事が出来ます。

未経験者でも積極採用している会社もありますし、特にスキルよりも人柄重視の会社が多いのが特徴的です。

便利屋さんの中には個人事業主の所や少人数制の会社も多く、求人数はあまり多くはありませんがこまめにチェックすれば仕事を見つけられます。

特に元電気屋さんや大工さんなど、技術者は重宝される事もあるでしょう。

 

独立開業の場合

一方ではアルバイトではなく、自分で便利屋を開業してしまう人もいます。

開業と言っても便利屋には一部の業務を除き特別な資格や免許は必要ありませんので、誰でも開業する事ができます(仕事内容によっては古物商・廃棄物処理・軽貨物運搬などの資格が必要です)。

ですが開業当初は認知度の低さやリピート客がいない事から、便利屋に仕事が舞い込んでくる事は少ないものです。

便利屋を開業しても、それだけでは生計を立てられない人も数多くいます。

開業を検討する場合にはアルバイト等でも便利屋として経験を積み、集客ノウハウやリピート客を掴んで独立する人もいるようです。

まずは経験を積んでいき、便利屋として自信が付いてから独立を検討しても良いのかもしれませんね。

 

便利屋バイトの給料は?

便利屋バイトの給料は時給制である事が多く、950~1200円程度の時給設定の会社が多いように思います。

一般的な飲食店等と比較すれば時給も若干高いほうであり、比較的稼ぎやすいと言えるでしょう。

便利屋バイトはあらゆる依頼に対応しなければならない為、時給も高めに設定されているようです。

 

またどれだけの仕事がこなせるかによっても時給が異なります。

例えば自分が対応できる仕事の幅が広がっていけば、それだけ時給や給料が上がっていく可能性もあります。

 

一方で便利屋として独立した場合には、経費を除きほぼ全てが自分の取り分となりますので、自分のペースで稼いでいく事も可能です。

それこそサラリーマンの平均年収以上の金額を稼いでいる便利屋さんも沢山あります。

 

ですが便利屋は参入障壁も低い事から周囲の競合店は多く、どの業者もサービス料金を下げたり得意分野を打ち出したりと競争が激しい業界でもあります。

また便利屋と言えば聞こえは良いですが、逆に言えば「専門性がない」という見方をする人もいるかもしれません。

例えば電気工事が必要であれば電気屋さんに頼む人が多いでしょうし、トイレ修理が必要であればトイレ業者に連絡をする人も多いでしょう。

そのため便利屋であっても専門分野を明確にし他社との差別化を図るなど、自分なりの強みを打ち出していく事は必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

女性も便利屋求人に応募できる?

便利屋の仕事はどちらかと言えば体力仕事が多く、男性向きなイメージもあります。

ですが女性スタッフを多く採用している便利屋会社もあります。

 

特に便利屋の場合、依頼者の自宅にあがって作業をする事が多く、利用客の中には男性スタッフを家に入れるのが不安と感じるという人もいます。

その他にも探偵業のようにプライベートに踏み込む依頼であれば女性の方が頼みやすいという人もいるでしょうし、近隣トラブルや不倫・対人関係には女性スタッフに相談に乗ってほしいという希望もあるかもしれません。

またはハウスクリーニングや片付け等、女性の細やかな配慮が活かしやすい依頼もあるでしょう。

もしくは大手の便利屋では受付となるコールセンターを配置している所もあり、コミュニケーターとして女性を募集している会社もあるかもしれません。

 

便利屋と言うと男性職の印象もありますが、女性も多く活躍しています。

興味のある方は便利屋のアルバイトに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

 

便利屋バイトは高校生・大学生もできる?

便利屋バイトには「学生歓迎」「未経験歓迎」の会社も多くあります。

中には大学生歓迎としている便利屋さんもあります。

 

ですが高校生の場合には、受付不可としている所も多いようです。

やはり便利屋の作業はあらゆる技術が必要であり、高校生では対応しきれない作業もあります。

もちろん高校生でも器用で経験豊富な人もいますし、会社によっては高校生OKの便利屋もあるかもしれませんが、あくまで私が知る限りでは大学生以降~や18歳以上の応募となっている会社が多いように思います。

 

大学生など、便利屋のバイトは色々な仕事を経験できる事から社会勉強として役立つ部分も多いかと思います。

高校生の場合には、便利屋バイトだけでなくアルバイトは他にもたくさんありますので、色々なアルバイトを経験しておきたいですね。

 

便利屋にできない事って?

便利屋と言うと何でも依頼できるようなイメージもありますが、実際には便利屋でも出来ないことがあります。

以下は便利屋ができない事の一例です。

  • 法律に抵触するような仕事
  • 誹謗中傷など、道徳的に問題がある依頼
  • 資格が必要な業務(資格保持者がいない場合)
  • 大きな危険が伴う作業
  • 性的なサービス etc…

上記のような業務は、まともな便利屋さんでは引き受けてもらえないでしょう。

 

逆に言えば、「何でも引き受けます」という便利屋さんは少し注意が必要です。

上記のように法令に触れるような業務をする事は出来ませんし、便利屋であっても得意・不得意の分野があります。

そのような業者の場合、依頼をしても中途半端な作業をされてしまう可能性もありますし、下請け等に廻されて料金が高く付く可能性も考えられます。

便利屋さんに依頼をする場合には、どのような作業を引き受けてもらえるのか、しっかりと把握してから依頼をするようにしたいですね。

 

便利屋の副業のきつい所は?

便利屋の副業のきつい所は、まずスケジュール管理が複雑になるケースがある事です。

確かに便利屋は自分のペースで仕事をしていく事も可能ですが、顧客を多く抱えリピーターが多くなってくると平日にも仕事が舞い込んでくる事もあります。

平日に本業を抱えている人であればその仕事はキャンセルするか週末まで延期してもらう・他業者に仕事を廻す等の対処をしなくてはなりません。

24時間対応の便利屋では、仕事のために生活が不規則になることも考えられます。

 

また前述したように便利屋の仕事は、依頼者が自分ではやりたくないような面倒な仕事を依頼してくるケースも多いです。

例えば蜂の巣の駆除やゴミ屋敷の片づけ・油のこびり付いたキッチンクリーニング等、手間がかかる仕事もやらなければなりません。

仕事である以上は、嫌な顔をせず面倒な仕事でも進んでやるという気持ちが必要な仕事でもあります。

 

また便利屋はオールジャンルの仕事を引き受けるという名目である反面、差別化が難しい職業でもあります。

例えばクリーニング仕事にしてもハウスクリーニング専門の業者が既に存在しますし、廃棄処理にしても廃棄物処理専門の業者がいます。

そのため便利屋は専門的なスキルだけでなく、どれだけ気軽に頼みやすい存在になっていけるかどうかという点がキーにもなってきます。

 

便利屋のアルバイトまとめ

便利屋のバイトについて幾つか挙げてみました。

便利屋のサービスは多種多様であり、中には100種類以上のサービスを取り扱う会社もあります。

また困っている依頼者のために作業を完了させる事で、感謝をしてもらえる事もあるやりがいのあるお仕事です。

そのため普段から細かな仕事や面倒な仕事でも人の役に立ちたいという精神で、積極的に作業に取り組めるかどうかが大切になってきます。

興味がある人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回は便利屋バイトの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク