ミステリーショッパーの副業は稼げる?バレた場合の対応は?

今回は覆面調査員の副業について挙げてみたいと思います。

街中には様々な店舗がありますが、多くのお店では顧客のリアルな声が求められています。

店内の雰囲気やサービス・その店の味・店員の対応など、企業側はユーザーの率直な意見を取り入れ、店の今後の改善に繋げていきます。

来店客を装ってその店の調査をする・それが覆面調査員(ミステリーショッパー)のお仕事です。

スポンサーリンク

ミステリーショッパーの副業の仕事内容は?

覆面調査員の仕事内容は依頼を受けた企業の店舗などを廻り、店の雰囲気や味・店員の対応などを実際に来店してみてモニターをし、企業に報告をするお仕事です。

「その店舗の会社の人間が来店して直接調査をすれば良いのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、もしその会社の上司が店に来店すると、店舗側が気を遣って普段のサービス以上のものを提供してしまう可能性もありますし、店員も普段以上に丁寧に接してしまう事も想定され、その店舗の日常の雰囲気が分かりません。

 

そのため覆面調査員が来店客を装い、その普段の状況を調査をする事がミステリーショッパーの仕事になります。

当然に店舗側としては覆面調査員がいつ来るかは分かりませんし、また覆面調査員が抜き打ちで来店する可能性がある事を従業員側に意識させる事で、常に普段からの顧客サービスを向上させようという企業側の狙いもあるようです。

 

ただし覆面調査員と言っても単純にその店へ行き買い物や飲食をすれば良い訳ではなく、企業が求めている姿勢やマーケティングの視点に基づいた評価を提出する事が求められます。

また企業は店舗のサービス質の向上を考えている為、来店した時の感想だけではなく、その店の問題点の発見改善点の指摘を併せて行う事もあります。

 

また調査後にはレポート等を企業に提出する事が一般的で、内容も単純な感想だけでは再提出を指示される事もあります。

例えば「美味しかった」という感想だけでなく、具体的にどのメニューについてどのように美味しく感じたか・どの店員がどのような対応をしてどのような

印象を持ったか等、細かな調査レポートが求められる事も多いでしょう。

 

また味やサービスの感想だけでなく店内は綺麗に清掃されているか・トイレは綺麗か・お店の雰囲気はどうか・入店時の店員の挨拶・料理の盛り付け方法など、調査項目が分けられていてその項目をくまなくチェックしていく事もあります。

依頼によってはどのメニューを食べるか等、指定金額や指定商品が事前に細かに決められている事も多いので、より具体的な調査や改善案が求められる事もあるでしょう。

 

ミステリーショッパーになるには?

覆面調査員のお仕事は求人誌等から探すというよりは、リサーチ会社等のサイトから探していくと見つかりやすいかと思います。

特に覆面調査を多く募集しているサイトを中心に探した方が良いでしょう。

例えば「ファンくる」「ショッパーズアイ」「とくモニ」などは有名な所ですが、飲食だけではなくサロンや美容室・パチンコや・ガソリンスタンドなど幅広い業種の覆面調査を募集しているので、自分が気になるジャンルに応募してみるのも良いかと思います。

 

またどのようなお店でもOKという訳ではなく、また企業の中には覆面調査員の採用にも一定の条件を付しているケースもあるようです。

例えばレストランやホテルの従業員を覆面調査員にヘッドハンティングしたり、事前にオーディション等を行うなど厳格な審査が求められる案件もあり、そのような案件で仕事を確保する事は中々困難です。

ミステリーショッパーを副業にするには自分がエントリーしやすい案件に継続して応募していくのが良いですね。

 

ミステリーショッパーの副業の収入は?

覆面調査員の収入は一般的にはあまり多くの金額を稼ぐのが難しいケースが多いです。

その理由としては覆面調査員に応募する希望者が多くいるという事。

ある意味では多くのお金を払わずに様々なお店のメニューやサービスを受けられるというメリットのある仕事でもあるため、覆面調査をやってみたいという希望者が多く、企業側としては多くの報酬を支払わずとも調査員が確保できる場合もあります。

 

また前述したように調査する店舗毎に購入金額や指定商品が事前に決められている事が多いので、結果的にその支払いをすると企業からの報酬額と同額程度になる事も多く、収支がトントンになってしまうようなケースもあります。

例えば企業からの指定商品の金額が5000円で、報酬も5000円であれば、調査員が得られる給与は実質的にはゼロです。

そのためお金を稼ぐという目的で副業をしたいのであれば、覆面調査員はあまり適した仕事とは言えず、金額的に割りの良い副業ではないケースが多いでしょう。

むしろ今まで行ったことがないお店に行ってみたいという人や、自身の勉強やマーケティングのために他の店舗を見て廻りたいという人にとっては、興味深い副業になるのかもしれません。

スポンサーリンク

覆面調査が店員にバレたらどうなる?

ミステリーショッパーの覆面調査はお店側の店員にバレずに抜き打ちで調査をする事が一般的です。

ですが中には店員が覆面調査に気付いていて、普段以上に愛想の良い接客をしてくる事もあるのです。

もしくは覆面調査を意識するあまりに、必要以上に店内を歩き回ってしまったり、店員の接客に視線を置き過ぎると店側に気付かれることもありますし、クライアント側の要望として調査員だと気づかれてしまうようなオーバーな質問が用意されている事もあります。

もし覆面調査が店員にバレてしまったら、最悪ではその時点で調査が終了になる事も考えられます。

そのためミステリーショッパーの副業をする上では以下のような点が大切です。

  • 怪しまれる行動はしない
  • 調査項目をしっかりと覚えておく
  • 普通のお客さんを演じる

慣れないミステリーショッパーの中には店員に気付かれないために挙動不審になってしまう人もいるようですが、堂々と来店し普通の顧客として淡々と調査を進めるようにしたいですね。

 

ミステリーショッパーの副業は本業会社にばれない?

ミステリーショッパーの副業を始めたい方の中には、「本業の会社に副業がバレてしまうのでは?」と不安を感じている人もいるのかもしれません。

確かに本業の会社側で副業禁止の規定があれば、副業をしている事がバレると何らかの処罰が下されるケースも考えられます。

 

ミステリーショッパーの場合、その調査が副業にあたるのかどうか判断が難しいと感じる人もいると思います。

それは覆面調査会社と調査員とで雇用契約を締結しない場合も多く、調査やアンケートが仕事として副業扱いになるのかどうか判断が付きにくい事があるからだと思います。

また謝礼金が雑所得であり役所に申告しない会社もあるとも聞きますのでその辺りが影響しているのかもしれません。

 

ですが覆面調査で得た謝礼が一定の金額を超えた場合には、やはり確定申告をする必要があります。

つまり謝礼金から経費(飲食代等)を差し引いた金額が20万円以上であれば確定申告をする事になります。

申告をすれば本業の会社にバレる可能性はありますが、住民税の徴収方法を変える等の工夫をしている人もいるようです。

ですが覆面調査で経費が多くかかる場合、確定申告が不要となるケースも多いのではないでしょうか。

 

いずれにしても覆面調査を副業にできるかどうかは、本業の会社の捉え方・考え方によっても異なります。

副業を始める場合にはきちんと本業の会社の了解を得た上で行うようにしたいですね。

 

覆面調査員の副業のつらい所は?

覆面調査員のつらい所は意外と自由度が低い場合が多いという事です。

前述したように購入金額や購入する商品が事前に決められている事も多いですし、行くお店も指定されています。

店内での撮影や質問事項などが定められている事もあり、自分がイメージしていた気楽な調査員とはギャップを感じる事もあるのかもしれません。

また来店後に作成する調査票も記入の仕方によっては再提出を求められる事もあり、特に高額な報酬の案件であるほど詳細な項目調査を求められるので、感想や意見を述べる事が苦手な人にとっては不向きの場合もあります。

 

また仕事のボリュームが増減しやすいのもこの副業の難点でもあります。

行楽シーズン等は採用されやすい事もありますが、常に応募者が多く特に人気の店舗などは倍率も高いため、自分が希望した時にお仕事がもらえない事も多くあるでしょう。

 

ミステリーショッパーの副業まとめ

ミステリーショッパーの副業について幾つか挙げてみました。

少々厳しい事も書いてしまいましたが、基本的には顧客の視点として店舗のありのままの姿を伝える事が覆面調査のお仕事です。

決して粗探しをする事が目的ではなく、「このお店にはもっとこうして欲しい」とか「このようなサービスがあれば改善される」といった感想などを意見できるのがこの副業の面白さと言って良いでしょう。

普段お店に来店した時に、ふとお店の改善点などが目に付きやすい人などは挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

今回は覆面調査員(ミステリーショッパー)の副業について挙げてみました。

スポンサーリンク