警備員のバイトは楽?女性もできる?研修内容や志望動機まで解説

今回は警備員のアルバイトについて挙げてみたいと思います。

オフィスビルやイベント会場・工事現場などでよく見かける警備員。

特に男性の場合は一度は経験した事がある人も多いのではないでしょうか。

警備員と一言に言ってもその施設や会場によっても仕事内容は様々で、その都度与えられる勤務をこなす必要があります。

また警備員のバイトは若年層だけでなく中高年でも応募しやすく、常に一定のニーズがあります。

今回はそんな警備員のバイトについて触れてみます。

スポンサーリンク

警備員のバイトの仕事内容は?

警備員のバイトの仕事内容は多岐に渡ります。

幾つかの仕事内容がありますが、ここでは以下の3つについて中心に挙げてみます。

  • 施設警備
  • 催事警備
  • 交通警備

 

施設警備

1つ目に挙げられるのが施設警備です。

施設警備はオフィスビルや商業施設・倉庫や工場などで警備にあたります。

不審者の確認や建物内部の巡回・防犯カメラ監視を始め、施錠チェック・入退出管理・犯罪防止や火事・事故の防止などが業務として挙げられます。

 

催事警備

2つ目は催事警備です。

主にイベントやお祭り事などで警備員の姿を見かけた事がある人も多いかと思います。

催事警備では人を安全に誘導したり来場者の流れをコントロールするのがメインの仕事です。

その他にも受付や会場案内などを請け負う事もあるでしょう。

 

交通警備

最後は交通警備です。

主に工事現場や建設現場付近での交通誘導がメインになります。

工事をする事で交通状況が滞る事を防止するための警備・誘導であり、道路が混雑しないように円滑に車などを誘導していく事が求められます。

 

その他にも現金輸送車などを警備するガードマンボディーガードの仕事もありますが、これらは単発の副業と言うよりは警備会社に勤務して慣れている警備員が担当するケースが多いでしょう。

現場により作業内容は異なるものの、多くは立ちっぱなしの仕事になる事が多く、また交通誘導やセキュリティ警備は事故等を防止する必要があるため常に緊張感を持って取り組まなければなりません。

また屋外での仕事も多く、天候によっては雨や雪の中で警備をしなければならない事もあります。

 

ですが警備員のバイトは単発や夜勤の仕事も多くあるので、副業としても検討しやすい仕事とも言えるでしょう。

また基本的には他人とコミュニケーションを取る機会は少ないので人間関係が苦手な人にも適しています。

 

警備員のバイトに応募するには?

警備員のバイトに応募するには、求人誌やネット求人・警備会社のHPなどで仕事を見つける事が出来ます。

特に最近では単発の派遣の警備員の求人も増えているようです。

 

派遣の場合には、派遣会社にスタッフとして登録をし、その後に現場へ派遣されて勤務する形になります。

派遣会社によっては単発専門や警備関連の仕事を多く請け負っている派遣会社もあるので、複数の会社に登録をしておくのも良いでしょう。

 

また警備の仕事は登録制の仕事が多いので、自分が好きな日に働けることもメリットです。

ただし募集枠自体が少ない事もあるので、スケジュールが決まっているのであれば早めにエントリーをしておくようにしましょう。

 

また警備の仕事は基本的に30時間程度の事前研修が必要になります。

登録時にはヘルメットや道具・制服などを購入する必要あるケースも多いので、初期投資として考えて仕事をスタートするようにしましょう。

 

また警備の枠だけで探すのではなく、他の職種から探すこともできます。

例えば「イベントスタッフ」等の仕事においても警備が必要となる事もありますので、幅広い枠から探していきましょう。

関連記事:イベントスタッフは高校生もできる?おすすめの派遣会社は?

 

警備バイトの研修内容は?

警備バイトを始める際には、研修を受ける必要があります。

警備業法により研修を受けることが定められているからです。

これは単発・短期・長期に関係なく研修を受ける必要があります。

 

警備バイトの研修内容を大まかに挙げると、以下のようになります。

  1. DVD研修(基礎)
  2. 座学研修(関係法令)
  3. 礼式訓練(動作・機器の使い方など)
  4. 業務別研修(業務に合わせた研修の実施)
  5. 実地研修(現場での研修)

 

研修ではまずDVD等を見て警備業務の基礎を学び、併せて座学で刑法や警備業法といった法令も学びます。

そして施設警備や交通誘導など、実際を想定した業務別研修を行い、最後は現場毎に分かれて実地研修をします。

 

尚、研修期間中も給与は支払われます。

ですが多少時給が低めになっていたり、備品代を差し引かれる会社もありますので事前に確認をしておきましょう。

警備バイトの研修は数日に及ぶので面倒に感じる人もいるかもしれませんが、安全を担う仕事のため必ず必要となります。

現場で慌てないためにも研修をしっかりと受けて勤務に臨みましょう。

 

警備バイトの志望動機はどうする?

警備バイトの志望動機はどのような内容にすれば良いでしょうか。

ここでは警備のアルバイトの志望動機を参考として1つ挙げてみます。

 (警備員の志望動機)

私は学生時代からスポーツに打ち込んでおり、そこで培った体力を活かしたいと思いこの度志望させて頂きました。

御社では施設警備等のお仕事もあると聞き、利用者や一般市民の安全を守る上で社会貢献にも繋がるお仕事と考えました。

また警備だけでなく、施設内のお客様とのコミュニケーションも大切にしながら業務にあたっていきたいと思います。

警備業務は未経験ではありますが、長期で根気強く頑張りたいと思います。

宜しくお願い致します。

 

警備業務の志望動機例は幾つもありますが、「なぜ警備員の仕事がしたいのか」「警備の仕事を通してどのように貢献していきたいのか」「体力への自信」「コミュニケーション力」など、前向きな印象を残せる志望動機を考えておきたいものですね。

スポンサーリンク

警備員バイトの給料は?

警備員のバイトの給料は雇用形態によっても異なりますが、多くは「時給制」「日給制」である事が多くなります。

日給ベースの場合には勤務時間にもよりますが、7500~9000円程度の求人が多いでしょう。

 

警備員のバイトでは「アルバイト」と「派遣社員」がありますが、どちらかと言えば派遣社員の方が給料は高めなケースが多くなります。

また警備の資格を取得していると時給アップが見込める場合もあり、現場によって資格者を設置したり有資格者がいないと作業が出来ない業務もあるため、長期的に警備の仕事をするのであれば資格取得を検討しても良いでしょう。

 

また警備員のバイトは定時の終業時間に関わらず、現場の作業状況によって早めに切り上げる(仕事が早めに終わる)事もあります。

その場合でも日給分は保障されている事が殆どなので、現場によっては割高の給与をもらえる事もあります。

 

また警備のアルバイトを探すのであれば「マッハバイト」がお勧めです。

採用が決まると最大1万円のお祝い金が全員にもらえ、警備員や監視員の求人数も多いので自分に合ったお仕事が見つかります。

せっかくアルバイトを探すのであればお得なサイトを利用したいですね。

マッハバイト公式サイト

 

警備バイトは女性もできる?

警備バイトでは女性も多く活躍しています。

特にイベント会場や商業施設など、女性警備員が勤務している現場も多く見かける事でしょう。

 

また施設内の案内係などは利用者からすると女性警備員の方が尋ねやすいという意見もあります。

ビル内においても女性トイレ付近や授乳室など女性の方が警備をしやすい場所もありますし、接客要素を含む警備では女性の方が向いている場合もあります。

特に小さな子供やお年寄りが利用客となりやすい施設では、女性警備員が重宝されることもあるようです。

また警備員のバイトは日払い・週払いの仕事も多いので、主婦の方などでもシフトに入りやすいと言えるでしょう。

警備と言うと体力的にハードなイメージがありますが、女性ならではの物腰の柔らかさや謙虚さで活躍しやすい警備現場もあるという事です。

 

ただし女性でも男性と同じ研修を受けますし、悪天候の日や夏・冬の警備は辛く感じることもあるかと思います。

事前に勤務内容などをよく確認し、自分に合った現場を見つけるようにしたいですね。

 

夜間警備員のバイトってどう?

警備には夜間の仕事もあります。

夜間警備の場合には見回り・巡回が主になりますが、待機している時間も多く比較的ラクな施設も多いと思います。

鍵の施錠や設備の動作確認・入館者の出入りチェックなど、体力仕事はあまり多くありません。

少人数で警備にあたる事が多く1人での勤務もあるため、人間関係が苦手な人にも向いているでしょう。

また夜間手当が出る所もあるので給料としても稼ぎやすい事もあります。

 

ただし屋外での夜勤警備員の場合には、当然に天候の影響を受けます。

真夏は暑く真冬などは厳しい寒さとなりますので、防寒対策などは必須です。

夜間警備員のバイトは土日だけなども可能なので、本業としてだけでなく副業としても検討できるでしょう。

関連記事:夜・深夜にできる副業バイト22選

 

警備員のバイトは楽?

警備員のバイトがという声も聞かれます。

実際に警備員が楽かどうかは勤務地によって大きく左右されます。

例えば商業施設や大学などの施設警備員はほとんど立っているだけの所もありますし、中には座りっぱなしの警備仕事もあります。

逆に駅構内などは警備が大変な所もあります。

また警備員は天候にも左右されるため、やはり屋外よりも施設内の方が楽なケースが多いです。

 

特徴としては、平和そうな施設内やトラブルが少なそうな場所は楽な警備が多いような気もします。

ですが判断が難しいのは、実際に勤務してみないと楽かどうか分からない所です。

これは当たりハズレがあるので、運が悪いときつい現場に配置される事もあります。

そのためもし可能であれば単発や短時間勤務をしてみて、良さそうだったら長期に切り替える等の工夫をしてみても良いでしょう。

 

警備員のバイトのきつい所は?

警備の仕事のきつい所は、やはり長時間の立ち仕事になる事です。

立ち仕事が苦になる人は向いていない事も多いですし、腰痛持ちの人なども不向きな場合があります。

また警備員バイトは天候によっても疲労度がかなり変わってくるので、出来れば事前に勤務予定日の天気予報などを確認した上でエントリーをすると良いでしょう。

 

また警備員が現場に1人だけの場合には、トイレに行く事もままならないケースもあります。

便をもよおした場合でも他の警備員や誘導者がいない場合にはその場を離れる事が難しいケースもあり、出来れば仕事前にしっかりとトイレを済ましておく等の工夫が必要です。

 

また工事現場や建設現場は特に周囲にガテン系の人間も多く、しっかりと誘導が出来なかったりぼんやりしていると怒鳴られたりするケースもあります。

その他にも交通誘導では誘導の仕方が曖昧だと混雑を招き運転者などから怒られる事があったり、工事現場では周辺住民から苦情が入る可能性もあるので、集中して仕事をこなすようにしましょう。

 

また警備員のバイト中は、よく道や地理を聞かれる事もあります。

特にイベント会場や商業施設などの警備では道を聞かれ、事前に周辺地理などをある程度把握しておく工夫も必要です。

 

また警備員の仕事は時間が不規則になるケースも多く、特に夜勤勤務の場合にはその傾向が顕著です。

夜勤の場合には仮眠時間が与えられる事も多いですが、それでもよく寝付けなかったり十分な休養が取れずに勤務を継続しなければならない事もあります。

昼夜が逆転してしまう事もあるため、体調管理には十分に注意しましょう。

 

警備員のバイトまとめ

警備員のバイトについて幾つか挙げてみました。

警備員の仕事は資格も不要で始めやすく、長期で働くこともできます。

また施設や屋外など、働く現場によって忙しさが異なるのも特徴です。

最近では女性でも積極的に警備員バイトをこなす人もおり、様々な現場で多くの警備員が活躍しています。

単発や短期でも可能なので、自分のスケジュールに合わせて仕事を選択するようにしたいですね。

今回は警備員バイトの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク