キャバクラのバイトはきつい?クラブやラウンジとの違いも解説

今回はキャバクラのバイトについて挙げてみたいと思います。

キャバクラ店と言えば店内で主に男性客とお酒を飲み楽しく会話をするお仕事。

一緒にお酒を飲み、仕事男性の疲れを癒したり時には顧客に恋心を抱かせたりと、駆け引きが必要なお仕事でもあります。

また昔はキャバクラ店が繁華街や駅近などに多く見られたものですが最近では下火になっている所もあり、今では活気がなくなっているエリアもあります。

ですが夜のお仕事という事もあり、本業としてだけでなく副業としてキャバクラのアルバイトをしている人もいます。

今回はそんなキャバクラのバイトに触れてみます。

スポンサーリンク

キャバクラのバイトの仕事内容は?

キャバクラのバイトの仕事内容は、主には来店した男性等と会話を楽しむお仕事です。

男性はフリー(指名なし)で来店する人もいれば、好みの女性を指名する場合もあります。

キャバクラに勤める女性は大抵は20代~30代の女性が多く、それ以降の年齢になるとクラブ等に流れていく人もいます。

 

キャバクラバイトの服装に関してはドレススタイルが基本となっており、その他にもキャンペーン時にはコスプレ衣装を着たりする事もあります。

衣装代は店側が無償で貸し出ししている事もありますが、自分好みのドレスが無かったりサイズが合わないといった場合には自分でドレスを購入する時もあります。

また髪型なども店側が専属的に契約しているヘアメイクさんがやってくれるお店も多いですが、普段から自分でケアしていく事も基本になります。

 

キャバクラのバイトで入店したての頃はヘルプと言い、他のキャストを指名している顧客の席に付く事も多く、指名キャストが他の席から戻ってくるまでのお相手などをします。

顧客との会話がメインになってくるので顧客に話を合わせてあげたり時には盛り上げに徹する・会話をしながらも灰皿やグラスの空き具合等に目を配るといった配慮も必要です。

 

またその他にも以下のような細かい配慮が必要とされます。

  • おしぼりを綺麗に畳んで渡してあげる
  • お酒を作ってあげる
  • タバコに火を点けてあげる
  • 氷を交換してあげる
  • テーブルの掃除
  • トイレへのエスコート
  • 同伴・アフター
  • メール・電話 etc…

特に細かい所作はベテランのキャストさんの普段の動きを見て盗む部分も多くなってくるでしょう。

 

またフリーのみしか付かないキャストと指名をたくさん取れるキャストでは店舗に対しての売上げ貢献度が全く異なり、やはり指名や同伴が取れるキャストの方が優遇されます。

そのため営業時間外であっても来店してくれた顧客に対しメールをしたり電話をかけたりといったお誘いの連絡をする事も多くあります。

その他にもフードやお酒をどのくらいオーダーしてもらえるかも店に対しての貢献度に繋がってくるので、顧客の了解を取った上でできるだけ多くのオーダーを取り付けられるかが自身の売上げにも直結していきます。

 

また男性側としてもキャストと恋愛に発展させたいという人や、性的な繋がりを持ちたいという願望がある男性もおり、そのような男性たちの期待感を煽るような適度な距離感を保ちながらお店へ誘導するテクニックも必要になります。

簡単に恋愛に発展してしまってはそれ以降お店に来てくれなくなる可能性もありますし、逆に全く期待感を感じさせない女性であればやはり男性もあきらめてしまいがちです。

 

キャバクラ店でNO1と呼ばれている女性たちの全員が決して美人とは限らない所を見ると、やはり人気の秘訣は容姿だけではない事に気付かされます。

男性が好みそうな話題話し方を研究したり、どうすれば喜んでもらえるのかといった事を研究している結果の表れでしょう。

また接客をするとしても自分が好感を持てる男性もいれば、苦手な男性もいます。

キャバクラのバイトをするからにはどのようなタイプの顧客であっても男性の気持ちをコントロールできる技術・疑似恋愛を上手に作り上げるセンスを養っていける人が有望と言えるのかもしれません。

 

キャバクラのバイトをするには?

キャバクラのバイトをするには、その店のHP女性誌に掲載されている求人などから応募する事が一般的です。

キャバクラバイトには特別な資格や学歴なども特に必要はありません。

また通常は体験入店などのシステムを組んでいる店も多いので、自分の肌に合うかどうか体験してみるのも良いでしょう。

 

また最近ではナイトワークを専門にしているキャバクラ派遣会社も多く、派遣会社に登録してからキャストがキャバクラ店に派遣されるといったシステムもあります。

この場合には給料なども派遣会社から支払われる事になり、店側が派遣会社に支払う派遣料金によってキャバ嬢の給料も増減します。

ただし会社によっては出勤する店が頻繁に変わったり、店での頑張りや評価が直契約の場合と比較して反映されにくいといった声もあるようです。

 

給与については時給制が多く、2000~5000円程度と店舗により大きく異なり、また売上げや指名等の数によって給与が増減していく事が一般的となっています。

 

キャバクラバイトのきつい所は?

キャバクラバイトのきつい所は、まず接客業であるため不得意な男性客を相手とする場合も多いという事です。

中には酒の席を良いことにしつこくされたり肌にベタベタと触ってくるような顧客もおり、生理的な嫌悪を感じてしまう事もあるでしょう。

それでも笑顔で接客をしなければならないケースも多く、ストレスに悩まされている女性キャストさんも多いかと思います。

 

またキャバクラ・風俗業界では顧客のキャストへの想いがエスカレートして、そのままストーカーへ発展してしまうケースもあります。

店で会うルールを破り、酷い場合には自宅まで突き止められ押し掛けられるといった事件もあったようです。

ストーカー行為は強姦事件などにも繋がる恐れがある事から、店側のサポート体制や送迎の有無・普段からの接客面には十分に注意しておきたい所です。

 

またキャバクラのバイトではその商売上、お酒を飲む機会もあります。

中にはお酒で体調を崩してしまったり太ってしまうキャストさんもいます。

勤務中には体調管理にも気を付けたい所です。

 

また店にもよりますがやはり女性職の独特な世界である事も多く、例えばライバルとなるキャストにいじめのような行為を働いたり、告げ口・悪い噂を故意に流されるといった事も中にはあります。

やはり限られたパイの中でキャスト同士が売上げを競っている訳ですから、仲間同士でも競争意識が働くのは仕方のない部分もありますが、それでも人間関係に悩まされて退職をしてしまうキャストさんも多くいます。

スポンサーリンク

クラブのバイトはどう?

女性が男性への接客をするお仕事にはクラブもあります。

クラブの雰囲気はどちらかと言えば落ち着いた雰囲気で、女性の年齢層もキャバクラよりも少し高めのお店が多いです。

またクラブではママさんのお客さんが多いのもクラブの特徴と言えるでしょう。

 

先ほども挙げたようにキャバクラバイトではドレス等を着用する機会が多いですが、クラブのバイトでは和装をケースも多くなります。

またキャバクラでは主に男性客と1対1で接客をするのに対し、クラブのバイトでは1人の男性客に複数の女性が接客をすることもあります。

お給料についても、キャバクラは時給制が多いのに対し、クラブのバイトでは日給制のお店が多いのも特徴的です。

クラブとキャバクラはお客さんの層や接客スタンスが異なるため、自分の性格に合ったお店を選ぶようにしたいですね。

 

ラウンジのバイトって?

キャバクラのバイトに少し似ているお仕事として、ラウンジのバイトもあります。

ラウンジでもママさんがいるのが普通で、料金体系はチャージ制のお店が多いのが特徴的です。

ママさんの裁量によってお店の雰囲気も違い、ノルマや接客スタンス・身だしなみも異なってきます。

またキャストさんの年齢層もキャバクラ店よりも若干高めで、クラブと同じく1人のお客さんに対して複数接客をすることも多くあります。

 

ラウンジとクラブも似ていますが、クラブはどちらかと言えば高級クラブも多く、銀座や北新地などが有名で格式高いお店もあります。

一方でラウンジはクラブとスナックの中間に位置する事もあり、クラブよりもキャストに求めるスキルが低めであったりもします。

 

またクラブの利用客は会員制である事が多いのに対し、ラウンジではそのような制度は少なく、利用客は気楽に通えるイメージもあります。

お店の雰囲気としてはラウンジは広々とした空間でクラブよりも賑やかなお店も多いので、明るい性格の人はラウンジのバイトの方が向いている場合も多いのかもしれませんね。

 

メイドカフェのバイトはどう?

少し変わったバイトとして、メイドカフェのアルバイトもあります。

主なエリアとしては秋葉原が有名ですが、そのコスチュームや個性的なパフォーマンスが特徴でもあります。

メイドカフェのバイトの仕事内容としては、接客やキッチンでの調理を始め、写真撮影のサービスやステージ上でのパフォーマンスがあります。

その他にもオーダーを取ったりおしぼりやおつまみを提供する・フリートークを楽しむといった事も大切な仕事です。

 

また独特なものとして入店時に「おかえりなさいませ」等の挨拶があったり、ケチャップ等で料理にお絵かきをする・食事やドリンクメニューに魔法をかけるといったようにメイドカフェならではの特典もあり、バイトをする上ではこの世界観に馴染めるかどうかも重要になってきます。

メイドカフェのバイトでは時給は1000円前後の店舗が多く、一般的な飲食店とさほど大きな差はありません。

制服コスチュームが可愛く、それを着用したいためにアルバイトをする女性も多いようですが、ビラ配りをする大変さやストーカーに付きまとわれる危険性など、リスクも考慮しておく必要がありそうです。

 

ボーイのバイトのデメリットとは

男性の方など、ボーイのアルバイトをしたいと考えている人もいるかと思います。

ボーイの仕事内容としてはお店によって様々です。

開店準備や買い出し・店内接客やホール・キッチンの担当・呼び込みやスカウトなど、多岐に渡ります。

どちらかと言えば縁の下の力持ちといった感じでお店を支える事が多くなります。

 

またキャストさんの中にワガママな女性がいれば、時にはご機嫌を取ってサポートする事もあります。

キャバクラ店などお酒を扱う以上は酔っ払いの対応もしなければなりませんし、苦情等にもボーイは対応しなければなりません。

当然に夜の仕事であることから生活のリズムは狂い、昼夜が逆転しているボーイさんも多くいます。

お店の中の立場が弱いこともあり、プライドが高い人はあまり向かないケースもあります。

 

キャバクラのバイトまとめ

キャバクラのバイトについて幾つか挙げてみました。

キャバクラバイトは一般の飲食やサービス業と比較すると時給も高いことが多く、その分稼ぎやすいお仕事とも言えます。

ですがそれだけにお酒などで体に負担がかかったりストレスに悩まされるケースも多いお仕事です。

入店するにあたってはメンタルの強さやある程度の覚悟は必要ですが、興味のある人は夜の世界に挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はキャバクラ嬢の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク