パズル作家の副業

今回はパズル作家の副業について挙げてみたいと思います。

頭の体操にも良いとされているパズル。クロスワードパズル等は新聞や雑誌にも載っており

昔からパズルを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。そのパズルを作成しているのは

パズル作家の人たち。毎週のように新作のパズルを作成し読者の期待に応えています。

読者としてはパズルを解くのは楽しいものですが、作家側には苦労が絶えなかったりもします。

今回はそんなパズル作家の副業に触れてみます。

スポンサーリンク

パズル作家の仕事内容は?

パズル作家の仕事内容はパズルを作成する事が仕事です。一言にパズルと言っても漢字パズルや

ナンプレなど様々なパズルがありますが、メインになっているのはやはりクロスワードパズルになります。

雑誌を毎回購読している人もいるかもしれませんが昔からやはり根強い人気があります。クロスワード

パズルを解いている人は分かるかと思いますがマスを利用してその問題を連想できるようなワードを

並べて作成していく必要があります。今では読者もパズル解読に慣れており、そのパズルのテーマや

難易度によっても報酬が変わってくる事もあるのでより高度なパズルを作成していく必要もあります。

パズル作家にはプロの作家として仕事をしている人と、雑誌等に定期的に投稿している人がいます。

作家には定期的な報酬が与えられる事がある一方、投稿者には優秀作品に対し3千円~2万円程度の

賞金が与えられます。例えば1本につき1万円の報酬だとしても、月に5本発信すれば5万円程度の

副収入を得る事ができます。また最初は投稿だけをしていたとしても作品が掲載し続ければ雑誌社から

作家としての採用を認められる事もあり、プロのパズル作家になるには小まめに投稿をし続けるといった

努力も必要になってきます。慣れれば2~3時間でパズル1問を作成できるようになり、普段から

考える事が好きな人や元々が理系の人などに向いている傾向もあります。またパズル作成は在宅ワーク

でもあるため副業にも向いていると言えるでしょう。

パズル作家になるには?

パズル作家になるにはパズル雑誌の編集部に自分から売り込んでいくか、作品の募集コーナーに

投稿をし続け声を掛けられて作家になっていく事が一般的です。今でもパズル雑誌にはアマチュア投稿者

の作品が多数投稿され、作家への道を模索しています。パズルの養成講座もありますが独学で学んで

いくという人も多く、また単純にワードを連想させるようなパズルではプロとして認められる事も少なく

センスが問われる副業でもあります。また日々の時事ネタやスポーツ・芸能・ニュースなど様々な

知識を吸収して現代のニーズに沿った作品を作る他、読者が解いていて楽しいと感じてもらえるような

パズルを作成していく必要でしょう。また今ではパズルの自動作成ソフトもありますが、やはり人間の感性で

創作したパズルの方が面白いと感じる人もおり、最終的には読者の感性に訴えかけられるような作家のセンス

が問われてきます。むしろパズル作家を本業にするつもりで望むよりは、最初は副業的に投稿をし続け、

実績を積んでいく事で徐々に作家への道を本格的に検討していくのがベターと言えるのかもしれません。

パズル作家のつらい所は?

パズル作家のつらい所はまず作家への道のりが険しいという事です。多くの作家希望者がいる中で

プロの作家として採用されている人は少なく、またプロ作家の中でも生計を立てられる位に稼いでいる

人は一握りでしょう。お小遣い稼ぎ目的で副業的に始めるのは良いかもしれませんが、パズルだけで

独立をする事は簡単ではありませんし、数万円の額を稼ぐだけでも難しいものです。そのためセンス

だけでなく継続していく根気や努力も必要になってきます。

また元々の向き・不向きが問われる所もパズル作家のつらい部分です。そもそも文章が嫌いな人や

調べものをする事が嫌いな人は不向きと言えるかもしれません。また読者をうならせるパズルや興味深い

作品を作り続ける事には元々のセンスも問われてきます。何度かパズルを作成していても途中で挫折を

してしまう人も多いようです。

また複数のパズルを作ったとしてもそれに見合った報酬が支払われるかと言えばそうではない事も多く、

作成に数日かかったとしても支払われる報酬はアルバイトの日給並みといった事も多くあります。

実績がついて来れば報酬が上がっていく可能性はありますが、そこまでいく作家は僅かでしょう。

道のりとしては困難と思われるパズル作家ではありますが、普段からパズルが好きでよく解いている人・

文章センスが良い人などは挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はパズル作家の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク