デリバリースタッフの副業

今回はデリバリースタッフの副業について挙げてみたいと思います。

ラーメンやピザ・お寿司・中華料理など、飲食サービスにおいて出前やデリバリーを注文する

人も多いかと思います。大抵は数十分で自宅まで届けてくれる事がほとんどで、単純にデリバリー

を希望する人だけでなく小さな子供がいて自宅を離れられない主婦や足腰の弱いお年寄りなど

様々な顧客に利用されています。イベントや誕生会・パーティーシーン等でデリバリーサービス

を利用した事がある人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

デリバリースタッフの仕事内容は?

デリバリースタッフの仕事内容は想像できる方も多いかと思いますが、受け付けたオーダーの商品を

顧客の自宅や仕事場まで届けに行く事が仕事になります。大抵は原付免許があればできる仕事が

ほとんどである為、未経験者であっても採用されやすい職種と言えるでしょう。1件につき注文を

受けた量が多ければ他のスタッフと二人で原付2台で顧客宅へ向かう事もありますが、大抵は1台1人で

向かう事になります。そのためコミュニケーションが苦手な人や1人作業が好きな人にとっても

向いている副業と言えます。また安全運転が基本とはなりますが、とは言ってもあまりに時間が

かかると顧客を待たせてしまう事だけでなく肝心の料理も冷めてしまうので、出来る限り早めに届ける

事が基本になります。以前は特にピザ屋などは注文から30分以内の宅配サービスをしている所が多く

その時間内に届けられない場合には無料・割引を付ける等のサービスを行っている店舗もありましたが、

運転者が時間内に届ける事を意識すぎると事故の危険性が高まる事から今では廃止している店舗が多い

ように思います。また事故に合えば運転者が怪我をするだけでなく商品も破損してしまうので、

やはり安全運転第一でデリバリーをする事になります。そして顧客宅に到着したら、商品の受け渡しをして

代金を精算し、店舗へ戻ります。

デリバリースタッフの忙しい時は平日でも土日でもランチタイム時・ディナータイム時の注文が多く入る

事が多く、その分宅配をする件数も多くなり忙しくなります。またその他にもイベント時は繁忙期

となり、特にピザ屋などはクリスマス・GW・正月なども忙しくなるケースが多いでしょう。逆に閑散期

など忙しくない時間帯は店舗内で調理や清掃・洗い物を手伝う事もありますし、デリバリーのチラシ配りの

ために外へ出てポスティングをする事もあります。またこの仕事は時間との勝負になる事も多いので、

配達地域の地理を詳しく知っている人ほど有利。そのためデリバリーの副業を始めるとしても出来るだけ

自宅の近場や自分がよく知っているエリアでの仕事を選択すると良いでしょう。

デリバリースタッフの仕事をするには?

デリバリースタッフの仕事をするにはアルバイト情報誌やネット求人・店頭の求人ポスター

等を見て応募することが一般的になります。またチェーン店であれば店舗を希望すれば近隣の店舗に

配属させてもらえる事もあるでしょう。また土日や連休時が人手不足になりやすい傾向があるため

そのような曜日にも勤務できる事をアピールすれば採用されやすい場合もあります。

スポンサーリンク

デリバリースタッフの時給は?

デリバリースタッフの時給は1000円以上に設定している事が多いかと思います。一般的なアルバイト

と比較すれば多少高めな設定にしている店舗も多いでしょう。やはり原付とは言えデリバリーには免許が

必要になる事や、運転というリスクが付きまとう事・悪天候等の時にも通常通り配達をしなければならない

事がある事から、通常のアルバイトよりも時給は若干高めとなっています。特に土日祝や連休中は

時給を高めに設定している店舗もあり、副業的にデリバリースタッフとして働くのであればやはり土日や

深夜のデリバリーを中心に検討してみるのも良いかもしれません。また店舗によっては食事付きの店舗も

あるようなので夕食代を浮かしたりといったメリットもあるようです。

デリバリーは増えていく?

昔では中華料理やピザ・お寿司の出前がデリバリーのイメージでしたが、最近では様々な業者がデリバリー

や宅配事業に乗り出してきています。例えば大手のスーパーでは店舗に行かずとも店内の商品を届けて

くれるサービスを提供していますし、健康志向の人向けに無添加のお弁当などを届けてくれるサービスも

あります。また身近な所で言えばコンビニでさえも指定の時間帯に店舗内の雑貨や御惣菜・お弁当を配達

してくれるという店舗も増えています。また最近注目されているUberEATSでは多くの飲食店と提携し

様々な店舗のメニューが食せる他、アプリから簡単に注文でき、配達状況さえもわかり決済もクレカ決済で

現金不要という近代的で便利なサービスを提供しています。ネットショッピング等に見られるように

店舗に行くよりは自宅でネットから注文という形態が一般化する中で、デリバリーの仕事の枠も今後

多様化していくのかもしれません。

デリバリースタッフのつらい所は?

デリバリースタッフのつらい所はやはり時間に追われる事があるという事です。いくら時間制限がない

場合であってもやはり商品を待っている顧客の元へ届けるという仕事上、運転に焦りが出てきてしまう

という事は十分にあり得ます。それが雨や雪の日など悪天候の日にもなれば、普段以上に事故の

リスクも高まってきます。また悪天候の日は顧客も自宅から外へ外出するのを控える傾向があるため、

悪天候の日ほど注文が増えてしまうという場合もあるでしょう。また配達をするとしても1件のみの

配達だけでなく、2~3件分まとめて配達してしまう事も多くあります。その場合には例えば最初の

1件目の配達が遅れてしまうと、2件目3件目も遅れてしまう事にもなり、最悪の場合には顧客に地理を

教えてもらいますがそれが苦情に発展するケースもあります。デリバリーは事故を起こさず正確に時間に

間に合うように配達をする工夫が求められます。

少し厳しい事も書いてしまいましたが商圏自体が膨大に広い訳でもないので、大抵は数か月すれば

その周辺の運転にも慣れてくる事が多いでしょう。またデリバリーを頼む顧客はリピーターも多いので

何度も注文をくれる顧客宅を覚えてしまう事も多いです。またデリバリースタッフは若い人だけでなく

中高年のドライバーも多く在籍している事が多いので、サラリーマン等でも副業として始めやすいのでは

ないでしょうか。運転が好きな人・地理が好きな人などは挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回はデリバリースタッフの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク