ガソリンスタンドスタッフの副業

今回はガソリンスタンドスタッフの副業について挙げてみたいと思います。

車やバイクを利用している人であれば必須となってくるのがガソリンスタンド。

街中のガソリンスタンドではスタッフが大きな声をあげて車を誘導しています。ガソリンスタンドの

スタッフはアルバイトを募集している事も多く、一度は経験したことがある人も多いのかもしれません。

アルバイトの定番の1つでもあるガソリンスタンドスタッフではありますが、最近ではセルフ式を始め

様変わりしている所もあるようです。

スポンサーリンク

ガソリンスタンドスタッフの仕事内容は?

ガソリンスタンドスタッフの仕事内容は車の誘導・給油・窓ふきや灰皿掃除・洗車やサービスの提案

などがメインとなってきます。車の誘導については来店した車に対し大きな声で誘導し、身振り手振りで

案内をします。バックミラーやルームミラーから運転者の周囲の視界が狭くならないようにスムーズに

誘導する必要があり、また運転者が退店する際にも交通の流れを邪魔しないように手を上げながら大きめの

ジェスチャーで車道へ誘導してあげる事が基本となります。また車に乗る人はご存じの通り給油についても

燃料の種類は「レギュラー・ハイオク・軽油」がありますので顧客が希望する種類を給油してあげる必要が

あり、また給油する燃料の量・支払方法(クレカ・現金・電子マネー)等を聞いていきます。またその他にも

灰皿拭きや窓ふきをサービスで行っている事が多く、その他にも来店した顧客に対して付随サービス

を案内してあげる事もあり、営業的な要素も含む副業です。例えばクレジットカードの勧誘や車検の案内・

自店での洗車の案内などある程度の勧誘目標を掲げている店舗もあります。ガソリンスタンドも給油だけでは

中々経営が回らない事もあり、付随サービスで収益を上げたり固定客を確保するためにスタッフに多少の

勧誘役割を任せています。

また近年ではセルフサービスのガソリンスタンドも多くなっており、給油は運転手自身が行うといった

店舗が増えてきています。セルフのガソリンスタンドのスタッフは給油許可のボタンを押すだけといった

ケースも多くなっており、その他の車誘導・ゴミ捨て・お金の精算や洗車等の人力作業をスタッフが行って

いるというのが現状です。シンプルな作業に見える部分もありますが、大きな声と笑顔で接する事は今でも

基本となっており、また真夏の炎天下や真冬日等は特に外勤では厳しいと感じる事も多く、肉体仕事の一面も

強い副業でもあります。

ガソリンスタンドスタッフの副業をするには?

ガソリンスタンドの仕事をするには求人誌やネット求人・GS店頭の求人ポスター等を見て応募する事が

一般的です。男女問わず募集されているケースも多く、また中高年でもできる仕事でもあるため、幅広い

年齢層でエントリーが可能な仕事でもあります。運転免許が必須とはなっていない事も多いですが、

案内や誘導をする以上は車に対しての知識がある程度必要とされるケースも多く、またGS側としても

どちらかと言えば免許所持者の方が優先的に採用されるケースが多いと言えるでしょう。特に運転免許の

他にも燃料の種類やガソリンの危険性等を考えると危険物取扱いの資格所持者を優先採用する事も多く、

資格所持者には時給をアップさせる等、待遇に差を設けている店舗もあります。

資格所持の有無で待遇面等に多少の差がありますが、一般的には慣れれば大抵の人がこなせる仕事がほとんど

であり、むしろ元気と笑顔で接する事を重視される副業と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ガソリンスタンドスタッフの給料は?

ガソリンスタンドスタッフの時給は900~1000円程度となっている事が多く、一般の小売店や

飲食店等と比較しても同等程度か、それ以下といったGSもあります。例えば週末だけ2日間で5時間程度

勤務したとしても月4万円前後の副収入にはなりますのでお小遣い程度ですが副業としても成立します。

また前述したように危険物(乙四種)資格や自動車整備士等の資格を取得する事で時給も50円~100円

程度アップさせている所もあるので、資格を所持している人は検討してみるのも良いでしょう。

また夜遅くまで営業しているGSもあるので、深夜手当等を目的に勤務時間帯を考えて応募する事も可能です。

ガソリンスタンドは無人化する?

ガソリンスタンドは将来的に無人化するのでは?という議論も出ています。

例えば現在ではガソリンスタンドにスタッフを常駐させていますが、消費者庁でもその規制の緩和を検討

している様子もあり、先々ガソリンスタンドにスタッフがいなくなる事も予想する動きもあるようです。

その規制緩和の目的としては過疎地での運営を支援する目的が強いようですが、確かにガソリンスタンドの

中小零細企業の経営は厳しく、セルフ式のスタンドが多くなっているとは言えそれは都心部に集中しており

地方過疎地ではGSの縮小は進んでいると見られています。またセルフ式が増える一方でGS店舗の数自体が

減っており、特に今後は自動運転車等が普及していく事も視野に入れれば、その動きは増々加速していくとも

考えられます。規制が緩和されれば人件費圧縮によりガソリン代の低下や人件費の縮小など幾つかのメリット

も考えられ、無人化するかどうかは別としてもGSからスタッフの数が減っていく事は確かな事のようにも

思えます。今後もしばらくはガソリンスタンドスタッフの仕事がすぐに激減する事は考えにくいものの、

副業職場としてガソリンスタンドを考えた場合には、その働き方を見直す時期がきているのかもしれません。

ガソリンスタンドスタッフのつらい所は?

ガソリンスタンドの副業のつらい所はまず外勤が多いという所でしょう。特に新人の頃などは内勤よりも

外勤率が高くなり、前述したように外での仕事は気温や天候の影響を受けやすく、真夏日や真冬は厳しい

仕事になります。また窓ふきや洗車も行うため特に寒い時期は手荒れが生じたり腰に支障が出たりといった

ケースも見られます。また給油だけでなく機材等を運んだりといった仕事も含まれるため、体力的にも

決してラクではないと考えておいた方が良いでしょう。

また当然ながら接客業であるために顧客には様々な人がおり、クレームを受ける事もあります。

特に運転をしている人は仕事中で時間に神経質になっている人や、自分の車を大切に扱っている顧客も多く、

スムーズに作業が終わらなかったり清掃中に車に傷を付けてしまったりという事になれば苦情に繋がります。

またそのような厳しい環境下でもGSのイメージ上から常に明るく元気の接客を求められる部分もあり、

精神的なタフさを求められる副業とも言えるでしょう。

しかしそれだけに特に若い世代や学生の人にとっては良い社会経験となる事も多く、社会人デビューを控えて

いる人にとっては良い経験を得られる事も多い職場かと思います。

接客が好きな人・車やバイクが好きな人は挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

今回はガソリンスタンドスタッフの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク