カラオケ店バイトの副業

今回はカラオケ店アルバイトの副業について挙げてみたいと思います。

いつの世代も老若男女に人気のカラオケ。たまの息抜きや宴会や忘年会・新年会・デートや

楽器演奏など、様々なシーンで利用されています。若い世代だけでなく高齢者の憩いの場として

利用される事もあるようです。特に賑やかな雰囲気が好きな人にとってはカラオケ店の仕事を

副業にする人も多くいます。スタッフも若い世代だけでなく中年世代もカラオケ店を副業の場

として活躍している人もいます。

スポンサーリンク

カラオケアルバイトの仕事内容は?

カラオケバイトの仕事内容は幾つかありますが大別するとフロント受付・調理ドリンク作成・配膳・

清掃・呼び込みの仕事に分けられます。フロント受付は受付場所に立ち、顧客に部屋の案内や

空き機種の説明・料理注文受付やドリンクバー設置場所の案内などを行います。基本的にはフロント受付

はベテランスタッフが配置される事が多く、新人の場合にはまず調理や配膳からやらされる事が多い

でしょう。

次に調理・ドリンク作成ですが調理品に関してはポテトやたこ焼き・アイス・から揚げなど品目は

多くあるものの、殆どが冷凍商品である場合も多く、大抵はレンジでチンするだけといったような

シンプルな調理が多いので、慣れるのにさほど時間はかかりません。またドリンク類については

カラオケ店によってはドリンクバーがありますが、やはり未成年禁止の名目上、アルコール類に

関してはスタッフが部屋まで運んでいく事が多いかと思います。

配膳に関しては出来上がった料理やドリンクを注文を受け付けた部屋まで持っていく事になります。

エレベーターがあるカラオケ店や空いているカラオケ店であればエレベーター使用OKの店舗もあるものの、

中にはスタッフは階段を使用しての配膳が基本とされている店舗もあるようで、その場合には上り下りと

体力的に厳しくなる事もあるでしょう。

清掃に関しては顧客が利用し終わった部屋の清掃を行います。マイクやテーブル・椅子拭き・ドリンク

カップやゴミ処理・機材の故障確認等を行い、次の顧客が綺麗に利用できるように清掃をします。

最後に呼び込みに関しては店の前に立ち顧客に来店をしてもらえるよう声を掛けて呼び込みをする

お仕事になります。大きな声でPRする事はもちろん、ティッシュやチラシ等を配布して廻るスタッフ

もいます。ただし最近では法律等で路上での特定の人への客引き行為が禁止となっている事もあり、

このような姿は少なくなってきているようにも感じます。

カラオケアルバイトの仕事をするには?

カラオケアルバイトの仕事をするには求人誌やネット求人・または店頭の求人ポスター等を見て

応募する事が一般的です。カラオケ店は面接時でも元気のよさやテキパキと行動できそうか等を

見て判断される事も多いので、質問に対しての受け答えもハキハキと答えましょう。

また同じ系列のお店でも店長の人柄や周囲のスタッフの人柄によって働く状況は大きく変わるので

一度でもそのカラオケ店に遊びに行ってみて雰囲気を探ってみるのも良いですね。

カラオケ店の給料は?

カラオケ店の給料は時給制となっている所が多く、900~1000円程度の時給設定となっている

店舗が多いように思います。また例えば同じ系列の店舗でも客数や立地によって時給が変わる事も

多くあるので、自分が働きたいカラオケ店の時給相場を確認しておくようにしましょう。

また基本的にカラオケ店は昼間はお客さんが少なく単価も低め。そのため店員自体の数も少なく

時給も夜の方が高めな傾向があります。そのため副業として検討するのであれば土日祝の夜の勤務が

お勧めです。時給も高めに設定してありまた22時以降は深夜手当も付くので稼ぎやすいでしょう。

またカラオケ店によっては賄い食事が付く店舗もあるので夜食代が浮くメリットがある店舗もあります。

スポンサーリンク

カラオケ離れが進んでいる?

しかし近年ではカラオケ店の利用者が減っているという声も聞かれます。特に若年層のカラオケ利用者は

減っている傾向にあるようです。時には歌を歌いたいという衝動は誰にでもあると思いますし、魅力的な

アーティストが次々と排出されている中でカラオケ店の利用者が減少しているというのは何が原因なの

でしょうか。様々な意見はあるかと思いますが個人的にはやはりカラオケに関わらず外出機会が減っている

という事は言えるように思います。最近ではPCやスマホでネット閲覧や友人とのコミュニケーションも

チャットや動画で簡単に取れますし、情報もあらゆる情報を取得する事ができます。わざわざ外出して

まで娯楽を求めようとする機会自体が減っているのかもしれません。

またカラオケ以上に魅力的と感じるコンテンツが増えているという考え方もできるでしょう。

例えば電車の中にしてもスマホでゲームは出来ますしオンラインで買い物をする事もできます。また

自宅カラオケ用機器等も多く販売されており店舗に行ってまでする程のものではないと感じる若者も

いるのかもしれません。また企業などで忘年会や新年会シーズンには上司が部下を連れ出してカラオケに

行く光景も昔はよく見られましたが、近年では若者自体も仕事とプライベートを切り分けて考える人も

多くなっており、生活スタンスの差も利用者減少に影響しているのでしょうか。

カラオケ店自体も条件付きで利用料を無料にする等のサービスは打ち出しているようですが、今後利用者の

巻き返しを図れるかどうかは注目したい所ですね。

カラオケアルバイトのつらい所は?

カラオケバイトのつらい所はまず店舗内のスタッフも体育会系やどちらかと言えば賑やかなスタッフが

多いという事です。もちろん店舗にもよりますがノリが良いスタッフが多かったりハキハキとした姿勢を

求められる事も多いので、普段から人付き合いが薄い人や1人行動が多い人には不向きな場合もあるでしょう。

またカラオケ店は土日祝・GW・年末や年初など休みの時期に混雑する傾向があります。ある意味では副業

としては向いているとも言えますが、ゆっくりしたい時期にも仕事に入らないといけないケースも多く、

例えば長期の旅行に行きたいと計画を立てても仕事が入っていて行けない、、なんて場合もあるのかも

しれません。またカラオケ店は特に配ぜん係は上下階を行ったり来たりすることも多く、特に新人の頃は

この仕事を中心に廻される事が多くあるかと思います。エレベーター付のテナントであればまだしも

階段のみの場合には行き来するだけで相当に体力を消費します。ダイエット中の人には良いかもしれませんが

ある程度体力仕事になる事は覚悟しておいた方が良いでしょう。

またアルコールを取り扱う為、酔っ払いの相手をしなければならない事もあります。こちらに非があれば

謝罪の必要もありますが、時には難癖を付けられたり絡まれてしまうようなこともあります。出来るだけ

やんわりとかわすテクニックも必要になるでしょう。

また来店客の中にはカラオケ以外の目的で使用をしようとする客層もいます。例えば未成年者なのに

お酒を頼もうとしたり喫煙をする・部屋内で性行為を行うとする者など、違反行為を見つけた場合には

スタッフとして注意をしなければなりません。時には毅然とした態度でお断りをする勇気も必要になります。

厳しい部分もあるカラオケアルバイトですが、明るい雰囲気が好きな人や普段からカラオケを利用する

のが好きな人は挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はカラオケアルバイトの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク