ファーストフード店の副業

今回はファーストフード店の副業について挙げてみたいと思います。

街中には多くのファーストフード店があります。ハンバーガー・ピザ・ドーナッツなど

様々な商品種類があり注文してからすぐに商品が提供されるのが魅力です。普段から昼食時や

おやつとして等、利用している人も多いのではないでしょうか。またアルバイトとしても比較的

採用されやすい職種でもあり、手軽に副業を始めたい人にとっても検討できるお仕事です。

近場で仕事ができる事やシフト制が多い事なども副業に適しています。

スポンサーリンク

ファーストフード店の仕事内容は?

ファーストフード店の仕事内容は店舗によって様々ではありますが、大別すると接客と調理に分けられ

ます。まず接客仕事では来店客に対して大きな声で笑顔で注文受付をする事が求められます。

また来店客に対して注文を受け付けレジで精算し、オーダーを流します。そして商品が出来上がったら

持ち帰りの顧客に対しては袋詰めをし、店内食の顧客にはトレーに商品を乗せて渡すことが通常です。

また接客係であってもドリンク作りやポテトの調理など、簡単な調理はレジ係が行っている店舗もあり、

ある程度広範囲での仕事を任される事もあるでしょう。また顧客が退店した後のトレーの片づけやテーブル

拭き・ゴミ捨て等をする事もあります。

調理においては受けたオーダーを確認しながら1つ1つスピーディーに調理をしていく事が求められます。

店舗にもよりますが大抵は3~5人程度で廻してる調理場が多く、その日によって自分の持ち場が

決められている事が多いでしょう。ただし調理内容は比較的簡単なものが多く、ファミレス等と比較すると

パッケージされたものを温めたり焼いたりといったシンプルな作業が多くなります。また調理をしながらも

その具材の残りを確認して在庫補充や作り置きの必要がないかどうか随時確認する等、来店状況によって

オペレーションを予測する必要も出てきます。その他にも空いた時間に機械の油の補充や清掃などを併せて

行う事もあるでしょう。特に油を使うファーストフード店では清掃に時間がかかる事もあります。

やはり短時間で出来上がる事がファーストフードの強みの1つでもある為、精算から商品の受け渡しまで

テキパキとした行動が求められます。また外資やチェーン店などではオーダー受付時やスタッフ同士の掛け声・

お金の確認時など、スタッフ同士のコミュニケーションにおいて独特の用語が使われる事もあります。

大抵はチェーン店であれば教育マニュアルが準備されていて、段階的に仕事を覚えていく事になるので

未経験者であっても比較的取り組みやすい副業と言えるでしょう。またスタッフにランク制を敷いている

店舗も多く、経験を積んで仕事を覚えていく内に昇給が見込めるファーストフード店もあります。

ファーストフード店の仕事をするには?

ファーストフード店の仕事を始めるには求人誌やネット求人・店頭ポスター等の求人を見て応募する

事が一般的となります。特別な人気職という仕事でもないので、厳しい応募条件が定められている事は

少なく、誰でも応募しやすい職種でもあり、中高年で働いているスタッフも多くいます。また最近では

若年層を中心に油ものを使ったり忙しい職場を敬遠する傾向があり、外国人労働者を雇用している

ファーストフード店も多く見かけます。またシフト制である事がほとんどである為、本業を抱えている人

であっても自分の空いた時間にシフトを入れやすく、副業向きという事は言えます。

スポンサーリンク

ファーストフード店の給料は?

ファーストフード店の給料は時給制である事がほとんどで、日中であれば900~1000円程度

の時給設定になっている店舗が多いかと思います。また深夜営業をしているファーストフード店では

割増賃金が得られるので、1200~1300円程度の時給を稼ぐことも出来るでしょう。

例えば日中に週3日で1日5時間程度の勤務をすれば月に6万円前後の収入を得られる事になり

副業としても成立します。また店舗によっては商品の売れ残り在庫の持ち帰りをさせてくれる店舗もあり、

そのようなお店であれば食費を浮かす事もできます。

近年のファーストフード店では異物混入事件や人手不足の問題・コンビニがファーストフードで

取り扱う商品を多く取り揃える等、店舗によっては景気はあまり良いとは言えない状態が続いて

います。中には外国人労働者を多く採用したり、調理場を設けず販売場所だけに切り替える店舗を増やす

など、コストカットを強める動きも出てきています。またオペレーション自体も機械化していく流れが

強まっており、今後ファーストフード店でのスタッフの雇用調整がどのようになっていくかは不透明な

部分もあります。ですがファーストフード店は街中にたくさんあるのでしばらく仕事を失うといった事も

考えにくい所ですし、深夜営業のファーストフード店やシフト制を組める点などを考慮すれば副業にも

適した仕事という事は言えるでしょう。

ファーストフード店のつらい所は?

ファーストフード店のつらい所は店舗によって忙しい店が多いという事。特に土日祝は来店客が多い

店舗も多く、接客であっても調理であってもバタバタと大忙しとなる事もあります。店舗によっては

接客だけでなく調理も併せて任される事もあり、勤続年数が長くなるにつれてバイトであっても店舗での

責任が増えていく事も多くあります。またメニューが多いファーストフード店もあり、特にキッチンでは

そのメニュー毎の調理方法を覚える事に時間がかかり、結果的に挫折して辞めてしまうという人も

少なくありません。また油を使って調理をする事も多く、中には調理中にやけどをしてしまったり

清掃で油まみれになってしまったという人もいるでしょう。普段からオフィスワークなど綺麗な仕事に

慣れてしまっている人には少々きつく感じる事もあるかもしれません。またファーストフード店によっては

好景気と言えない部分もあり、何年も勤務をしているのに昇給がなされず、時給も入社当時のまま、、という

スタッフもいるようです。体力的に厳しい仕事でもある為、時給に見合わないと考えて退職を考えて

しまう人もいるかと思います。

とは言え副業として考えれば自分の空いた時間でスケジュールを組めることや近所の店舗があれば

通勤がしやすい事・24時間店舗であれば深夜帯にも働けること等を挙げれば、ファーストフード店は

副業に適した仕事とも言えます。普段からファーストフードを利用している人や接客が好きな人は

挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はファーストフード店の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク