結婚式代理出席バイトの副業の報酬は?バレたらどうなる?

今回は結婚式代理出席の副業について挙げてみたいと思います。

春のシーズンは結婚式が多く開かれる時期。

みなさんも一度は友人・同僚・知人などの結婚式に参加した事がある人がいるのではないでしょうか。

特に来月に迎える6月はジューンブライドと言われており、6月の花嫁は幸せになると昔から言われています。

結婚式代理出席バイトの副業はそんな結婚式に「代理人」として出席をする副業です。

代理出席とは言っても単純に席に座っていれば良いという訳ではなく、その代理人としての役を上手に演じる必要があります。

スポンサーリンク

結婚式代理出席バイトの仕事内容は?

結婚式代理出席バイトの仕事内容はその名の通り、結婚式に代理人として出席をする仕事です。

なぜそのような事をするのかと言えば、主には会場での数合わせである事がほとんど。

例えば新郎側の出席者が極端に少なかったり急な欠席者のための席の穴埋め・余興を盛り上げてくれる出席者がいない・スピーチや受付をする担当者の確保など、式によってはその人数にバラつきが出てしまう事は多くあります。

そのため結婚式前に代理出席会社に依頼をし、式に代理人をよこしてもらうという事が一般的です。

 

ただし代理出席のバイトとは言っても式にただ参加していれば良いというものでもありません。

友人として出席するのであれば当然新郎新婦と同年代に見える代理人が必要とされますし、新郎の上司のスピーチ役の代理人であれば新郎より10~20歳年上の代理人・貫禄がある代理人などが求められます。

また式に参加するからには他の出席者との会話は避けられない所もあり、会話途中で代理人である事をバレる事があってはなりません。

そのため事前に新郎新婦の卒業校や友人の名前・仕事内容や社内での関係性など、情報をしっかりと頭に入れて代理出席する必要があります。

また結婚式であるため、やはり基本的なマナーや作法も覚えておく必要があります。

 

ただしあくまで数合わせなので特別なスキルが必要という事はなく、無事に式が終わるまで出席者として存在していれば良い訳ですから、体力的にも精神的にも比較的ラクな副業であるという事は言えます。

またご存じのように結婚式と一言に言っても新郎新婦には高校・大学・知人・会社同僚と様々な繋がりの人間がおり、それぞれがお互いの顔や名前を知っている訳ではないので代理出席がバレるケースは少ないようです。

結婚式は土日・祝日に行われる事が多い為、平日に本業を抱えているサラリーマンやOLさん等でも取り組みやすい副業と言えるでしょう。

毎回他人を演じる必要があるのでその意味では面白みのある副業とも言えますし、料理を食べる事ができたり引き出物をもらえる事もあり、結婚式を楽しむことができるのも結婚式代理出席バイトのメリットでもあります。

また他人の結婚式とは言え、何より新郎新婦の幸せな姿を見ながら仕事が出来るという事もあり、仕事終わりにも感動的な空気に包まれる事もあります。

 

結婚式代理出席バイトの副業をするには?

結婚式代理出席バイトの仕事をするには結婚式代理出席を代行しているサイト等に登録をしておく事が一般的です。

例えばブライダルサポート・Family Romance・パーソナルサポート等は有名な所でしょう。

 

登録を済ませ、その後に仕事の依頼がくれば代行会社から連絡が来ます。

事前に打ち合わせが必要な場合には集合して打ち合わせをし、後日に結婚式が行われる現地へ集合します。

代理出席は現地集合・現地解散のパターンが多く、交通費も支給される会社が多いでしょう。

中には遠方の式場に出張する事もあることから、結婚式代理出席バイトをする際には丸一日時間を空けておいた方が良いかもしれません。

また依頼者からの依頼内容によって見た目や年齢・雰囲気・性別など様々な要望があり、常に自分に声がかかるとは限りません。

代行会社に登録だけ済ませているものの、一切仕事が回ってこないという人もいるようです。

こればかりは会社の運用次第なので何とも言えませんが、やはり1つ1つの仕事をしっかりとこなしていく事が次の依頼に繋がっていくという事は言えそうです。

スポンサーリンク

結婚式代理出席バイトの報酬・給料は?

結婚式の代理出席バイトの給料は1イベント毎の報酬制で支払われる事が多く、会社によっても異なりますが大抵は6000~8000円程度の報酬が多いように思います。

その他にも余興や司会者・スピーチや写真撮影などオプションをこなす事で多少単価がアップする事もあります。

オプション報酬としては1000~2000円ほど単価がアップするケースが多いでしょう。

結婚式が3~4時間としても時給換算で1500~2000円程度になるので高時給の副業とも言えます。

 

また例えば週1回代理出席をしたとしても月に2~3万円の副収入にはなりますので副業としても成立はします。

参加時のご祝儀や会場までの交通費も別途支給されるので、比較的割りの良い副業という事は言えるのかもしれません。

ただし毎回スーツを着用する事を考えると、クリーニング代・メイク・ヘアセット代程度は経費として見込んでおいた方が良いでしょう。

 

結婚式代理出席がバレたらどうなる?

結婚式代理出席はあくまで新郎新婦の知人や友人・同僚などの設定で出席をする訳ですから周囲の人間にはバレる訳にはいきません。

そのためには前述したように新郎新婦の馴れ初めや出身校・サークル・学部・人間関係・仕事内容・付き合った期間など詳細な設定を把握しておく必要があります。

 

また結婚式代理出席自体の認知度が高まってきた事もあり、周囲の人間としてもこの手の話題には興味津々になる人もいます。

ネタになるからと言っても決してネタバラシをせず、ルールや設定を厳守する必要があります。

特に披露宴ではお酒が提供される事が普通であり、飲み過ぎてしまい自分の立場を忘れてしまうとうっかり身分がバレてしまうケースもあります。

あくまで自分の立場を自覚して仕事を行うようにしたい所です。

 

また代理人出席だからと言って会場の隅の方で黙っていると逆に怪しまれる事もあります。

そんためシーンに応じて自分から積極的に話しかける等の工夫は必要です。

もし結婚式代理出席がバレてしまった場合、会社側の規則によっては罰則が設けられている事もあるでしょうし、次回以降のお仕事が廻ってこなくなる可能性も考えられます。

あくまで秘密厳守が肝心な部分でもありますので、周囲にバレないようにしっかりと役を演じる必要があります。

 

結婚式代理出席の名前はどうする?

結婚式に代理人として出席をするという事は、その人物になりきるという事です。

そのため、なりきる役としての名前や住所はきちんと覚える必要があります。

漢字の書き方などを間違える事もできませんし、忘れないように何度か練習して暗記できるくらいまで覚えます。

また名前だけでなく依頼主(新郎・新婦)との関係や自分の年齢、仕事内容などもしっかりと覚える必要があります。

 

結婚式代理出席バイトの副業まとめ

結婚式の代理出席のアルバイトは体力的な負担は少ないものの、やはり事前の綿密な打ち合わせが必要になったり、その人物になりきれる度胸や性格が必要と言えます。

仕事に対しての「慣れ」が大きい部分を占めますが、自分が仕事をしたい時に案件が発生するとは限りませんし、また依頼が来やすいシーズンもある程度限定されてきます。

長期的に自分のペースでじっくりと取り組める人に向いている副業と言えるのかもしれませんね。

今回は結婚式代理出席バイトの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク