モーニングコールの副業

今回はモーニングコールの副業について挙げてみたいと思います。

朝早くに起きるのはつらい時もありますね。特に前日に夜更かししてしまったりお酒を飲んで

しまったりした時には翌日起きるのが苦痛の時もあります。また元々朝起きるのが苦手だったり

夜になかなか寝付けないという人もいるでしょう。そんな人に利用されているのがモーニング

コール代行の副業です。朝が苦手な人やどうしても早起きしなければならない人に対して、気持ちよく

起きてもらうためにモーニングコールを代行してあげる副業です。

スポンサーリンク

モーニングコール代行の仕事内容は?

モーニングコール代行の仕事内容はその名の通り、朝の決まった時間にモーニングコールをして

あげてその人を起こしてあげるという目覚ましコールのお仕事です。特に人によっては朝から大事な

会議がある・目覚まし時計では起きれない・単身者など他に起こしてくれる人がいない等、色々な

ニーズがあります。そのような人達に対して気持ちよく起きれるようにモーニングコールをしてあげる

といった業務になります。仕事の流れとしては前日までに登録会社から顧客のリストがメール等で

送られてきて、そのリストに基づいて決まった時間にコールをする事になります。コール件数も1日1件

~2件という事は少なく、10~20件ほどのまとまった人数に対してコールをする事が多くなります。

時間帯としては朝の6~7時代のコールが多く、2~3時間の間勤務を続ける事が一般的です。コール代行者は

当然にその時間帯前に起きている必要があり、遅延をする事は許されません。またコールをした結果、

顧客が起きてくれない場合であっても会社によっては「何コールまで」等と回数に制限を設けている会社

も多いので起きるまで無限にコールをし続けるといった事もないでしょう。また代行会社側は複数案件のコール

時間が重複するのを避けるため、案件毎に時間を多少ずらしてリストを送ってくれます。とは言え1コールに

何十分もの長電話になってしまうと他のコールが遅延してしまう可能性もあるため、代行者は数分程度のコール

に留めなくてはなりません。また代行会社によってはモーニングコール以外のオプションサービスを設けて

いる所もあり、その会社のサービス内容に沿った仕事の提供をする事が求められます。

サービスを受ける顧客としても人から電話がかかってくるという程良い緊張感があり、目覚まし時計や

アラームよりも目覚めが良いという声も多く、人の声で起こしてもらえるといったサービスが単身者や単身赴任

の中高年などにも人気のサービスです。またコール代行者はほとんどが女性であるため、利用者に男性客

が多いのもこの代行サービスの特徴と言えるでしょう。在宅ワークが可能な点で見れば副業としても適して

おり、また特に朝から早く起きている主婦などにとっては比較的取り組みやすい副業と言えるのかもしれません。

モーニングコールの副業をするには?

モーニングコールの副業をするにはまずモーニングコール代行会社に採用されてスタッフとして登録

をされる必要があります。代行会社のHPなどでフォームから応募するか、電話やメールで応募する流れに

なります。また求人誌やネット求人等に掲載されている事もあります。ただしモーニングコールの仕事

案件は数が少ない事も多く、その上応募者も比較的多いため、なかなか採用されにくいといった声もあります。

求人を見かけた際には早めにエントリーするようにしたい所です。特に都心部の求人で検索をすると時々

ヒットする事もあるでしょう。また携帯電話等は会社側から貸与される事も多いですが、基本的なPC環境

は自分自身で用意しておく必要があります。特にメール送受信や入力業務・Excel等の使用が利用できる

環境などは求められる事がありますが、基本的なPCスキルがある人であれば問題はないでしょう。

女性がほぼ優先的に採用される傾向がありますが、年齢や容姿を問われる事は少なく、あらゆる年代の方

が挑戦しやすい副業と言えそうです。

スポンサーリンク

モーニングコールの給料は?

モーニングコールの副業の給料は1件あたりの報酬制となっている事が多く、相場としては1件につき

50~150円ほどの報酬設定が多いでしょう。例えば1日平均10件のコールをすれば1日で1000円

前後の報酬が得られる事になり、週5日の勤務であれば月に2~3万円の副収入になりますので、空いた時間

を利用したお小遣い程度の副業としては良いかもしれません。また最近では英語などの外国語対応のコール需要

もあり、英語が話せる人は待遇がアップする会社もあるようです。朝の2~3時間の間ではコールの間隔を

考えてもせいぜい10~20件程度が限界という事もあり、この副業だけで生計を立てるのは困難な部分も

ありますが、それでも服を着替える必要もなくノーメイクで在宅しながら稼げるという意味では時間効率の良い

仕事と言えそうです。

モーニングコールの副業のつらい所は?

モーニングコールの副業のつらい所はやはり決まった時間に必ず起きていないといけないという事です。

毎朝早くに起きるのが日課となっている人であれば問題はありませんが、この仕事のために早起きを

始めるという場合には注意が必要かもしれません。中には朝早く決まった時間に起きなければいけない

事がストレスになってしまい、結局挫折してしまったという人もいるようです。あくまで自分の生活リズム

を変えない程度に仕事を入れるようにしましょう。

またコミュニケーションが苦手という人も不向きと言えます。いくらモーニングコールとは言え、

コールの他にも一言二言程度のあいさつを交わす事も普通です。人並みの会話が出来れば問題ない事も多い

ですが、相手は朝起きたばかりの人です。朝は不機嫌な気持ちの人もいるので、相手の心情を汲み取る

ちょっとした気遣いが必要な場合もあり、コミュニケーションを取るのが苦痛に感じる人は向いていない

場合もあるでしょう。

また毎朝2~3時間の仕事とは言え、体調管理もきちんとしておく必要があります。特に風邪などを

ひいてしまっては代行者自身が朝起きるのも苦痛になってしまいますし、喉を傷めてしまっては

聞き苦しい声でモーニングコールをしなければならない事にもなってしまいます。この副業に限ったこと

ではありませんが、普段の体調管理には気を付けましょう。

中々モーニングコールの求人にありつけない人も多いという人気の副業ではありますが、中には朝が苦手

で起きられない人や不眠症で悩む人・ついつい二度寝して遅刻が多い人など多くのニーズに応えられる仕事

かと思います。早起きが得意な人や美声の人は挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

今回はモーニングコールの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク