居酒屋バイトは慣れるまでが大変?早く上達するコツとは

今回は居酒屋アルバイトに慣れるまでについて挙げてみたいと思います。

どのようなアルバイトであっても、入社したての頃は誰でも初心者です。

そのため仕事に慣れるまでにはある程度の時間がかかります。

特に居酒屋の場合には、アルコールを扱うことや夜の時間帯がメインという事もあり、余計に慣れるまでに期間が必要というケースもあります。

居酒屋バイトの従業員は若手が中心にはなりますが、中には中高年も働いており、特に賑やかな雰囲気が好きな人には人気の副業と言えるでしょう。

スポンサーリンク

居酒屋アルバイトの仕事内容は?

居酒屋アルバイトの仕事内容は大別するとホールとキッチンに分かれます。

 

ホールはお客さんの来店時に席へ案内したり、注文オーダーの受付・レジでの精算・メニューの説明・テーブルセット・料理を運んだりといった仕事がメインになります。

その他にも厨房が忙しい時にはドリンク作りを任される事や、トイレ掃除・店外でのチラシ配りなどをする事もあるでしょう。

ホールはどちらかと言えば、接客が好きな人やコミュニケーションが得意な人が向いています。

 

一方でキッチンの仕事は、お酒や料理を作る作業が中心になり、その他にも在庫調整・食器洗い・食材の発注が含まれる事もあります。

大手チェーン店を中心に調理手順などがあらかじめ決まっているメニューが多く、慣れるまでにもさほど時間がかかる事はないかと思いますが、特に忙しい日などは作業の優先順位を頭の中で組み立てたり、オーダー内容によって作業手順を決める等、素早い判断が求められる事もあります。

 

またホールにしてもキッチンにしても、居酒屋で求められる事は「元気」と「周囲とのコミュニケーション」は必須です。

やはり元気がなければ店内の賑やかな雰囲気を壊してしまう事にもなり兼ねませんし、コミュニケーションが不足していては周囲の同僚との仕事も円滑に運びません。

特に週末は居酒屋も忙しくなる店舗が多く、慌ただしい作業の中でも元気にテキパキと仕事をこなしていけるメンタルの強さが必要になってきます。

 

また居酒屋は近隣に住むリピーター客が来店する事も多い為、マニュアル通りの接客だけでなく、時期によってお勧めのメニューを勧めたり、顧客の様子を見て不要な食器を早めに下げる等、顧客が居心地の良いお店と感じてもらえるようなサービスの提供を心掛ける必要があります。

 

居酒屋バイトは慣れるまでが大変?

居酒屋バイトは慣れるまでが大変という事も多く聞かれます。

どのようなアルバイトであっても一人前になるまでには苦労があるものですが、居酒屋は特に慣れるまでに期間を要する場合もあります。

居酒屋バイトが慣れるまでに時間がかかりやすいのはどのような理由が考えられるでしょうか。

 

メニューが覚えられない

居酒屋には多くのメニューがあります。

調理自体はさほど難しくはありませんが、その一つ一つの調理方法等を覚えるのには多少時間がかかります。

キッチンだけでなく、ホールでさえもお客さんから食材や産地を聞かれる事があるため、メニューを覚えるのに時間がかかる場合もあります。

 

体力勝負

居酒屋は体力勝負の部分もあります。

重い料理を運ばなければなりませんし、勤務が深夜になる事もあります。

また基本的に立ち仕事となるので、慣れるまでは足がパンパンになる事もあるでしょう。

時には酔っ払いの対応をしなければならない事もあるでしょうし、大きな声で元気よく接客をする事が求められます。

普段から体力のある人であれば問題はありませんが、仕事に慣れるまでには体力的にしんどいと感じる人も多い筈です。

 

決まった研修体制がない

居酒屋のお店によっては、研修体制がきちんと敷かれている訳ではなく、その都度教えられる時に教える…といったスタンスのお店も多くあります。

その店の繁忙度や、上司の手が空いた時に教えるといったケースもあるので、マニュアルに沿って一から丁寧に教えるといったお店ばかりではありません。

そのため習熟度に差が出てしまったり、研修の頻度にも差が出る場合もあります。

 

お酒が飲めない

学生さんや普段からお酒をあまり飲まない方など、お酒の種類や名前を覚えられないという人も多くいます。

特にお酒の銘柄やおすすめの飲み方など、普段お酒を飲まない方にとっては覚えにくい事もあり、仕事に慣れるまでに時間がかかる場合もあります。

自分から先輩に積極的に聞くなど、意欲的な姿勢が必要です。

 

オーダー

仕事に慣れるまでには、オーダー管理の難しさを感じる事もあるでしょう。

メモ帳や伝票で会計を計算しているお店であれば、オーダーをしっかりと記録しておく必要があります。

特にドリンク類などはどのお客さんがどのドリンクを頼んだのか等、慣れるまでは混乱してしまう事もあります。

カウントミス等が発覚すると、苦情やクレームに発展してしまう可能性もあります。

 

上司・先輩が怖い

居酒屋店舗の先輩や上司は基本的には感じの良い方が多いですが、中には体育会系の上司や恐めの先輩もいたりします。

また普段は恐い先輩でなくても、忙しくなってくるとイライラしてくる先輩もいます。

恐い先輩だと、仕事上で分からない事があっても質問しにくいので、余計に慣れるまでに時間がかかります。

こればかりは入社してみないと分からない事なので、運次第の部分もあります。

 

残業が多い

居酒屋店舗によっては、頻繁に残業が発生する事もあります。

特に宴会が長引いた場合や、閉店時間を過ぎてもお客さんがいる場合など、仕事終わり時間が読みにくいとの居酒屋バイトの特徴です。

他のスタッフも同様に作業をしている為、自分だけ先に帰るという事もできず、帰宅時間がかなり遅くなる事もあります。

 

居酒屋バイトで早く慣れるまでのコツは?

居酒屋バイトに早く慣れるようにするには、コツを抑えて作業をする事も大切です。

ここでは居酒屋バイトに早く慣れるまでのコツを幾つか挙げてみます。

 

メニューを早く覚える

居酒屋にアルバイトとして入社をしたら、出来るだけ早めにメニューを覚えた方が良いでしょう。

担当がキッチンにしてもホールにしても、根本であるメニューを覚えていないと自信を持てませんし、店内でどうしてもスムーズに動けない事もあります。

メニューはそのお店のHP等に載っている事もありますが、できれば自分で食してみる事をお勧めします。

 

頭ではなく体で覚える

居酒屋の場合、頭で考え過ぎずに体で仕事の流れを覚えてしまった方が早いです。

調理にしてもサワーやカクテルの作り方にしても、何度もやれば嫌でも覚えられるようになります。

実際にはそこまでいく前に辞めてしまう人が多いのですが、失敗を恐れずにどんどん手や体を動かすようにしましょう。

 

先を読みながら動く

居酒屋では先の行動を読みながら動くことも大切です。

例えば「あの席が空きそう」「あの客はそろそろドリンクを頼むかも」など、常に先を読みながら行動をしていくとスムーズに動けるようになります。

ただ店内を歩くだけでなく、顧客の雰囲気やテーブル状況を見ながら、次の行動の予測を立てて動けるようにしましょう。

 

1つ1つ覚えていく

居酒屋の仕事はたくさんあります。

居酒屋店によってはホールやキッチンといった区分けがはっきりしていないような店舗もあり、自分がどの仕事から覚えていけば良いのか分からなくなってしまったり、忙しすぎて頭の中がゴチャゴチャになってしまう事もあるかもしれません。

その場合には全てを一辺に覚えようとせず、一つ一つをクリアにしていきましょう。

例えば今週は配膳を完璧にする・来週はバッシングと皿洗いを・その次はオーダー取りを覚えて…といったように、一つ一つ順番に覚えていって構いません。

自分が覚えやすいように、頭の中を整理していきましょう。

 

酔っ払いが多い=プラスと考える

居酒屋バイトに入社したての人は、酔っ払いに絡まれたらどうするか・無茶を言われたらどう対応するかといった心配をする人もいるでしょう。

特に普段からお酒を飲まない人や、家族や友人に酒飲みがいない人は、酔っ払いが嫌いな人も多い筈です。

ですが考えてみれば、お客さんがリラックスして酔っぱらうという事は、基本的にその店の居心地がよく、お店の雰囲気や対応を楽しんでくれているという事です。

もしかしたらあなたの接客姿勢を快く思ってくれているかもしれません。

酔っ払いが多い店だからと言ってマイナスに捉えず、自分の接客に自信を持って取り組むようにしたいですね。

 

気遣い・気配り

接客業は気遣いが大切です。

特に居酒屋の場合にはお客さんへの気配りや気遣い一つで、お客さんの満足度や売上げが変わる事もあります。

特に居酒屋のような業態では「居心地の良さ」が店を選ぶ大切なポイントであり、その居心地の良さを左右するのが店員のちょっとした気遣いであったりもします。

最初の頃は難しいかもしれませんが、席に座っているお客さんが何を求めているのか、常に考えながら行動すると良いですね。

 

愛嬌

居酒屋にバイトとして入社をした場合、最初の頃は何度もミスをすると思います。

ですがそんな時でも「とりあえず謝っていれば何とかなる」部分もあります(苦笑)。

特に居酒屋のお客さんはお酒も入っていますし、同僚や先輩も陽気な性格の人も多いので、ミスをしてしまってもきちんと謝って、その後は愛嬌よく元気に明るく仕事をしていればさほど問題はありません。

むしろ落ち込んで雰囲気を壊すほうが周囲の空気を悪くしてしまう可能性があります。

ミスをしても落ち込み過ぎず、出来るだけ元気に明るく仕事をしていきましょう。

スポンサーリンク

居酒屋バイトの求人に応募するには?

居酒屋アルバイトの仕事をするには、求人誌やネット求人などに多く募集が掲載されています。

また居酒屋の店頭などにも求人ポスターが貼られている事も多く、求人を見つけるのに困ることは少ないでしょう。

 

また前述したように外食産業を始め居酒屋でも人手不足が続いている店舗も多く、その意味では副業者は応募しやすいと言えるのかもしれません。

特に若年層からしてみれば、現在は居酒屋は人気職とは言えない部分もあり、中高年者でも採用してもらえるチャンスはあります。

特に土日祝は居酒屋は忙しい店舗が多く、学生やフリーターは週末を休日にしたいという要望も多いため、副業者は週末が狙い目と言えるのかもしれません。

 

また面接時には大型連休や年末年始に出勤できるかどうかも聞かれるケースが多いので、好印象を抱いてもらえるような受け答えを用意しておきたい所です。

ちなみに高校生でも居酒屋バイトは可能ではありますが、勤務時間帯に制限があったり、親や学校で禁止としている場合もあるようなので、その場合には他のアルバイトを探すようにしたいですね。

 

また居酒屋バイトを探すのであれば「マッハバイト」がお勧めです。

採用が決まると最大1万円のお祝い金が全員にもらえ、居酒屋のお仕事も多いのであなたに合ったお仕事が見つかります。

最短で出勤日の翌日に振込されるので、金欠の時にも便利です。

せっかくアルバイトを探すのであればお得なサイトを利用したいですね。

マッハバイト公式サイト

居酒屋バイトの時給は?稼げる?

居酒屋バイトの時給は日中は1000円前後に設定している店舗が多いです。

また夜22時以降は深夜手当が付くので、1250~1300円程度の時給になっている居酒屋も多くあります。

特に駅近くや繁華街の中の居酒屋では高時給を設定している所もあります。

 

例えば毎週末2日間だけ夕方~夜の5時間勤務したとすると、月に4万円程度の副収入にはなる為、お小遣い程度ではありますが副業としても成立はします。

特に本業で夕方まで仕事があるという人にとっては、遅くまで営業している居酒屋は夜の副業としても適しています。

 

また居酒屋の中には、まかない食事付きである店舗もあり、そのような店舗であれば夜の食費も浮き一石二鳥です。

さすがにお酒を飲みながら仕事をする事はできませんが、居酒屋側も「短時間勤務OK」や「土日のみ可」としている店舗も多いので、時給以外にも居酒屋で働くメリットはあります。

 

居酒屋バイトは出会いが多い?

居酒屋で働く人たちはノリの良い人たちが多く、明るい性格の人や社交的な人が多く働いている事が多いです。

そのため賑やかな雰囲気が好きな人であれば打ち解けやすい雰囲気もあり、仲間ができる機会も多いでしょう。

若い世代だけでなく中高年者も若い人たちとコミュニケーションを取ながら仕事を勧める為、特に抵抗も少なく溶け込める人も多いかと思います。

 

また数ある接客業の中でも、特に居酒屋バイトは出会いが多いと言われます。

仕事柄、社交的な人が多いというのも理由として挙げられますが、若い年代も多く自然とコミュニケーションを取る機会が多くなるため、仲良くなりやすいようです。

また同僚同士だけでなく、居酒屋では近所の常連客などと仲良くなる事もあり、スタッフとお客さんが恋愛関係になったという例もあったようですね。

ですがあくまでも公私混同はしないように、職場のルールを守った上で恋愛を楽しむようにしましょう。

 

また確かに居酒屋バイトは出会いが多い職場でもありますが、逆に普段から1人で過ごすのが好きな人や、居酒屋の雰囲気に抵抗を感じる人にとっては、仕事が不向きと感じる人もいるかもしれません。

また居酒屋はチームワークが重視される仕事でもあるため、協調性がない人には長く続かないという事も多いでしょう。

待遇面だけでなく、自分がその店の雰囲気に馴染んでいけるかどうかも副業選びには大切です。

 

居酒屋バイトのつらい所は?

居酒屋のつらい所は、店舗によって目まぐるしく忙しい店舗があるという事です。

1つのオーダーが入り、その料理を運んでいる途中に他の客に呼び止められ、次々に注文を頼まれるといった事も少なくありません。

重たいお酒や皿を持ちつつ店舗を歩き回りながら周囲に気を配るというのは意外と大変なことであり、体力だけでなく強いメンタルも必要になってきます。

 

またお酒を取り扱う以上は酔っ払い客が多い為、時には絡まれる事やクレームをつけられるような事も想定しておかなければなりません。

顧客であるからには不機嫌に対応する事もできず、常に笑顔で対応しなければならない事もあります。

時には理不尽と感じるような苦情やクレームが発生する事もあるでしょう。

忙しい時にはオーダーの取り間違えや料理の提供が遅くなってしまう事もあり、自分が悪くなくても謝らなければならない事もあります。

 

また基本的には夜に勤務する事が多くなる為、繁忙時は帰宅も夜遅くになってしまう場合もあります。

曜日によっては残業をさせられる事もあり、中には帰宅が朝方になってしまったり、終電を逃してしまった経験がある居酒屋店員も多いでしょう。

出来れば勤務地は自宅から近い店舗を選ぶようにしたい所です。

 

また他のアルコールを取り扱うお仕事ではバーテンダーのアルバイトもあります。

居酒屋とは少し違った雰囲気で、利用客とのコミュニケーションが上手な方はバーテンダーを検討するのも良いかもしれませんね。

関連記事:バーテンダーのバイトは大学生もできる?女性や未経験者は?

 

居酒屋バイトに慣れるまでのコツまとめ

居酒屋バイトに慣れるまでのコツについて幾つか挙げてみました。

居酒屋は忙しい店舗も多いですが、仲間ができやすかったり協調性が養われるといったメリットもあります。

夜の勤務がメインとなるため、居酒屋バイトは副業としても取り組みやすいかと思います。

賑やかな雰囲気が好きな人・チームワーク仕事が得意な人は挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

今回は居酒屋バイトの副業について挙げてみました。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク